サッカー日本代表アジアカップ2015予想外の準々決勝敗退

トップ①

 

2015年の1月23日

サッカー日本代表は

アジアカップ2015の準々決勝で

UAEを相手に

スコアが1対1で

 

PK戦の末

敗れてベスト8での敗退が決定となりました。

 

 

UAEに先制点を許す

序盤の7分に

マブフートのボレーで

今大会初失点を喫した日本は、

 

乾や遠藤、本田らが

相手ゴールに迫るも得点を奪えず、

1点のビハインドで前半を終える。

 

後半に入ると、

途中出場の武藤嘉紀が立ち上がりに

2度のチャンスを迎えるが、

シュートは枠を捉えることができない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000028-ism-socc

 

今回の大会では

このように苦しい展開がなかったので

選手だけでなく

ファンも焦ったのではないのでしょうか。

 

待望の日本ゴール

それでも、

81分に本田のポストプレーから、

 

途中出場の柴崎が

ダイレクトで豪快なミドルを叩き込んで

試合を振り出しに戻す。

 

終盤にはゴール前で

香川がこぼれ球に反応したが、

 

シュートは枠を外れ、

絶好機を逸し、

試合は延長戦へと突入する。

 

迎えた延長戦では、

相手を圧倒しチャンスを作り続けるも、

 

UAEの身体を張った

守備に阻まれる。

115分には

ゴール正面でFKのチャンスを得たが、

 

柴崎のキックは僅かに枠を逸れ、

勝敗の行方は

延長戦へと委ねられることとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000028-ism-socc

 

同点に追いついた勢いで

そのままが逆転してほしいと

 

応援していた日本のファンは

誰もしも思ったはず

 

 

 

本田や香川がまさかのミス

迎えたPK戦では、

1人目の本田のキックが枠を大きく外れるも、

UAEも3人目のキッカーがミス。

 

同点で迎えた6人目のキッカーでは、

日本は香川が失敗。

 

対するUAEは

しっかりと決めて勝負が決まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000028-ism-socc

 

結果として焦りが

PKに出てしまったのかもしれませんね。

 

気持ちの上では

UAEの選手の方が

万全な状態だったのかもしれません。

 

まとめ

アジアカップ2015は

まさかの準々決勝敗退

という形で終わりました。

 

しかしそれは

次のワールドカップに向けて

 

新たな改善ポイントが

見えた機会になったかもしれません。

 

この負けを反省材料として生かして

サッカー日本代表には

益々強くなってほしいですね!

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ