毎日が抽選日!人生が楽しくなる宝くじ攻略法【当選確率UP編】

お願い

 

 

宝くじといえば、

ドリームジャンボやサマージャンボのような、

抽選日の翌日に新聞で番号を確認して

「当たった」「外れた」というものを

想像する人が多いのではないでしょうか。

 

 

そのような宝くじは発売期間が長くて、

抽選日がなかなか来ないので

待ちくたびれることもあるでしょう。

 

そんな人にはロトがおすすめです。

 

ミニロト

 

31個の数字から5個の数字を選びます。

3個の数字があえば末等で1000円前後の当選金です。

 

1口200円で火曜日に抽選です。

 

売り場にあるミニロトのマークシートには

1~31まで数字が書いてあるので、

それを鉛筆で5つ塗り売り場にもっていくと買えます。

 

クイックピックという欄を鉛筆でぬれば、

機械が自動で5つ選択してくれます。

 

「神頼み」ではなく「機械頼み」ですね。

この5つは必ずくる!!!と思えば、

1口ではなく同じ数字を2口、3口と申し込めます。

 

毎週買う手間を省くには

継続回数を5回まで選べます。

 

5回継続のところを鉛筆で塗ってだすと、

5つ選んだ番号1口200円が

自動で5週継続されていることになります。

 

つまり200円×5回で1000円です。

例えばこの10月14(火)から

5回継続で買うと

10月14日(火)
10月21日(火)
10月28日(火)
11月4日(火)
11月11日(火)

この5回分の抽選日に有効です。

 

この5回で数字が3つ合えば、

1000円の当選金がもらえれば

購入金額1000円のもとはとれるのです。

 

1000円で1ヶ月も楽しめるなんて、

とても楽しい宝くじだと思います。

 

ミニロトは31個の数字なので、

ちょうど1ヶ月の数字31日とぴったりの数です。

 

家族の誕生日の○○日のところだけ買ったり、

好きな人と自分の誕生日に

今日の日付を加えて買うなどしたらいいかなと思います。

 

同じ一等でも今までにない

高額当選金の1等がでるときは、

後半の数字が多いといわれいます。

 

また31も良く出るので、

悩んだら31を入れるとよいと思います。

ただ31が来なかったら当たりません。

 

 

 

ロト6

 

42個の数字から6個の数字を選びます。

これも3個の数字が合えば1000円前後の当選金です。

 

1口200円です。

抽選日が月曜日と木曜日の2回です。

 

末等の当選金額も3つ合えばあたる

という条件もミニロトと一緒ですが、

6個の数字が全て当たったときの当選金額もミニロトより高額です。

 

クイックピック機能がロト6にもあるので、

ロト6も「機械頼み」ができます。

 

同じ番号を何口も買う事もできます。

継続回数は10回まで可能です。

 

週2回抽選だからミニロト同様に5週分有効ということです。

例えば

10月13日(月)
10月16日(木)
10月20日(月)
10月23日(木)
10月27日(月)
10月30日(木)
11月3日(月)
11月6日(木)
11月10日(月)
11月13日(木)

この10回分の抽選日に有効です有効なのです。

 

200円1口で10回継続で2000円となります。

約1ヶ月の間、週2回もどきどきワクワクできるだなんて楽しいですね。

 

10回の抽選日で3つ合う日が2回あれば、

2000円でもとがとれます。

 

42個の数字の中から選ぶだなんて、

ちょっと大変ですよね。

 

もちろんクイックピックという機械に選んでもらう買い方があるのですが、

でもそれじゃあ味気ないですよね。

 

たまに窓口のところに、

電子の機械がおいてあって

『当たるくん』なんて名前のものがあります。

 

それはボタンをおすと、

当たる数字を選んでくれるのです。

 

電子の場合と銀の珠が6個入っていて

42個の数字が書いたプレートが入っていて、

それをふって水平に戻すと6個の珠が

42個の数字のくぼみに入ります。

 

61個の珠が入った所が当たる数字だと思って、

その数字でかって見て下さい。

 

意外と、このあたるくんで選んだ数字で

当たった人はけっこういますよ。

 

ロト7

 

37個の数字から7個の数字を選びます。

ロト7の末等は、

本数字という当選番号7個中3つと

ボーナス数字と呼ばれる当選番号2個中1つ

または2つ合うという2つの条件が合っていないと、

末等にはならないのです。

 

つまり本数字3つだけあってもダメということです。

末等は1200円程度です。

 

何だか条件が複雑なのに「その金額だけ?」と思うかもしれません。

しかし本数字と4つ合えば2300円前後の当選金となるのです。

 

ロト7の抽選日は毎週金曜日です。

1口300円です。

 

クイックピックもありますし、

口数を増やしたり5回継続などはミニロトと同じです。

 

1口300円で5回継続購入うすると

10月17日(金)
10月24日(金)
10月31日(金)
11月7日(金)
11月14日(金)

この5回分の抽選日に有効です。

 

300円で5回なので1500円です。

5回のうち、末等の条件で2回あたるか

4つ合えば2000円の当選金額なので、もとがとれそうです。

 

この3つを組み合わせれば

月曜日 ロト6

火曜日 ミニロト

木曜日 ロト6

金曜日 ロト7

となり、水曜日以外は毎日抽選日になるのです。

毎日わくわくドキドキです。

同時に買っても1ヶ月楽しめて

平日はほぼ毎日抽選で合計4500円。

 

内訳は…

ミニロト5回分1000円

ロト6 10回分2000円

ロト7 5回分1500円

 

「宝くじは買わないと当たらない」

しかし、これなら買い忘れはないです。

あなたも『ロト』わくわくドキドキライフを楽しみませんか?

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ