一人暮らしの方必見!食費を節約する5つのオススメ方法

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

 

毎日の生活で

食費は何かとかかるものですよね。

 

かといって何も食べない

というわけにはもちろんいきません。

 

しかしできるならば食費を浮かせて

その分のお金を他のことに使いもの。

 

今回は基本的な食費の節約といわれていることから

少し変わった節約方法までをまとめてみました。

 


 

 

方法1.食材をまとめ買いする

 

買い物に行く回数が増えれば、

自然と必要のないものにまで

手がのびてしまいます。

 

それなので、まとめて食材を買うことで

買い物に行く回数を減らしましょう。

 

しかし、豆腐、生野菜、牛乳の食材は

冷凍保存が向いていない上、

長期保存には向かないので

こまめに買い足す必要があります。

 

無駄な買い物を防止するためにも、

その食材しか買えない金額の

お金しかもっていかないようにするとよいでしょう。

 

方法2.冷凍保存

 

買った食材で冷凍保存できるものは

小分けにして冷凍してしまいましょう。

 

食品の鮮度を保つために

冷凍の仕方に工夫をしましょう。

 

サンドイッチやお漬けものなど

冷凍にできる食品は実はたくさんあります。

 

買いすぎやつくり過ぎはよくないですが

冷凍することを考慮した上ので食品選びは

節約がうまくコツともいえるでしょう

 

方法3.家にある食材でメニューを決める

 

買い物に出掛ける前には冷蔵庫をチェック!

家にある食材を使って

作れるメニューを考えます。

 

全てを買い揃える必要もなく、

家にあるものを使いきれるのでおすすめです。

 

例えば、ひき肉とたまねぎがあれば、

ハンバーグやミートボール、

しゅうまいが作れます

 

でも、あとコレが足りない!

というように買わなければいけない食材が見えてきます。

 

家に材料がひとつもないものを

作ろうとするのではなく、

今家にあるものでメニューを決めて

買い物に出掛けることが大切です。

 

無駄使いをしていない状態だと

なんだか気分もいいものですよね!

 

方法4.ドレッシングや調味料も自分で作る

 

意外と食費を圧迫してるのが

ドレッシングなんかの半加工品ですよね。

 

こうしたものも、自分で作ってしまえば

意外と食費を節約できます。

 

味だって市販のものよりも

自分で作ったほうが断然おいしいのです。

 

昔、学校の家庭科の調理実習の時なんかは

 

サラダにかける

ドレッシングも一から作ったりしませんでしたか?

あの時の感覚を思い出しましょう

 


 

 

方法5.ホームパーティー

 

外食もいいですが

やはりお金は沢山使ってしまいがちなので、

あらかじめ予算を決めて

自宅でパーティーをするといいでしょう

 

お鍋パーティーやたこ焼きパーティーなど、

あまりお金をかけなくても

楽しい時間を過ごせすことをできます。

 

外食をよくしていると

お金がかさむばかりか、

外食に対する特別感もなくなってきます。

 

普段は手料理をして

定期的に外食を楽しむ方がおすすめです。

 

しかもあなたの家でひらけば

余った食材や調味料もあなたのものに

基本なるので食費が尚更浮きますよ。

 

方法5.高級食パンでリッチな朝食をする

 

これは少し節約のテクニックを

応用したパターンです。

 

都内の人気店の惣菜パンは

とてもおいしいですが

1個400円台なんてこともありますよね。

 

しかもこれが2個で

外食でランチが食べられるくらいですよね。

 

そこで方法としては

人気のパン屋さんで高級食パンを購入します。

 

食パンは1枚ずつラップして

冷凍すれば日持ちします。

 

しかももっちり濃厚な風味もそのまま。

 

惣菜パンの1/5くらいの価格で

同じお店の味が楽しめるので

得した気分になれます。

 

高級店の食パン1枚+カップスープで

朝食代はなんと100円程度になります。

 

節約はとても大切ですが

おいしくなければ楽しくはありません。

 

この方法はまさに

コストパフォーマンスを活かした

節約法といえるでしょう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

少し方法を工夫することで

食費を結構浮かせることができますよね

 

いきなり全部やろうとしたら

3日坊主になってしまう!

なんて方もいると思いますので、

できるところから少しずつ

はじめてみてはいかがでしょうか。

 

ただし節約することは大切ですが

やり過ぎてストレスがたまると

リバウンドする可能性もありますので

やり過ぎない程度を心がけ

また安くてもおいしい食べ物を見つけると

上手に節約を続けられるのではないでしょうか。

 

【以下の記事もオススメです】

脳の疲れを解消する食べ物を積極的に食べて脳疲労を防ごう!

弁当に最適!おにぎらずの作り方のコツと人気の具材【動画】

コーヒーをアレンジして美味しくする簡単レシピとチョイ足しテク

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ