高級イチゴあまおうの産地で盗難相次ぐ被害額は?【被害画像】

img_4

http://goo.gl/Am8HsA

 

高級イチゴの「あまおう」の産地

福岡県の筑後地区で

 

収穫を目前に控えた

あまおうの盗難が頻発しているようです。

 


 

 

1軒当たりの被害をパック数は50~150パックになる。

被害に遭った農家の画像

IMG_1412

http://goo.gl/7iQvIB

 

高級イチゴ「あまおう」が狙われている。

 

福岡県内有数の産地、

筑後地区で、

収穫を目前に控えた

あまおうの盗難が頻発。

 

特に筑後市では

11日間に6件の被害が連続した。

 

筑後署はパトロールなどで

警戒を強めると同時に、

窃盗事件として捜査している。

JAふくおか八女によると、

筑後市では今月12~22日、

生産農家6軒が被害に遭った。

 

いずれも夜間にあまおうを栽培する

ビニールハウス内に侵入し、

実を摘み取ったとみられる。
1軒当たりの被害をパック数で表す

と50~150パックになる。

 

卸価格で換算すると被害総額は約30万円。

 

中には、収穫時に使う

コンテナや計量器も

盗まれたケースもあったそうだ。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00010000-qbiz-bus_all

イチゴだけではなく

コンテナや計量器も盗むなんて

 

犯人の目的は

いったい何なんでしょうか

 


 

 

犯人は農家に携わっていたことがある人物か?

被害に遭った男性(64)は

「大切に育ててきたあまおうで、絶対に許せない」

と憤慨。

 

「素人だと、イチゴを摘み取った

ツルに緑色のへたが残ることがある。

 

だが、今回は私たち農家が

収穫したように跡が非常にきれい。

犯人は非常に手慣れた感じがする」

と分析してみせた。
盗難事件を受けて、

JAふくおか八女のいちご部会は

夜間パトロールを実施。

 

「防犯パトロール中」

と書いた紙を生産農家に配るなど

対策に乗り出している。

 

筑後署も夜間パトロールや

不審車両への声掛けなどに努めている。

近隣では広川町で12月に、

久留米市で1月に少なくとも1件ずつ、

あまおうの盗難被害が出ている。

あまおうの生産量は八女、

筑後市と広川町で県内全体の約3分の1を占め、

 

27日現在で卸売価格は

1パック500円程度。

販売価格は600~700円という

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00010000-qbiz-bus_all

ここまで大ごとになると

さすがに犯人は

これ以上窃盗を繰り返すことは

 

さすがに

できないものではないのでしょうか

 

こうした事件が起きると

イチゴだけでなく

 

全国の他の農作物に関しても

被害のニュースが出てくるかもしれない

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ