男性が職場で女性に送る脈ありの恋愛サインには4段階ある!

027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

 

恋愛をしばらく休んでいると、

男子からの好意サインに

敏感になってしまいます。

 

しかし、いきなりボルテージを上げて

飛びかかってくるのではなく、

少しずつ様子を見ながら

にじり寄って来る男性もいるので、

こちらも最初から

あまりテンションを上げないように

注意しなければなりません。

 

ここでは、男性が職場の気になる女性に取る

好意のサインを段階ごとに分けて

ご紹介していきます。

 

 

 

あくまでも一例ですが、

だいたいの目安となるはずなので、

彼の脈アリ度判定に役立ててみて下さいね。

 

レベル1

 

・やたらと目が合う

→普段は接点がない彼でも、

目が合ったらそれだけで話すキッカケになります。

 

目が合った時は、照れずに堂々と

アイコンタクトを取るのがポイントです。

 

・挨拶をするようになる

→まずは、挨拶をしなければ何も始まりません。

挨拶は誰にしてもいいものなので、

笑顔で元気よく挨拶をしましょう。

挨拶だけで好印象を持たれるケースも

よくありますので、あながち侮れません。

なお、他の同僚と楽しそうに

話している姿を見ると、

相手からは話しかけやすそうな女性に

映るようなので、ぜひ実践してみましょう。

 

・やたらと近くに来るようになる

→用もないのに、
もしくは無理やり用事を作って
彼が頻繁に出没するスポットがあったら、
その付近に気になる女性がいることに間違いありません。

男性がモテるためのテクニックとして、
「気になる女性の視界に入る」ということが
あげられています。

彼は気になる女性との接点を増やすために
動いていると考えるのが自然です。

あなたの気になる彼は、
社内のどこによく出没しますか?

 

レベル2

 

・雑用があれば、率先して自分のところに頼みに来る

→「○○持ってない?」などと、

誰に頼んでもいいようなことを聞いてくるのは、

その相手を話すキッカケを作りたい、

もしくは頼みごとをした相手に

親しみを感じているという現れだと

考えることができます。

 

・パソコンの配線など、自分でも簡単にできることを手伝ってくれる

 

→例えば、パソコンを少し横に移動するなど、

自分でも簡単にできることを

わざわざ手伝ってくれるというのがポイント。

 

これなら彼もさりげなく男らしさをアピールできます。

ここは素直に甘えて、「ありがとう!」と

最大級の笑顔でお礼を言ってあげて下さいね。

 

・資料を渡す時など、手に軽く触れてくる

→これは、リトマス試験紙のようなものです。

相手の男性は、この行為をすることで、

女性の反応を見ています。

 

もし好意を持たれたら困る相手に

これをされたら、さりげなく避けるか、

まったく反応しないだけでも

相手に拒否の気持ちを伝えることは可能です。

 

レベル3

 

・休憩中でも、嬉しそうに雑談に応じてくれる

→ただの同僚であれば、

休憩中は早々に話を切り上げるはず。

 

よほど仲のいい相手か、

好意を持っている相手でなければ、

休憩中はしっかりと休んで

仕事に備えたい男性が多いのかもしれません。

 

もしくは、休憩中と知らずに

話しかけてしまった場合でも、

快く仕事の話を聞いてくれると

こちらに好印象を抱いているといえます。

 

ただし、単に人間ができている人

という可能性もあるので、

「嬉しそうかどうか」というのが

重要な見極めポイントになります。

 

・ランチに行く時などは、さりげなく隣か真向いの席をゲット

→ある程度仲が良くなってきたら、

同僚もまじえて、

ランチに行く機会などがあるでしょう。

 

この時、男性はなんとかして

気になる女性の近くに座ろうとすることがありです。

 

また、周囲も気持ちに気付いている場合は、

さりげなく席を譲ってくれる場合があります。

 

 

 

・自分が親しくしている人と、仲良くなり始める

→気になる女性との接点を作るために、

あえて意中の女性の友人と

親しくする場合もあります。

 

その友人を通じて飲み会が開かれたり、

ランチに呼ばれたりして

接点が増える可能性があるからです。

 

レベル4

 

・社内メールで雑談が増える

→仕事でメールなどをする時に、用件だけでなく、

軽い雑談も織り交ぜてくるようになったら、

かなり親密度が深まっている証拠です。

 

社内メールを私用で使ってはいけませんが、

ここまで来たら2人きりのデートに

誘われるのもそう遠くない段階でしょう。

 

・他の男性と話していると、割り込んでくる

→他の男性との話を遮るようにしたり、

他の男性と話していると

ヤキモチを焼いたりするのは、

何かしらの好意を抱いている証。

 

彼に対してあからさまな好意を

見せていないのであれば、

彼は気になる女性を目の前で

他の男性に奪われてしまうのが

イヤなのだと考えるのが自然です。

 

・社内のひと気が少ないところで、よく出くわすようになる

→これは完全に脈アリです。

「好き」とまでは行かなくても、

その女性と具体的な繋がりを持ちたいと思って、

彼は女性の行動をリサーチしているのです。

例えば給湯室や、

お手洗いに行くまでの通路など、

ひと気が少ない所で

出くわすことが多くなったら、

彼が2人きりになりたがっているサインです。

 

誰にも見られずに関係を進めたいので、

社内で人通りが少ないところを狙って

アプローチをしかけるのです。

 

最後に

 

いかがでしたか?

上記でご紹介した例は、

すべての恋愛に当てはまる

というわけではありません。

 

しかし職場恋愛を成功させた皆様なら、

いくつか思い当たる節が

あるのではないでしょうか?

 

もちろん、彼のサインを感じたら、

そこからどのように発展させていくのかは

あなた次第。

 

彼の小さなアプローチを見逃さないようにして、

うまく社外デートにつなげていきたいものですね。

 

コツは接点があった時、

照れずに真正面から受け止めること。

彼が頑張って作った接点をムダにしないように、

素直な反応を見せて彼を喜ばせてあげましょう。

 

wright by こばやし冴

【このライターが書いた他の記事はこちら】

 

■男性が職場で好きな人に取る態度とは?注目すべきは「目の動き」

■悪用厳禁!!人気キャバ嬢を口説くマル秘お持ち帰りテクニック

■欲望渦巻く世界の感動する深イイ短編実話【キャバクラ編】

 

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ