安定なイメージの公務員に転職するメリットとデメリットとは?

tie-349439_640

就職して数年経つと

働き方の根本の見直しについて

 

考えてみたことがある方も

いるのではないでしょうか。

 

他の一般企業へ転職ではなく

「公務員」

になるいう選択肢もあります。

 

公務員といったら

やはり「安定」という

イメージが強いですが

 

もちろんそれ以外の

メリットとデメリットもあります。

 

そこで今回は

もしも公務員に転職ができた際の

メリットとデメリットについて

まとめてみました。

 

メリット1:首になりにくい!  

 

これはやはり

公務員のメリットの

鉄板とはいえますが

 

公務員は

よっぽどの事がない限り

 

その意に反して

解雇されることがないという

権利が法で保障されてます。

 

また、基本はノルマもなく

競争原理が働いていない世界ですから、

 

業績が悪い企業と違って

積極的に解雇するような

風潮もありません。

 

 

メリット2:給料が高い!

 

これはちょっと

意外と思った人も

多いのではないでしょうか。

 

 

・地方公務員の平均年収は

728万円

 

・国家公務員の平均年収は

628万円

 

 

それに対して

 

・上場企業サラリーマンの平均年収は

576万円

 

・サラリーマン全体の平均年収は

439万円

 

 

今まで公務員に

「安定」

というイメージはありましたが

 

「稼げる」

仕事でもあったのですね。

 

人は

印象で物事を捉えてしまうことが多いですよね。

 

まさにこういうことをいうのですね。

 

 

メリット3:クリーンな仕事ができる! 

 

民間は企業は

儲け至上主義であり、

 

全て会社が

そうとはいいませんが

 

儲けのためなら

自分の信義に反する

 

キタナイこと、面白くないこと

をしなければなりません。

 

これに対して

公務は、

儲け至上主義ではありません。

 

税金という

安定した収入源があるため、

競争原理もあまり働きません。

 

仕事のために

道義に反するようなまねを

することはあまりありません。

 

事実として、民間企業を退社し、

公務員になる人は多いですが、

 

その逆は少ないです。

公務員の離職率は非常に低いのです。

 

そんな公務員ですが

メリットばかりではなく、

勿論デメリットもあります。

 

下記からは

デメリットについて紹介します。

 

デメリット1:収入の変化

 

企業で仕事をしている場合、

頑張ると収入がアップする事があります。

 

しかし、残念ですが

公務員は頑張ったとしても、

 

それがすぐに給料に直結して

高収入になるわけではありません。

 

確かに収入は良い仕事もありますが、

仕事をしている時間の割には

収入が少ない場合も結構あるのです。

 

確かに安定と言うのは折り紙つきですが、

不況になれば

給与カットとなる事は少なくありません。

 

また、企業の様に

景気が良くなると

給料がすぐにアップするわけではなく、

 

下がったところから

じわじわと

アップして行くのが一般的です。

 

その為、

周りの人が思っている程

収入は期待できない場合もあります。

 

 

デメリット2:責任の捌け口

 

どうしても「公務員」

というだけで

文句を言われてしまうという事です。

 

その内容に対して

自分は全く関係ない仕事をしているとしても、

 

公務員と一括りにされてしまい、

結局文句を言われてしまう可能性は

否定できません。

 

勿論、自分がそれに関係している場合は

ある意味自業自得と言えますが、

 

全く関係ないのに

文句を言われてしまうのは、

結構理不尽さを感じる事もあります。

 

 

デメリット3:責任の重大さ

 

「良い事をしていて当たり前」

だという事です。

 

勿論、社会人とし

て最低限の事をしている必要はあります。

 

しかし、

それは企業に勤める人も公務員同じ事です。

 

とは言っても

公務員の場合はしっかりと働いて当たり前

というのが大前提としてあるので、

 

何かちょっとしたミスをするだけでも

かなり叩かれる事が少なくありません。

 

また、事故等を起こしてしまった場合も、

 

実は民間企業に勤めている人より

も大きく取り上げられてしまう事もあるのです。

 

結構新聞等を見てると、

それが良く分かります。

 

まさに立場が違うだけで

一般の人からの

見方が全然変わってくるのですね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

公務員は確かに安定している仕事なので

人気がありますが、

 

実はデメリットも

様々抱えている仕事なのです。

 

従って、実際にその仕事に就きたい、

その立場で働きたいと思う人は、

 

このように扱われてしまう可能性がある

という事を

よく理解しておくことが必要なんですね。

 

どんな仕事でもそうですが

公務員でも

ちゃんと自分が仕事において

 

何を得たいのかということを

しっかりと持っておくことが

大切といえるでしょう。

 

【以下の記事もオススメです】

一度は憧れる外資系企業に転職するメリットとデメリットとは?

転職する際に覚えておきたい!円満退職する方法とは?

会社に行きたくない人必見!月曜日の憂鬱感の対策方法5選

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ