サッカー日本代表)時期監督バヒド・ハリルホジッチが濃厚?画像

gfsazfsazfazsf

出典:http://goo.gl/l2XIpN

 

日本サッカー協会は時期代表監督を

前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)との交渉を

最優先で進めることで一本化したようです。

 

スポンサーリンク



 

年俸は2億円強

日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)は25日

霜田正浩技術委員長(48)と日本代表の

次期監督人事について東京都内で会談し

技術委員会が推薦する候補者を正式に認めた。

 

技術委員会は22日の会議で

前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)との

交渉を最優先で進めることで一本化しており

最終交渉へのゴーサインが出された。

 

近く霜田委員長が再出国し、正式オファーする方向。

新生日本代表の誕生が、いよいよ近づいてきた。

 

インドから帰国した大仁会長は、成田空港からハイヤーを

走らせ、霜田技術委員長のもとへ急いだ。

 

東京都内で約1時間の会談後、

落ち着き払った表情で口を開いた。

 

「会いました。今までの報告です。

大体(技術委員会の意向は)分かりました。

その方向で進めようということです」

 

22日の臨時技術委員会では、欧州や中東で下交渉を

行ってきた霜田委員長と5人の委員が話し合い、

ハリルホジッチ氏と最優先で交渉することを決めた。

 

「技術委員会の考えを尊重したい」と大仁会長。

技術委員会の決定を日本協会として正式に認め、

霜田委員長に通達したと明かした。

 

近く霜田委員長はハリルホジッチ氏が住むフランスで、

本人に正式オファーする見通し。

 

年俸は2億円強、W杯本大会での指揮を前提とした

1年ごとの契約更新を基本線に、最終交渉に臨む。

 

大仁会長は会談前の成田空港で、

ハリルホジッチ氏の年齢を問題視しないことも示唆した。

 

62歳の同氏を想定した報道陣の質問に対し、

具体的な名前こそ出さなかったが

「よっぽどの年齢じゃない限り大丈夫だと思う。

私も70(歳)ですから。その人(の健康状態)次第だと思う」

と強調した。

 

2007年に当時66歳で代表監督だったオシム氏が

脳梗塞で倒れ、協会内には60歳以上を

候補から外す不文律があったが、

今回の選定作業では撤廃。

協会トップも公の場で“例外”を認めた。

 

ハリルホジッチ氏に対する期待はそれだけ大きい。

昨夏のブラジルW杯では下馬評の低かったアルジェリアを

16強に導いた。

 

決勝トーナメント1回戦では延長の末に1-2で敗れたが、

後に優勝するドイツを苦しめた。

オシム氏と親交があり、日本への理解に“後ろ盾”があるのも心強い。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000500-sanspo-socc

 

【画像】バヒド・ハリルホジッチ氏

zdfvzsvszvz

出典:http://soccermaniajr.ldblog.jp/archives/42920844.html

 

スポンサーリンク



 

日本をW杯予選で勝たせてくれる監督を招きたい

一方で大仁会長は「これ(交渉)は難しいもの。

最終的なところまではまだまだ」とも話した。

 

会談では、万が一に備え、現在契約があるため3月の

国際親善試合の指揮が難しい元

デンマーク代表MFラウドルップ氏や、

元鹿島監督のオリベイラ氏を、

優先度を下げながらリストに残すことも確認された。

 

ただ、3月に新監督が指揮する可能性について

「そういう方向で進むにしても、いろんなことをやらないと。

(就労)ビザの関係とか」と否定せず、

第1候補がフリーの指導者であることを示唆。

 

今月中の正式契約は「無理だね」としながら

「それ(交渉のもつれ)はない。方向さえ定まれば早くしたい」

と、早期決着への自信も示した。

 

「日本をW杯予選で勝たせてくれる。

そういう監督を招きたい」と大仁会長。

トップのゴーサインは出た。

“ハリル・ジャパン”誕生へ、カウントダウンが始まった。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000500-sanspo-socc

 

果たしてハリル・ジャパンが誕生となるのでしょうか。

昨年のワールドカップや先日のアジアカップの準々決勝敗退など、

 

ここ最近あまりよくないニュースが続く、サッカー日本代表が

世界に通用するチームになってほしいですね!

 

スポンサーリンク



 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ