簡単な節約方法を実行して今より自由に使えるお金を増やそう

スクリーンショット 2014-10-08 0.32.42

 

節約と聞くとなんだか惨めなイメージがあったり、
とても疲れてしまいそうなイメージがありますが実はそんなことはありません。

ほんの少しの工夫をするだけで簡単に節約をすることができて、
負担がかかることなく自由に使えるお金を増やせる方法を紹介致します。

その前に節約を実行していくにあたって、
苦しい事に取り組むという心構えは辞めましょうね。

オススメは、まず欲しい物をリストアップしてみましょう。
もしくは、行ってみたい美味しいお店などのリストアップでもいいと思います。

これをやってるだけで、テンションが上がってきます。
そして、あくまでも小さな夢のために向うための行動だと考えましょう。
そうする事で節約は苦しいものから楽しいものになりますからね。

 

 

それでは心構えも整ったところで、
順を追って説明していきましょう。

 

フローリングの掃除は掃除機ではなくモップを選ぶ

 

フローリングの掃除は、掃除機を使わずに、
モップや雑巾を使って掃除をすることで、電気代を節約できます。

掃除機(600W)の使用時間を1週間当り
2時間減らすことができると、月々約110円、年間約1,320円節約できます。

また掃除機では届かない
細かい所の汚れも取ることができるというメリットもあります。

掃除方法を少し変えるだけで
毎年1,000円浮くことを知るとモップを使って掃除した方がお得ですね。

 

公共料金の支払いはカード引き落としにする

 

公共料金の支払いはクレジットカードで支払いすると、
ポイントを貯めることができます。

ポイント還元率が2%の場合で
電気料金を月に7000円
水道料金を2000円
ガス代を6000円
月々分300円分ポイントを得ることができます。

月々ではあまり貯まった感じがないですが、
それが年間で約3600円節約できるとあって
カード引き落としにしただけで
1回分くらいタダで飲みに行けるのと同じくらいお金が貯まります。
努力なしでタダ飲みができるってなんだか儲かった気がしますよね。

 


節水コマの活用

 

節水コマを取り付けると水道代が約半分近く抑えることができます。
1日に1時間使用したとしたら、
月に10,800リットルもの水を節約することができて、
月々約2500円くらいも節約できます。

年間にすると約3万円分も節約ができるので、
このお金でどこか旅行へ行くも良し、
欲しい服を買うもよしという感じで楽しみが増えますね。

 

洗濯物はバスタオルをうまく活用して乾かす早さを短くする

 

洗濯物を乾燥機にかける前に、
バスタオルで水気取りを行います。

十分に水気を取ってから
乾燥機にかけることによって乾きが早くなります。

その結果、乾燥機で使う分の電気代が安くなります。
乾燥機代は結構電力を使うので以外と電気代がかかるものです。

それなのでこの方法はそこまで面倒なことをせずに
電気代を浮かせていることができています。

 

これらの方法を駆使することで、
そこまで大変なことはしていないのに
自然と今よりか自由に使えるお金が増えるって素晴らしくないですか。

それとポイントとして、
その浮いたお金の金額で
具体的に何ができるか!

ということをイメージができると
より節約が楽しくなってきますよ。

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ