「地獄先生ぬ~べ~」モデル山本美月の意外なプライベート発覚!

スクリーンショット 2014-10-30 2.21.39

 

 

 

2014年秋のクールに

日本テレビ系で土曜の夜に放送されているドラマ

『地獄先生ぬ~べ~』

 

もともと『週刊少年ジャンプ』で連載されていた作品で

アニメでも放送されていた作品とあって

実写化になって色々と話題を呼んでいる作品でもあります。

 

 


 

このドラマでは

葉月いずな役で出演中の山本美月さんも出演していて

かわいい役で話題になっていますよね。

 

という事で、今回は、今、話題になっている

山本美月さんがどんな人物なのか

掘り下げてみたいと思います。

 

山本美月さんとは?

 

元々、2009年第1回「東京スーパーモデルコンテスト」で

グランプリを受賞し雑誌CanCamの専属モデルとしてデビュー。

 

2011年、ドラマ「幸せになろう」で

本格的に女優デビューをします。

 

他に主な出演作に、

TVドラマ「SUMMER NUDE」

「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」などがあります。

 

モデルだけなく、女優としても人気急上昇中の彼女ですが

実はキュートなルックスに似合わず、

明大農学部卒のリケジョである山本さんは

実は大のアニメオタクだったのです…

 

 コスプレイヤーである事を披露

 

笑っていいともの「テレフォンショッキング」に出演した山本さんは

自らコスプレをした写真パネルを公開して、

本格的なコスプレイヤーである証拠を披露しました。

 

またバラエティ番組『メレンゲの気持ち』に初出演した際、

山本さんの自宅の様子を見ながら

MCの久本雅美が「アニメ大好きなんだね」と切り出すと

山本は「オタクなんです」と自ら認めた状態でした。

 

かわいい子が、「オタクなんです」と言うと

なんだか、オタクもいいなって思ってしまいますね。

 


 

 

アニメ好きになったきっかけと理想の男性

 

小学生の時にはじめてハマった

アニメ『鋼の錬金術師』

の主人公のエドワード・エルリックに恋してしまったのが

彼女がオタクになったキッカケのようです。

 

しかも 、山本さんには、浮気相手もいたそうです。

もちろん浮気相手は、二次元の方です。

 

「銀魂」というアニメの登場人物、沖田総悟について

沖田総悟君がわたしの浮気相手なんですよ

と明かしていました。

 

山本さんは、沖田総悟の魅力を

スッゴイSなんですよ、いじめられたいって思っちゃって

とメロメロで語っていたそうです。

 

かわいい彼女だからいいけれど

普通の女の子がそんな発言していたら

ドン引きですよね。

 

 

エドワードと結婚した際は「死ねる」

 

先ほどの『鋼の錬金術師』の作者・荒川弘さんが

番組の企画で色紙に描いた

エドワード・エルリックと山本美月が

顔を近づけたツーショットのイラストを

サプライズでプレゼントされていました。

 

感極まった山本さんは「どうしよう!」

とはじめは直視できない状態で

涙は溢れて手で拭ききれないほどになっていました。

 

「やばい!」「どうしよう!」を繰り返す山本に、

番組の司会の久本雅美が

「どうするこれ?」と問いかけると

山本さんは「死ねる」と答えました。

しばらくは山本さんの芸能人とのスキャンダルはなさそうですね。

 

アニメオタクになったのは父の影響

 

山本さんはお父さんと仲良しで、

よくゲームセンターに一緒に行くようです。

 

山本さんがこうした漫画やアニメを趣味としているのは、

父親の影響であったと言われています。

 

お父さんがコスプレ姿の写真を撮ってくれるそうです。

親子でコスプレ写真を撮るほど仲がいいなんて、

なかなか、珍しい事ではありますよね。

 

中高生時代「オープンオタク」を目指して努力を怠らなかった

 

中高生時代はアニヲタに見えない

オタクになろうと思って努力していたそうです。

 

一生懸命ファッション誌を読んだり、

オシャレにも気を遣ったりして

普通の女子中高生で、アニメも好きっていう

「オープンオタク」になれるよう頑張っていたそうです。

 

誰に対しても堂々とアニメが好きって言いたかったし、

そんな自分を認めてほしいって気持ちがあったそうです。

 

だから友達も、アニメとは関係なく

性格的に気が合う子と仲良くしていたそうです。

 

こんなかわいい子が

学校で堂々と「オタク」発言をしていたら、

クラスで逆にオタクブームになってしまいそうですね。

 

クリィミーマミが好きすぎてコラボ商品まで作るほどに

 

山本さんが、大大大ファンと公言している

アニメ『魔法の天使 クリィミーマミ』とのコラボアイテムを、

あのサマンサタバサプチチョイスと共同制作してしまったのです。

 

実際に販売された商品は

ミニボストンバッグやポーチ、長財布でした。

 

サマンサとコラボすれば

オタクっぽく全然感じませんね。

 

しかも『魔法の天使 クリィミーマミ』は

1980年代前半に放送されていたアニメです。

 

山本さんが自分の年代じゃないアニメが好きなところからも

かなりのアニメオタクということがわかります

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

ここまでオープンにオタクをアピールしている山本さんを見ていると

これからオタクの印象を変える

歴史的な人物になるかもしれませんね。

 

美人だけど、実はオタクだという事を分かった上で

ドラマを見てみるのも面白いかもしれませんね。

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ