お酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなるのはなぜなのか?

a1840_000035

普段職場の付き合いで

お酒を飲む機会が多い方も

いらっしゃるのではないのでしょうか

 

そして、お酒を飲んだ後に

やっぱりシメのラーメン

を食べたくなってしまう

 

そうなってしまう方も

結構多いのではないのでしょうか。

 

どうして、飲んだあとは

無性にラーメンが

食べたくなるのでしょうか。

 

実はお酒のあとのラーメンは

単に気分的なものではなく、

体が欲しがっているのものだったのです。

 

しかも

そのしめのラーメンには

デメリットもたくさんあったのです!

 

今回はお酒を飲んだ後に

ラーメンを食べたくなるのはなぜなのか

ということについてまとめてみました。


どうしてお酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなるのか

 

アルコールが体内に入ると

まず胃で20%

残りの80%が小腸で吸収されて血管に入り、

肝臓に送られます。

 

その後、肝臓で

アルコールが分解されるときに、

 

非必須アミノ酸のアラニン

グルタミン酸、ビタミンB1、

ミネラルの一種である亜鉛

といった栄養素が必要になります。

 

これらの栄養素のうち、

ラーメンには

アラニン・グルタミン酸・亜鉛が

多く含まれています。

 

豚肉や豚のゼラチン質、

鰹節などにアラニンは多く含まれています。

 

Wスープのラーメンなら

アラニンは簡単に摂取できます。

 

また、小麦タンパクや大豆に

グルタミン酸は多く含まれ、

これはラーメンの麺から摂れます。

 

亜鉛は牡蠣をはじめとした貝類、

さらには鰹の含有量が多く

 

こちらもスープに

多く含まれていることが多いです。

 

アルコールは、

分解される途中段階で

「アセトアルデヒド」

という有害物質が発生します。

 

この物質は二日酔いの原因の1つ

とされており、

 

肝臓は早くアセトアルデヒドを分解して

無害な酢酸と水、二酸化炭素にしてしいます。

 

しかし、おつまみ等で

この分解作業に必要な

 

アラニン・グルタミン酸

亜鉛・ビタミンB1

が摂れていないと、

 

体がそれを欲して

ラーメンやうどんなどを食べたくなるのです。


シメにラーメンを食べるデメリットは?

 

ここまで読むと、

お酒の後のラーメンはメリットばかりだ

と考えるかもしれませんが

 

しかし、注意してほしいのが、

アルコール自体に

結構なカロリーがある上に、

 

アルコールには

食欲増進効果もあるので

飲んでいる間にも、

 

ついつい色んな物を

食べてしまっていることが多いのです。

 

それ以上の食べ過ぎは、

ポッコリお腹にも繋がってしまいます。

 

必要な栄養素だけではなく、

過剰な脂質や塩分も

多く含まれていることを意識してましょう。

 

特にラーメンには、

脂質も多く含まれ

 

消化に時間がかかる為、

翌日の胃もたれ等の

原因にもなりかねないのです。

 

こうしたデメリットを知ると

お酒の後のラーメンは

辞めたくなってきますね。

 

 

ではどうやって

対策をしていけばいいのでしょうか?

 

その対策方法についても

まとめてみました。

 

 

対策① ヒマワリの種

 

ヒマワリの種には

ビタミンB1が多く含まれます。

 

ビタミンB群は

水溶性ビタミンの為、

 

摂取してから

3時間程度しか効果が期待できないので、

乾杯前の摂取がオススメです。

 

しかし、せっかくこのように

必要な栄養素を摂取しても、

 

血液中のアルコール濃度が急上昇すると

必要栄養素が一気に

使われてしまって足りなくなるので、

 

鰹節がたっぷりのった冷奴や

あさりの酒蒸しなどをおつまみに選びながら、

 

水をチェイサーにして

ゆっくりお酒を飲むことを心がけましょう。

 

 

対策②:お味噌汁

 

飲み会のしめには

あさりやしじみが入ったお味噌汁を

オーダーするといいでしょう。

 

周りからしめのラーメンに誘われたら

断れないこともあるでので

 

しめのラーメンのデメリットを伝えつつ

この方法を周囲の人に

オススメしてみるのもアリですよ。

 

 

対策③:温かいお茶などを飲んでごまかす。

 

宴会の影響を

最小限にとどめるベストな選択です。

 

アルコールの代謝では

水分も大量に奪われます。

 

居酒屋ではお店によりますが

頼めばお茶を持ってきてくれるケースも多いです。

 

しっかりと水分補給して

体への負担を減らしましょう。

 

 

対策④:野菜ジュース

 

ビタミン豊富な

野菜ジュースなどを飲むのも手です。

 

栄養成分表示を

チェックして低エネルギーなものを

選べばまずまずOKです!

 

アルコールの代謝で

多くのビタミンも消費されます。

 

野菜ジュースなら

ビタミンAやCの補給ができます。

 

飲みのあとでもコンビニなどで

手軽に手にはいるので

うまく活用しましょう。

 

【以下の記事もオススメです】

太りやすいものと太りにくいお酒の種類をまとめてみた

知っておくと便利!お酒を酔わない飲み方や種類とは?

デートに使うのにもおすすめ!おしゃれな東京のラーメン屋6選


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ