厄年の厄除けっていつすればいいの?適切な時期を調べてみた!

524f4ff4d687a693af52acee3cc042bd_s

 

毎年、新年になると

「厄除け」というキーワードは

よく耳にしますよね。

 

しかし一般的には

学校教育で基本的に勉強しない内容でもあるため

 

ちゃんと理解できていない方も

多いのではないでしょうか?

そんな「厄除け」とは

どういうものかということや

適切な時期について調べてまとめてみました。

 


 

 

厄除けとは

 

平安時代に陰陽師の安倍晴明によって

広められた風習と言われています。

 

厄年は災いを招きやすい年として知られており、

その年には慎んで過ごさなければならない

とされている年齢のことです。

 

今まで健康だったのに

体の不調や、仕事、人間関係など

災難ごとが多い年齢とされています。

 

また、その年には

神社に参詣してお祓いを受け、

災から身を守るための

厄除けをするとされています。

それが、「厄祓い祈祷」や「厄除け祈願」

などと呼ばれているのです。

 

厄年は

「前厄(まえやく)」

「本厄(ほんやく)」

「後厄(あとやく)」

それぞれ1年間ずつの合計で3年間になります。

 

前厄、本厄、後厄とそれぞれ1年に1回は、

神社などでお祓いを受けるようにしましょう。

 

3年間は大変という方でも、

出来れば「本厄」の年だけは

神社などに出向いて

祈祷されるのが望ましいと思います。

 

男女で違う

 

厄年は数え年で

男性が25歳・42歳・61歳、

女性が19歳・33歳・37歳・61歳をいいます。

これらの年齢が「本厄」です。

 

「本厄」の1つ前の年を「前厄」、

「本厄」の次の年を「後厄」といいます。

 

その3年間はつつしましく生活を送ることが

望ましいとされています。

 

このように男女で厄年は違うのですね。

しかも3年間と設定されていることから

この期間で色々と惨事が多かった方は

もしかしたら厄払いに行ってなかった

なんて方もいるのではないでしょうか?

 


 

 

大厄

 

厄年の中でも一番気をつけなければならない年が

大厄と言われていて

 

男性の場合は、42歳。

女性の場合は、33歳となっています。

 

縁起の悪い出来事や災難に遭う率が非常に高いので

十分な警戒をしないといけないと言われています。

 

根拠は無いですが

男性の42歳は「死に」、

女性の33歳は「散々」

などと語呂合わせで言われています。

 

男性の大厄にあたる42歳前後というのは、

社会的にも責任がある立場の役割を果たすなど、

精神的にも肉体的にも一番ハードな時期とも言えますよね

 

また、女性の方も33歳前後は、

子育てに忙しく

男性同様に精神的にも肉体的にも

疲れている時期である方が多いですよね。

 

大厄の男性の42歳、女性の33歳は、

当然それぞれ前厄、本厄、後厄とありますから、

厄祓いはしましょう。

 

特に大厄の時だけは、

今まで厄祓いをしたことない方

厄祓いはした方がいいでしょう。

 

何かあった時に

厄祓いしとけばよかったと後悔するのは

後味が悪いですもんね。

 

厄祓いをする時期はいつがいいの?

 

厄払いをする時期は、お正月になった時点で

厄年の年齢になれば厄払いをすることが出来ます。

 

具体的な時期ついては、

正月の「松の内」や「節分」にかけて

神社に参拝される方が良いとされています。

 

しかし、現在では一年中お祓いは受けられます。

 

特に「節分の日」などは

多くの人が厄払いに訪れますので、

混雑をさけて

別の日に祈祷される方がよいかもしれません。

 

一番は年があけてからの

正月の松の内(1月7日もしくは1月15日)までに、

祓おいを受けられるのが一番良いと言われています、

 

一年中お祓いは受けられるってちょっと意外ですよね

それでもなるべく早めに済ませておいた方がよさそうですね。

 

厄除の相場は?

 

厄年に行う厄払いの料金は、

神社やお寺によってバラバラです。

 

本来、神仏への感謝の気持ちを表すものなので、

「お気持ちで」と言われる場合もあります。

 

しかし、大体相場は決まっていて、

普通は3000円から5000円くらい

というところが多いみたいです。

 

「お気持ちで」と言われても

やはり大体の相場は知っておかないと

逆にちょっと恥をかきそうですね。

 

7色のパワーストーンで厄除け

 

現代では厄除けに関しては

パワーストーンを使うことで

さらに効果を高められるそうです。

 

弘法大師が7色の小物を身につけることで

数々の難から逃れたことから、

 

厄年の厄除けには、

「7色の小物を身につけることが良い」

と信じられるようになりました。

 

少しでも困難から回避できるなら

身に着けておいた方が

気持ちも安定するかもしれませんね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

世の中で自分の身を

100パーセント必ず守れるはありませんが

 

リスクを少しでも少なくするコントロールが

できるのは自分自身です。

 

今までは「厄除け」に関しては

なんとなくぼんやりとしていた人も

 

この内容を読んで

厄年は侮れないと思えた方も

増えたのではないでしょうか。

 

運気をアップさせたい方は、

以下の記事も参考になると思いますよ。

是非、ご覧になって下さい。

カラーセラピストが教える部屋の模様替えで運気アップする配色!

カラーセラピーで分かるあなたの健康状態【悪所発見ver】

 

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ