「わたし、死んじゃった・・・」Facebookに投稿された母親の遺言に涙があふれる・・・

  • 母の遺言

  • 米国ウィスコンシン州に住むヘザー・マクマナミー は、乳がんを発症しました。

    その後、ヘザーのがんは全身に移転し、2015年11月に末期の状態であることを医師から告げられました。

    余命は6週間。

    4歳になる娘ブリアーナを遺して逝くことを覚悟したヘザーは、ある計画を実行に移します。

    それは、この先さまざまな出来事に出会うであろう娘に手紙を遺すことでした。

    入学式のお祝い、初めてのキスの日、運転免許を取得した日、悲しい思いをした日など、ブリアナに宛てた手紙をできる限り綴りました。

    ヘザーは家族や友人に宛てたメッセージも遺していきました。

    ヘザーの死後、夫のジェフが彼女の遺言に従って Facebook にそれを投稿したものが、こちらです。

    そのメッセージからは、彼女がいかに楽しく、愛に溢れた人物であったかが伺えます。

    それではご覧ください。

  • 「さて…いいニュースと悪いニュースがあるの。

    悪いニュースは、どうやら私は死んでしまったってこと。

    いいニュースは、今これを読んでいるあなたは、ちゃんと生きているってこと(あの世に wifi が無い限りね)。

    そう、最悪なニュースね。

    言葉も出ない。

    でも愛と喜びに溢れた人生を、素晴らしい友人に囲まれて送ることができて本当に良かった。

    後悔はゼロ。

    精一杯に生きた。

    そう正直に言えるのはとても幸福なことだと思う。

    みんな愛してる。この素晴らしい人生を、どうもありがとう。

    どんな宗教を信じていようが、それがあなたに安らぎを与えてくれるなら私はそれを素晴らしいことだと思う。

    でも、私たちが何も信じていないということも尊重して欲しい。

    お願い、私は天国へ行ったとブリアナに言わないで。

    私が彼女を置いてどこか別の場所に行ってしまったのだと彼女は思ってしまう。

    ブリアナと一緒にいるために私は全てを尽くした。

    だってブリアナとジェフを置いて行きたい別の場所なんてあるわけないもの。

    彼女を一瞬だって混乱させるようなことは、お願いだから言わないで。

    私は天国にはいない。

    ここにいる。

    私に背を向けたあのひどい肉体はもうないけれど、私のエネルギー、愛、笑い、思い出があなたの中にもあるはず。

    お願い、私のことを哀れみや悲しみの気持ちと一緒に思い出さないで。

    一緒に思いっきり楽しんだ時のことを思い出して、そして笑って欲しい。

    私は何よりも人を笑わせるのが好きなの。

    人を悲しい気分にさせるのって大っ嫌い。

    だからお願い、私の『愛と追憶の日々』的な最期ではなくて、一緒に笑った、楽しかった時間を思い出して欲しいの。

    • ブリアナにも分かるように教えてあげて。

      私がどれだけ彼女を愛して、誇りに思っていたか。

      そしてその気持ちはいつまでも変わらないってことも(好きなだけ美化してくれて構わない)。

      ブリアナのママであることが私にとっては一番の幸せだから。

      これ以上のことなんてない。

      彼女と過ごした時間は、全ての瞬間が幸せだった。

      彼女が誕生してくるまでは想像できなかったほどの喜びを私は味わった。

      私ががんに負けたなんて言わないで。

      私はがんに多くのものを奪われたかもしれない。

      でも愛、希望、幸せは奪われなかった。

      私が生きていたのは「闘い」ではなくて、人生だった。

      人生は時として残酷なほどにランダムで不公平だけど、それが人生ってものなんだと思う。

      私は負けてなんかいない、ちくしょう。

      がんと一緒に何年も生きたことだけでも、かなりの勝利だと思う。

      それを覚えていて欲しい。

    • そして何よりも、親友で最愛の人ジェフと10年以上も過ごせて信じられないくらいラッキーだったと思ってる。

      本当の愛と運命の人は存在するのね。

      ジェフがいれば、毎日が笑いと愛に溢れていた。

      本当に宇宙一の旦那さんだと思っている。

      私のクソみたいな闘病生活を通して、多くの人が逃げたしたくなる状況でもジェフは決して揺るがなかった。

      想像できないほどひどい日でも、必ず一緒に笑えることを見つけることができた。

      命そのものよりも彼のことを愛している。

      これほど特別な愛は、きっと永遠に存在し続けるって本気で信じてる。

      • 時間は、この世で最も尊いもの。

        ジェフとこんなに長く時間を分かち合えたことを私は心から感謝している。

        ジェフ、あなたを愛してる。

        ブリアナが素晴らしいのは、彼女が私たちの愛の結晶だからよ。

        私はそれが本当に美しいことだと思ってる。

        お別れを言わなくてはならなくて、胸が張り裂けそう。

        あなたにとってこれが何倍もつらいことかもしれないと考えると、さらに心が痛む。

        あなたを悲しめることなんて絶対にしたくないもの。

        いつか私のことを考えて笑える日が来ることを願ってる。

        だって、こんなにも息を飲むようなステキな時間を共にしてきたんだもの。

        グーグルで「Physicist’s Eulogy (実験物理学者による追悼の言葉)」て検索をかけてみて。

        何らかの形で、私があなたと一緒に居続けるってことが科学的に説明されてるから。

        立ち止まって、集中して見つめれば、私のことが見えるはずよ(極力、気味悪くない形で)。

        私にとってあなたがすべて。

        一緒に過ごした1分1秒が、私にとっては言葉にならないくらい愛おしい。

      • みんな愛してる。

        本当に素晴らしい人生を、どうもありがとう。

        親身になってくれたお医者さん、看護師さんたちもありがとう。

        みんな、できるだけ多くのいい日を私にくれるために、すべてを尽くしてくれた。

        みんなが健康な人生を送れるよう、毎日生きていることに深い感謝を感じられるよう、心の底から願っている。

        私の葬式に行くなら、私が誇らしくなるほど飲んで、「Keg on my Coffiin(棺桶に樽を乗せて、歌)」を流して、バーカウンターの上で踊って(ダンスパーティーは絶対になくちゃ)。

        人生の美しさを祝う、最高のパーティーを期待してる。

        私がそれを望んでるのをみんなは分かってるはずだし、変なことを言うかもしれないけど、私もそこにいるようにするから(仲間はずれにされるのは嫌いだって知ってるでしょ?)。

        これから、あなたたち一人一人に取り憑いていくのを楽しみにしてる。

        だからこれは「さようなら」であると同時に「またね」、「お願い」、「毎日、数分だけでいいから人生がどんなに儚い冒険であるかを思い出して」でもある。

        忘れないで:毎日が大切だってこと。」

      • 家族への愛情。

        とても感動しました。

        「毎日が大切だってこと。」

        わたしも忘れずに心にとどめたいと思います。


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ