赤ワインと白ワインの美容効果の違いと気になるカロリーは?

0f7d0da0f4bcb702ce8d600ec703e1d9_s

 

みなさんは普段ワインを結構飲まれますか?

 

ワインはお洒落な雰囲気を醸し出すだけでなく

健康や美容効果の面でも注目されることが

多い飲み物ですよね。

 

ただ赤ワインと白ワインでは

効果効能が全然違う飲み物なのです。

 

またワインは

どこか飲むと太るイメージという

少しネガティブなイメージもありますよね。

 

実はワインだけ飲むのだったら

そんなに太るものではないのです。

 

今回は赤ワインと白ワインの美容効果の違いや

ワインを飲むと太るといわれている原因と

その解決方法についてまとめてみました。

 


 

 

アンチエイジングなら赤ワイン

 

赤ワインの美容健康効果としては

・肌荒れの予防

・肌のハリと潤いの維持

・細胞の老化抑制

・生活習慣病の予防

・脂肪燃焼を促進

といったものがあげられます。

 

ワインに含まれるポリフェノールには

強い抗酸化作用が期待できて、

 

体内で発生した「活性酸素」

を除去する働きがあります。

 

「活性酸素」は細胞の正常な働きを失わせ

シミやシワといった肌老化を招いたり

生活習慣病を招くこともあります。

 

そんな「活性酸素」を除去するため、

若々しい肌や身体の維持に効果的なのです。

 

また、最近では赤ワインに含まれる

「ピセアタンノール」

という成分が脂肪細胞の成長を防いだり、

ポリフェノールには脂肪を燃焼してくれる

「褐色脂肪細胞」を活性させる効果が、

期待できると言われています。

 

デトックス効果なら白ワイン!

 

白ワインの美容健康効果として

・利尿作用

・デトックス効果

・便秘解消

・健康な骨の維持

といったものがあげられます。

 

白ワインには「カリウム」が豊富に含まれます。

「カリウム」には利尿作用があり、

余分な水分や老廃物が外に排出されるので

翌朝のむくみ防止

デトックス効果が期待できます。

 

また、「有機酸」という成分の含有量が多く、

腸内環境を整える働きがあることから、

お肌の大敵である便秘解消に効果的です。

 

さらに白ワインは

ミネラルバランスが良いことも特徴のひとつで

カルシウム、マグネシウムが

同じくらい含まれていて、

骨を丈夫にする働きがあるともされています。

 

ワインのカロリーってどのくらい?

 

気になるワインのカロリーは

いったいどのぐらいなのでしょうか?

 

一般的なワインのカロリーは

赤、白、ロゼ含めて、

100ml当たり73~75キロカロリーほどです。

 

ちなみに、100ml当たりでみると、

・日本酒が103キロカロリー

・ビールが40キロカロリー

・焼酎が163キロカロリー

になります。

 

また、白ワインより、赤ワインのほうが

カロリーが少し多いですが、

大した差ではありません。

 

基本的にお酒のアルコール度数が

高くなればなるほど、カロリーは上がるのです。

 

それではアルコール度数の低いものを

飲めば問題がないのかというと

実はそうでもないのです。

 

ワインのカロリーは吸収されない

 

そもそもお酒のカロリーは

「エンプティカロリー」といって、

糖質や脂質よりも先に、

最優先で熱として

放出されると言われています。

 

つまり体内に吸収されず

放出されてしまうのです。

 

ですのでアルコール度数の高いお酒を

飲んだからといって太る訳ではないのです。

 

つまりワインをどれだけ飲んでも、

そのカロリーはほとんど体には吸収されないのです。

 


 

 

なぜ、ワインを飲んで太る人がいるのか?

 

問題は同時に食べるご飯や

ワインのつまみにあるのです。

 

ワインは食欲増進の効果があるので

ワインのつまみに色々なものを食べ続けていると、

それは太りますね。

 

前菜、パスタ、魚、肉に加えて、

チーズにデザートまでいき、

〆にラーメンなんて

最悪のパターンといえるでしょう。

 

これだけ食べていたら

ワインを飲まなくても太るに決まってます。

 

ワインのカロリーの食欲増進に加えて

理性を狂わすアルコールの作用で

食べ過ぎて太ってしまうわけです。

 

ラーメンとかおにぎりを

食べたくなる気持ちは十分に分かりますが、

そこは我慢です。

 

しかし、一度食べ始めると、

我慢することはほぼ不可能に近く

食べるほど食欲は増してきます。

 

従って、レストランなら

量の決っているコースを注文して、

追加オーダーしない。

 

家なら、目の前に食べ物を置いておかない

等の工夫が必要です。

 

ワインを含めてアルコール全般は

飲むほど理性が狂うので

何事もほどほどが肝心というわけですね。

 

なるべく酔わないで、太らずにワインを飲むには

それにはいくつかポイントがあります。

 

まずは、いきなりがぶがぶワインを

飲み始めないことです。

 

多少なり野菜を食べてから飲めば、

胃の中で粘膜が機能し、

アルコールを直接吸収して

危険な酔いから遠ざけてくれます。

 

もちろん、この方法は、

太らないようにするにも効果的です。

 

いきなり油物やご飯、肉を食べるより、

野菜でワンクッションおけば、

太る予防になります。

 

それなので食事は

野菜やスープを食べてから開始するとよいでしょう!

 

まとめ

 

赤ワインと白ワインでは

全然違う効果が

得られるものではなかったでしょうか

 

またワインと一緒の食事の際に太らないためには

工夫が必要だったのですね

 

そうすれば太る心配もなく

楽しくワインが飲めるのですね。

 

ワインをもっと効果的に飲みたい方は

是非上記の情報を参考にしてみてください。

マッサンでウイスキーブーム!健康にいい飲み方と効能効果を調査

ダイエット効果もある!寒い冬にピッタリな生姜紅茶について

二日酔いの治し方!ツボやロキソニンは頭痛に効果を期待できる?

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ