マッサンでブーム再来!ウイスキーの美味い飲み方とお勧めつまみ

a0a367e72fe52721ee487dd95671a4d0_s

 

NHKの連続テレビ小説「マッサン」は、

相変わらず視聴率が好評ですね。

 

毎日、ウイスキー作りの物語を見ていると、

お酒が大好きな私としては、

ウイスキーを飲みたくなってウズウズしてしまいます。

 


 

 

本編では、まだウイスキーが登場するシーンは少ないのですが、

最近は居酒屋に行っても気付けばハイボールばかり頼んでいます。

 

世間的にハイボール熱が高まっていたのは

2008年頃のことのようですが、

個人的には相変わらず

最初の1杯目からハイボールを頼み、がんがん呑んでいます。

 

ウイスキーの種類を知ろう

 

劇中に出てくるマッサンは、

のちのニッカウヰスキーを設立した

竹鶴政孝さんがモデルになっています。

 

現代のニッカウヰスキーからは、

モルト、グレーン、ブレンデッドというように、

様々な種類のウイスキーが販売されています。

 

また、安価に買える缶入りのウイスキーや

ハイボールなども売られており、

様々な趣向を持つ人々に受け入れられています。

 

ちなみに、モルトというのは

大麦麦芽が原料になっているウイスキーであり、

個性的な味わいを楽しみたい人に向いています。

 

そしてグレーンというのは、

とうもろこしなどの穀物を原料にしており、

スッキリと呑みやすい味わいとなっています。

 

なお、この二つを組み合わせたものが

ブレンデッドと呼ばれる種類であり、

好みに合わせてどれを呑むか選ぶことができます。

 

このように、ウイスキーは奥深いものですが、

知れば知るほど楽しくなってきますね。

 

どんな呑み方ができるか

 

ウイスキーは、色々な呑み方を楽しめるお酒です。

ロックやストレートでそのまま呑んでもよし、

水割りにするもよし、

ハイボールにして呑むもよし。

 

この他にも、ホットにして呑んだり、

砂糖とミントの葉を混ぜて

「ミントジュレップ」

というカクテルにしたりして楽しむこともできます。

 

自宅で美味しいハイボールを作ろう!

 

ハイボールは自宅でも簡単に作ることができます。

ウイスキーとソーダを1:4

(濃さはお好みで調節してください)

くらいの割合で混ぜるだけ。

 

これだけでも美味しいのですが、

使う氷を丸氷にしたり、

グラスの淵をカットレモンで挟んで

グイッと一周させたりすると、

さらに本格的な風味になります。

 

使ったカットレモンは、もったいないので、

そのままハイボールの中に入れてしまいましょう!

 

それから、あまりガシガシ混ぜると

炭酸が抜けてしまうので、

マドラーでそーっと静かに混ぜるように

気をつけてくださいね。

 


 

 

ウイスキーは太らない?

 

ウイスキーは、他のお酒よりも

なんとなくカロリーが低そうな気がしませんか?

 

では、実際にそれが本当なのかどうか

調べてみることにしましょう。

 

以下、お酒のカロリーの目安

 

○ウイスキー(シングル30ml)のカロリー
約75kcal

○ハイボール(グラス1杯あたり)のカロリー
約102kcal

○熱燗1合(上撰)のカロリー
約196kcal

○生ビール中ジョッキ(1杯あたり約500ml)のカロリー
約202kcal

○焼酎(甲類、グラス1杯あたり)のカロリー
約206kcal

 

…と、ここまで見ていると、

「そこまで他のお酒と変わらないのでは?」

と思った方も多いはず。

 

ただ、ウイスキーが太らないと言われているのは、

カロリーだけが原因ではないのです。

 

そもそも、お酒を呑むだけなら

太らないといわれているのは、

ご存知の方も多いでしょう。

 

上記の情報を見てもわかる通り、

アルコール自体にそこまでカロリーはないのです。

 

では、なぜ「お酒を呑む=太る」

と思われているのかというと、

知らない間におつまみを食べ過ぎてしまうからなのです。

 

アルコール自体のカロリーはたいしたことがありません。

そのためお酒のカロリーくらいは

あっという間に消費されてしまいます。

 

しかし、アルコールには

食欲増進などの働きがあることから、

ついつい過剰なエネルギーを摂取してしまう流れに陥るのです。

 

ヘルシーなおつまみを用意しよう!

 

ウイスキーやハイボールを飲む時は、

1日あたりグラスに1杯〜2杯程度にとどめておきましょう。

 

自宅でウイスキーを飲む時は、

ヘルシーなおつまみを用意してみましょう。

 

特にハイボールには揚げ物がよく合いますが、

そこはグッと我慢。

 

意外に思われるかもしれませんが、

居酒屋の定番メニューである枝豆は、

ハイボールとの相性もいいのです。

 

枝豆にはビタミンCが豊富に含まれており、

お酒との相性も抜群なのです。

 

その他には、ワインと合うイメージのある

バーニャカウダなどもヘルシーでオススメ。

 

お鍋やおでんとも不思議とよく合いますので、

夏だけでなく寒い時期にも欠かせないお酒となりそうです。

 

【こちらの記事もいかがですか】

マッサンでウイスキーブーム!健康にいい飲み方と効能効果を調査

金スマ)ダイエットと美容に効くグリーンスムージのレシピと効能

よく当たる無料の夢占いで運勢チェック!握手や呆れ顔の夢など

 

まとめ

 

ウイスキーは糖質が少なく

体にも優しいといわれていますが、

だからといって呑みすぎないように注意しましょうね!

 

飲み会が続いても、

週に2回は休肝日を設けるように心がけましょう。

 

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ