知っておくと便利!お酒を酔わない飲み方や種類とは?

cf45140f39e9b171575ebb91b33b3964_s

次のが朝早いから

あまり酔いたくない

と思っている時に限って

 

会社の飲み会があって、

行かないわけには行かない…

 

にも関わらず会社の飲み会だと

必ずと言っていいほど、

ほぼ全員が二次会まで行くという面倒さ…

 

そんなシーンに

遭遇したことがある方も

いるのではないのでしょうか

 

こんな感じで、

お酒を次の日に残したくない時は

ないでしょうか

 

もしそんな時に

お酒を酔わない飲み方や種類を

知っているととても助かりますよね。

 

今回は飲み会前や飲み会中に

酔いづらくする方法について

まとめてみました。


飲み会前の準備をしっかりしよう!

 

酔わないためには

飲み会前からの準備も大切です。

 

空腹にアルコールを入れると、

その分アルコールの回りも

早くなるので

 

胃を調整しておくだけでも、

全然違うのです。

 

飲み会前に、

コンビニなどに行く余裕がある方は

 

乳製品(牛乳・チーズ)

を摂取しておくと

胃に、脂肪の膜を作ることができます。

 

またウコン、へパリーゼ

を飲んでおくのもよいでしょう。

 

どちらも飲み会前に飲むことで、

アルコールに強くなります!

 

 

お昼もしっかり食べておく

 

飲み会前に

コンビニに行く余裕がなくても

 

お昼をしっかり食べて

お腹に溜めておくだけでも、

十分効果があるのです。

 

特に、消化が遅い脂肪分を

多く含む食べ物を食べておくことで

空腹を少しでも防ぐことができます。

 

きつねうどん

かき揚げうどん

いなり寿司

 

などは

その効果を発揮しやすい食べ物です。

 

今まで

夜は飲み会で結構食べそうだからと

 

お昼を少なくしていた人で

酔いたくない人は

これからは見直してみましょう。

 

 

空きっ腹で飲むと酔いやすい

 

上記であげたとおり

空きっ腹で飲むと

酔いやすくなります。

 

通常、体の中に入ったアルコールは、

約20%が食物と共に胃から、

 

残り80%が小腸から吸収された後、

肝臓へと運ばれ代謝されます。

 

食物が消化されるまでのあいだ

胃の幽門(胃の出口)は収縮して、

 

アルコールも

小腸へすぐに流れず胃に留まり、

吸収も遅れます。

 

しかし、空腹時にお酒を飲むと、

消化される食物がないため、

 

アルコールは胃を素通りして

ほとんどが小腸に流れ込み、

アルコールの吸収が早くなってしまうのです。

 

そのために、空腹でお酒を飲むと、

酔いやすいというわけなのです。

 

このとき、飲んだお酒が

アルコール度数の高かったり濃いものなら、

 

なおさら急激に

血中のアルコール濃度は高くなり、

酔いやすくなるのです。


枝豆や焼き鳥は酔い防止にオススメ

 

ビールのおつまみの代表と言えば

枝豆ですが

実はこれは理にかなっていて

 

肝臓の機能がしっかり働くには

十分なタンパク質が必要ですが、

 

枝豆=大豆は「畑のお肉」

と言われるほどタンパク質が豊富な食材で、

 

100gに約12g

ものタンパク質を含んでいます。

 

動物実験では、

高タンパク質のエサを

与えられたラットでは、

 

血液中のアセトアルデヒドの量が

増えにくいという報告もあって

 

枝豆と同じようにタンパク質が豊富な

焼き鳥などの肉類や刺し身などの魚、

卵料理もおすすめです。

 

 

酔いにくいお酒を飲む

 

1杯目以降は

ビール以外のお酒になる

なんて場合は

 

少しでも酔いにくい

お酒をチョイスしたいところですよね。

 

酔いやすいお酒としては

・日本酒

・ビール

・赤ワイン

・白ワイン

・ウィスキー

・ブランデー

・テキーラ

・バーボン

 

などで

 

赤ワインは白ワインよりは

不純物が多いため、

二日酔いしやすいともいわれています。

 

 

逆に酔いにくいお酒としては

 

焼酎

ウォッカ

ジン

ラム

泡盛

 

といったところですが

 

ただしこれら分類であっても、

安いお酒は

比較的二日酔いになりやすいので

注意が必要です。

 

 

グレープフルーツやオレンジが含まれているお酒も効果的

 

グレープフルーツやオレンジには

アルコールを分解する

 

「フルクトース(果糖)」

という成分が含まれています。

 

したがって

 

・グレープフルーツサワー

・カシスオレンジ

など

 

グレープフルーツやオレンジが

含まれているお酒を飲むと

酔いが、回りにくくなりますよ

 

次の日が

酔った状態でいたくない時には

 

他に飲みたいお酒があっても

酔いにくいお酒を優先させて

うまくコントロールしましょう。

 

【以下の記事もオススメです】

バリエーションを増えると楽しい!日本酒の飲み方アレンジ8選

よく飲みに行く人必見!居酒屋で太らないメニューとは?

意外!朝から甘酒を飲むのは健康にいい!?ダイエットもある?


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ