就活の面接で好印象を与えるのに抑えておきたいポイントとは?

fc12f966213343841441b68fa6396a3d_s

就職活動の面接で

どうやったら面接官が

好印象に感じるのだろうと

 

就活生のほとんどの方は

感じる疑問ですよね。

 

うまい内容をどう話そう

ということに興味が行きがちですが

 

話の内容は確かに大切ですが

面接においてのウエイトは

実際のところ案外低いのです。

 

今回は就活の面接で

好印象を与えるのに抑えておきたいポイント

についてまとめてみました。

 

 
 

見た目は大事

 

就職活動では、

外見の重要性を聞くことが

多くないでしょうか?

 

「見た目が9割」

「美男美女は就職活動で有利」

なんて言われることがありますが

 

主張の方向性は

当たっていると考えるのが妥当です。

 

ビジュアルは、

やはり整っていたほうが、

選考で有利になる傾向があります。

 

人は、初対面の相手に対して

無意識のうちに

外見を重視する傾向があります。

 

初対面のときに

相手を知る手がかりは、

外見しかないからです。

 

表情・服装・動きなどの様子を見て、

その人の人間性を想像し、

 

印象を決める傾向が

本能としてあるのです。

 

このことは、

心理学でも証明されていて

 

アルバート・メラビアンが提唱した

「メラビアンの法則」

という印象に関する法則があります。

 

この法則によると、

人と出会ったときに受ける印象は

次のような割合とされています。

 

・話の内容からの印象が7%

・声からの印象は38%

・見た目からの印象が55%

 

圧倒的に多いのが、見た目です。

 

外見ですべてが

決まるわけではありませんが、

重要であるのは間違いありません。

 

外見が少しでもよくなるのなら、

こだわる価値が十分にあります。

 

立派なスーツ、きれいな肌、

明るい表情、落ち着いた動作。

 

太りすぎたり痩せすぎたりしているのなら、

標準体重を目指す努力が必要です。

 

もちろんビジュアルだけで

採用されるわけではありませんが、

少なくとも、選考では有利に働きます。

 

少しでもビジュアルがよくなるのなら、

費用をかけてでも、

整えたほうが得策です。

 

 
 

口角を上げるようにする

 

面接時の表情に関してですが

「笑顔」というと難しいかもしれませんが、

 

口角を上げるだけ

で表情が一気に明るくなります。

 

特に4月以降、

面接が連続してくると、

体力的にも精神的にも消耗し、

疲れが顔に現れがちになります。

 

しかし、口角に気を遣うことで

自ずから笑顔になり

声のトーンが上がり、

 

相手に「明るい人だ」

という印象を与えやすくなります。

 

面接官も数多くの就活生の対話に

疲れているのもあるので

 

暗い人よりは

明るい人との方が話も弾みます。

 

特に話をしている最中より、

相手の話を聞いているときに

意識するようにしてください。

 

他の人が話している時にも

バッチリと見られているのです。

 

 

姿勢に関して

 

また姿勢にも

気をつける必要があります。

 

普段背筋を伸ばすことに慣れていないと、

時間が経つにつれ

つれだんだんと背が丸まってきます。

 

それなので意識して

背筋が伸びるようにしましょう。

 

ただ、いつも

伸ばし続けなければならない訳ではなく、

 

場の雰囲気が和らいできたのに

合わせて多少くつろぐのは許されるでしょうし、

 

話に熱が入って

前のめりになったことで

背が丸まるというのは自然なことです。

 

状況に応じて

判断できるようにしましょう。

 

 

面接で好印象を与える話し方とは?

 

話し方が上手な方は印象が良く

逆に、話が伝わらない方は

悪印象になります。

 

しかしそんなに難しいことではなく

ほんの少し意識すれば

「伝わり度」は変わります。

 

話し方の基本は

「相手の理解のしやすさ」を意識することです。

 

面接だけではなく、

ビジネスシーンのあらゆる場面で

「伝える力」は必須条件です。

 

入社してからも必要になる能力なので、

今のうちにしっかり学習して体得しましょう。

 

そのため結論から先に話すようにして

「結論+根拠(理由)」

が相手にとって理解しやすいのです。

 

結論を先に述べられることで、

理解のしやすさは格段に向上するものです。

 

結論を先すると

その後に続く内容で、

結論と話者の考え方を全体的に理解できます。

 

逆に、前置き(理由)を述べると、

「結論を早く言ってくれ」

と感じてしまうものですね…

 

また、「この人は何を言いたいんだ」

と予測する作業が発生するので

親切にも欠けます。

 

話が終了したら

「以上です」で結びます。

 

志望動機や自己PRが終了したら

「以上です」で結びましょう。

 

実際に多いのは

面接官に

「よろしいですか?」

と聞かれて

 

「あっ、はい」

と答える応募者が多数です。

 

話が終了したら「以上です」で結び、

終了したことを面接官に伝えます。

 

それだけで印象が大分違うので

しっかり意識するようにしてみましょう。

 

【以下の記事もオススメです】

不安になることが多い就活中の恋愛と就活を両立させる方法とは?

恋がしたくても好きな人ができない社会人の原因と解決方法は?

仕事で疲れた時に聞きたい!聞いてまた頑張ろうと思える8曲

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ