youtubeのパートナープログラムで稼ぎまくる!年収は?

スクリーンショット 2014-11-03 14.34.03

 

ここ最近、動画サイトのYouTubeを見ている時に

「好きなことで、生きていく」

というテーマでCMがやっていますよね。

 


 

 

そのCMに出てくるのが以下の人達。

・HIKAKIN

・マックスむらい

実は彼らはYouTuberといって

YouTubeパートナープログラムを利用して

自分の趣味の動画や好きなことをして

生活できている人たちなんです。

 

しかも年収は

プロ野球やJリーガー級なんです!!

 

YouTubeパートナープログラムとは?

 

YouTubeには

「YouTubeパートナープログラム」

という仕組みがあります。

 

どういう仕組かと言うと…

 

チャンネルや動画に広告を掲載すると

広告収入の一部をもらえる仕組みで

自分がアップロードした動画に広告を入れることができ、

その収入を得られるという仕組みになっています。

 

2012年には一般ユーザー向けにも開放されて、

ガイドラインを順守すれば

誰でも自分の動画に広告を入れて

収益を上げられるようになりました。

 

どれぐらい儲かるのか?

 

計算方法は再生回数に応じて報酬が変わるもので

10分尺の動画が1回再生されると

0.1円のアフィリエイト報酬が得られます。

 

10万回再生される動画を月に5本程度アップすれば、

5万円の報酬を得られる計算です。

 

日本のトップクラスのユーチューバーともなれば、

月に250万円以上の報酬を得ているようです。

 


 

 

そんな日本のトップYouTuber年収は

YouTuber年収ランキング

第1位 HIKAKIN(1億1846万4790円)

第2位 マックスむらい(7642万9440円)

第3位 Kan & Aki’s CHANNEL(7452万円)

第4位 レオンチャンネル(6558万5880円)

第5位 はじめしゃちょー(4694万9688円)

引用先
http://netbusinessland.com/youtube-ranking-japan-678

 

世界のyoutuber

 

ちなみに世界に目を向けるともっとスゴイです

スウェーデン人のYouTuber

「ピューディパイ」こと

24歳のフェリックス・チェルベリは

主にホラー系やアクション系の

テレビゲーム実況の動画をYouTubeに投稿していて

なんと年収4億円を稼いでいます。

 

プロ野球選手でいうならば、

4番バッターもしくはエース級の選手と同じ年俸で

とてつもなく稼いでいますね。

 

こういった現象が起きてくると

今後は芸能人のブログがYouTubeの方へ移行してきたり

テレビからは姿を消した芸能人が

ブロガーとして成功した芸能人のような感じで

プロYouTuberとして

復活するなんてこともあるかもしれませんね。

 

このように自分の趣味の動画や好きなことをして

億万長者になって裕福な生活ができるというのは

とても羨ましいことではあります。

 

youtuberの悩み

 

再生回数が多い人にも悩みがあるようです。

 

たくさんのお金が貰えるという事が

投稿する内容を狂わせてしまうというのです。

 

本来、投稿したかった動画から

少し投稿する内容が変わってきて

やりたかったことから離れていくのだそうです。

 

結果として、仕事のように感じてしまい、

モチベーションが下がってしまうそうです。

 

その他にはプレッシャーを感じてしまう人もいるそうです。

今までは自分の趣味で気軽に楽しん貰っていた。

 

しかし、どれだけ再生されるかということに

力点が変わってしまって

今まで気楽につくっていた作品に対して

プレッシャーを感じてしまうのだそうです。

 

【こちらの記事はいかがでしょうか?】

今すぐお金持ちになりたい人必見の方則【アンカリング効果】

セロトニンを増やす食べ物と増やす方法【ライフスタイル向上編】

毎日が抽選日!人生が楽しくなる宝くじ攻略法【ナンバーズ編】

 

 

まとめ

 

このYouTubeパートナープログラムを使う際には

自分の中で戦略的に再生回数を狙う動画なのか

もしくは再生回数にこだわるのではなく

あくまでも自分の動画の世界にこだわるか

という事をしっかりと線引きをしておいた方がいいでしょうね。
いつまでも楽しんで投稿できたら、

それが1番いいですね。

その結果、収入が追いついてくるのが最高ですね。

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ