SMAPと妖怪ウォッチがスマスマでコラボ!ゲラゲラポーを踊る

スクリーンショット 2014-10-27 13.47.47

 

今や一大ブームになっている「妖怪ウォッチ」。

一度も観たことがない人でも、

名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

かつてのポケモンを凌駕する勢いで、

人気を伸ばし続けている妖怪ウォッチ。

ジャニーズに関する他の記事はこちら!

 

大人が子供に安心して観させられるアニメの代表格となっています。

 

 

 

久々に、アニメらしいアニメが登場したという安心感があります。

さて、10月27日(月)の「SMAP×SMAP」

(フジテレビにて22:00から放送)では、

SMAPのメンバーがようかい体操に挑戦するようです。

 

 

 

 

ちなみに、SMAPのメンバーが

腕に妖怪ウォッチを装着しているという点にも注目です。

 

妖怪ウォッチとは

 

妖怪ウォッチの主人公であるケータくんは、

ある夏の暑い日、昆虫採集に訪れた森の中で、

ウィスパーという名の妖怪に出会います。

 

最初は妖怪に興味を示さなかったケータくんですが、

封印から解いてくれたお礼をしたいというウィスパーを

自宅に連れて帰ることにしました。

 

と、そこには夫婦喧嘩をする父親と母親の姿。

「いつもはとても仲がいいのに…」と心配するケータに、

ウィスパーは妖怪の仕業であることを告げます。

 

そこで渡されたのが、

妖怪が見えるようになるという不思議な妖怪ウォッチ。

 

普段は目に見えない妖怪も、

このアイテムを使うことで見えるようになるというのです。

 

…と、ここまでが1話目のあらすじとなっていますが、

見ていて全然怖くありません。

 

なにしろ、アニメに出てくる妖怪が可愛すぎるのです。

もっと怖い感じを想像していましたので、

これなら真夜中に子供が見たとしても、

トイレを怖がるようなことはありません。

 

妖怪ウォッチのいいところは、

見ていて明るい気分になれるところです。

 

人間たちからすると、悪さをしている妖怪でも、

彼らなりに理由があってやっているというのが

好感を持てるポイントです。

 

見ていてホッコリした気分になれる、不思議なアニメです。

 

 

 

グッズの売れ行き

 

親公認で観られるアニメである妖怪ウォッチ。

妖怪ウォッチというのは、

ケータが妖怪から貰った

時計のようなアイテムのことだったのですね。

 

ちなみに、私自身はこれを知るまで、

時計ではなく観察のウォッチだと思っていました。

 

これを観たらきっと子供たちが

妖怪ウォッチを欲しがるだろうなぁというのも納得できます。

 

グッズはものすごい売れ行きで、

子供ではなく親御さんたちが

争奪戦を巻き起こしている様子。

 

お菓子まで、どこに行っても品薄もしくは完売状態。

売られていても、購入できる個数が

限定されているほどの人気ぶりなのだとか。

 

なお、ウォッチを売っているお店は

2日で営業を緊急休止にしたとかで、

グッズ入手に駆け回るファンたちの白熱ぶりがうかがえます。

 

子供のために奔走する両親を、

当の本人たちはどのような視線で見守っているのでしょうか。

 

SMAPの元メンバーについて

 

ところで、まったく話は変わりますが、

今の若い人たちはSMAPが

もともと6人のメンバーだったというのを知っているのでしょうか?

 

現在はオートレースの選手として活躍している森且行さんですが、

1996年頃まではSMAPの一員として活躍していました。

 

その頃に生まれた子供たちも、

今では中学生くらいになっているはず。

 

ということは、それより後に生まれた子供たちは、

森且行さんの存在を知らない可能性もあるということになります。

 

その世代は、ちょうど妖怪ウォッチに

熱中している子供たち世代ということになりますね。

 

森選手のその後が気になるところですが、

レースの通算獲得賞金が5億円に達するなど、

選手としての成功を収めているようです。

 

まったく違うフィールドとはいえ、

やはりSMAPのメンバーには

それぞれ卓越した才能があったのでしょう。

 

もちろん才能だけではなく

努力のたまものでもありますので、

今後も彼らの活躍に注目しましょう。

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ