クリスマスプレゼントで彼女をうっとりさせるサプライズな渡し方

スクリーンショット 2014-10-21 0.41.51

何か月も前から考えて、

ようやく準備した彼女へのクリスマスプレゼント。

せっかくだから、気合いを入れて特別な演出をしたいですよね。

 

そこでオススメなのがサプライズ演出なのですが、

渡し方に少し工夫をするだけで、

いつもの3倍から4倍くらい喜んでもらえるようになります。

 

特別な日や、マンネリな状況を打破するためにも、

彼女があっと驚くようなサプライズ演出を考えてみませんか?

 


 

 

サプライズをする時に重要なのは、

「いつもと違う非日常感」と、

「油断しているところを攻める」という2つのポイントです。

 

この2点をおさえておくことで、彼女をビックリさせられること間違いなし。

 

高いものを買うというのも一つのサプライズですが、

いつもと違う渡し方をするだけで、

そのプレゼントの価値が数倍にも跳ね上がります。

 

ここでは、実際にサプライズ演出をされた女性の体験談をもとに、

誰でも簡単にできそうな演出方法についてご紹介しています。

 

■いつもは不器用な彼が…

 

「口下手で無口な彼が、クリスマスにプレゼントをくれました。

プレゼントの中身は、以前彼と一緒にいったお店で、

私が食い入るように見つめていたブレスレット。

値段の問題で諦めていたのですが、まさか彼からもらえるなんて…」と感動。

 

しかも、その時に改めて私への気持ちを言葉にして伝えてくれたのです。

プレゼントよりも、その言葉の方が嬉しかったかもしれません。

「今でも思い出しては、喜びに浸っています」(20代女性)

 

いつもは絶対に言わないセリフを彼氏が言ってくれるというだけで、

女性にとってはこれ以上ないサプライズとなります。

プレゼントを渡す時は、

いつも彼女から言ってほしいと

おねだりされている言葉を伝えてあげるといいですね。

いつもはしないことを叶えてあげるというのは、

もっとも簡単なサプライズ方法です。

 


 

 

■普通と見せかけて

 

「毎年、クリスマスには決まって花束をプレゼントしてくれる彼。

定番になってきたので、正直言って気付かないフリをするのも一苦労でした。

その年もいつも通り花束をプレゼントしてくれたのですが、

よく見ると花びらに「Will you marry me?」の文字。

やってくれるな!と思いました」(30代女性)

 

いつもと同じように見せかけて、

実はサプライズ演出だった…というパターンもあります。

 

これは何年もかけて下地を準備する必要がありますが、

時間をかけた壮大な演出といえそうです。

 

すぐには実行できないのがネックですが、

数年前からこの演出を考えていてくれたのかと思うと、

彼女の感動もひとしおでしょう。

 

 

花束に希望のメッセージをプリントしてくれるサービスもありますので、

興味がある方はぜひ利用してみてください。

 

■困った時はプロの演出

 

いいアイディアが浮かんでも、

それを実現するのが難しい時がありますよね。

例えば、テレビで見かけるような、

エキストラを使用したサプライズ演出。

 

しかし「自分にはムリだ」と諦めるのはまだ早いです。

どうしても!という時には、

サプライズ演出をお手伝いしてくれるプロの業者さんがいます。

 

リムジンの手配、ヘリコプターの手配、打ち上げ花火の用意など、

一人では実現するのが難しいプランもプロに頼めばお手のもの。

 

誕生日や記念日などに、盛大な演出がしたい時は、

プロのサプライズ屋さんにサポートをしてもらいましょう。

 

なお、ゴスペルシンガーを呼べるサービスもありますので、

思い出の曲をプレゼントするというのも素敵なサプライズになるでしょう。

 

■おわりに

 

いかがでしたか?

どれもこれも、簡単に真似できそうな演出方法ばかりでしたよね。

サプライズは自分で考えて実行することもできますが、

特別な日にはプロに頼んでお手伝いをしてもらうことも可能です。

 

愛しい人との聖なる夜を思い出に残る日にするために、

彼女をビックリさせるような素敵な渡し方を考えてみてくださいね。

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ