嫌な出来事や気持ちを早く忘れる5つの方法【失恋・仕事のミス】

fsfasffazsw

出典:http://goo.gl/H4a1KR

 

何か嫌なことがあった時に

誰しも嫌な出来事が頭の中でさまよって

気分が悪くなるものですよね。

 

時間が解決してくれるもの

なんて言ったりするものではありますが

 

1秒でも早く嫌な気持ちを忘れたいという人向けに

嫌なことを少しでも早く忘れるための

5つの方法をご紹介致します。



 



 

1.早めに寝る

夜というのは

どうしても感情が高ぶりやすいということを御存知でしょうか。

 

何もない時ですら、夜になると

昔の悪い記憶がよみがえってきてしまうのだそうです。

 

なので、ましてや、嫌なことがあった時は

尚更気が滅入ってしまいますね。

 

そのため、嫌なことを早く忘れるためには

夜更かしせずに早く寝るのが1番です。

 

「悩みやすい時間帯」に起きていれば起きているほど

どんどん深みにはまっていってしまうのです。

 

又、夜遅くまで起きていると、体が疲れます。

体が疲れている時というのは、

どうしてもマイナス思考になりやすくなるのです。

 

嫌なことがあったらまず体を休め

マイナス思考を助長させる夜の時間帯は

寝てしまうことがオススメです。

 

http://the5seconds.com/forget-nasty-things-9346.html

 

 

2.思いっきり泣いてすっきりする

「号泣セラピー」というものを御存知でしょうか。

 

とりあえずわーっと泣いてしまうことで

自分の感情を解放し、すっきりさせてしまうというものです。

 

これを、嫌なことがあった時にやってみるとすっきりします。

 

どうしても泣けなかったら、

泣ける映画やドラマを見て、

「泣く」というシチュエーションを作りましょう。

 

そして、とにかく涙を流して、感情のデトックスをします。

 

気が済むまで泣いてしまうと、

「あれ?」というくらいすっきりするものです。

 

但しこの方法は

周りに他の人がいると落ち着かなくなるので、

1人でやることをオススメします。

 

http://the5seconds.com/forget-nasty-things-9346.html



 



 

 

3.規則正しい生活をする

考えてばかりいると眠れなくなり、

やる気も起きなくなります。

 

そのうち食べることさえ面倒になってきます。

 

そうなる前に

少しずつ規則正しい生活をしていくことが大事です。

 

毎日決まった時間に起きる、食事をする、

決まった時間に

眠るようにしていれば体は健康で入られます。

 

体が健康ならば心も健康になれます。

 

ひどく疲れてしまってからでは

前向きになんてなれません。

 

一度の嫌なことが

この先の人生にまでずっとついて回るのは時間の無駄、

過ぎたことは良い経験と、前向きに考えましょう。

 

そうすることで嫌なことは忘れられます。

 

http://the5seconds.com/forget-nasty-things-9346.html

 

 

4.色の効果を使う

脳が喜ぶ色、

それはピンクだという研究結果が出ています。

 

ピンク?苦手だなぁ…と思った方は

一度デザインの世界などで使う「色相環」

をチェックしてみてください。

 

ピンクという色はひとつではありません。

 

春を思わせるほのかな桜色から

目の覚めるような鮮やかなパッションピンクまで

数え切れないほどの種類が存在します。

 

どのピンクが自分にとって

居心地のいい空間をつくるものであるかを時間をかけて

探しておきましょう。

 

事前にその色がわかっていれば、

いざ何かが起きた時にそのピンクを

効果的に生活に取り入れることによって

 

あなたのくよくよしたネガティブシンキングは

みるみるうちに回復していくことでしょう。

 

嫌なことを忘れる方法の第一として提案するのは

色によってあなたの脳を科学的に騙し、

よろこばせる方法です。

 

http://spiritualism-japan.com/kuyokuyo/

 

 

5.体を動かす

体を動かすことで気は紛れます。

何をいまさら…と思わないでください。

 

これは科学的に証明されていることなのです。

嫌なことを忘れる方法に

一番有効な運動の仕方はリズムを意識した反復運動です。

 

一番簡単なのは

一定の速度でのウォーキングでしょうか。

 

リズミカルな呼吸という意味では

ヨガなども有効です。

 

このような運動の仕方は

脳内ホルモン「セロトニン」の分泌を促します。

 

セロトニンの鎮静作用を存分に利用し、

心の安定を図りましょう。

 

くよくよしている時間があったら、

今すぐウォーキングシューズを

履いてドアを開けてみましょう。

 

http://spiritualism-japan.com/kuyokuyo/

 

 

嫌なことが頭から離れずに

何もやる気が起きないという時には

 

是非上記の

トライしやすいことからやってみてはいかがでしょうか



 



 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ