幼稚園と保育園の先生の違いとは?仕事内容や給料の違いについて

b2376f5af4215078147f30758698ac9b_s

幼稚園と保育園の先生って

どう違うんだ

 

と違いがあまりわかっていない人も

いるのではないでしょうか。

 

実は仕組みや

勤務体系などいろいろと違うのです。

 

今回は

幼稚園や保育園の先生の違いを

仕事内容や給料面の違いといった点から

まとめてみました。

 

 

免許での違い

 

幼稚園教諭と保育士は

同じと思われがちですが

 

同じ、子どもを預かると

いう仕事ではありますが全く違うものなのです。

 

まず幼稚園は

文部科学省の管轄になり、

一つの「学校」という分類になります。

 

その為、免許でも

「幼稚園教諭免許」というように

「教諭」になります。

 

幼稚園で勤務するには

この「幼稚園教諭免許」

を取得する必要があります。

 

一方

厚生労働省の管轄になるのが保育園です。

 

保育園では

子どもを日中に保育できない

難しい保護者が子どもを預けるところです。

 

保育士は

保護者の代わりに

日常生活の援助をしたり、保育を行います。

 

幼稚園教諭も、保育士も

免許を取得するには、

 

養成課程のある

通信教育や学校に通う必要があります。

 

専門学校・四年制大学・短期大学では

希望することで

 

保育士・幼稚園教諭の2種類の免許を

卒業と同時に取得する事が出来ます。

 

通信教育でも

ちゃんと実習を行います。

 

 

仕事面の違い

 

仕事面でも違いはあります。

 

幼稚園教諭は

一つの学校の先生となります。

 

生活する上での

知識、指導、教育などを

教えていくことが

大きな役割となっています。

 

子どもを預かるのは

平均して4~5時間ほどになります。

 

その後

延長保育を行っている幼稚園は

7時ごろまで預かります。

 

一方、保育園は

保護者の代わりとなり、

生活の援助をします。

 

排泄・食事などの

基本的生活習慣を

 

子どもが

身に付けられるようにすることが

大きな役割です。

 

預かる時間は

最長で12時間ほどです。

 

ニーズに答えて、

深夜保育園も増加傾向にあります。

 

子どもとのかかわり方や

遊びの内容などにそれほど差はないですが、

 

幼稚園が

「教育」を主な目的としているのに対し、

 

保育園は

「保育」を目的とするという違いがあります。

 

しかし、子どもが成長するように

日々努力するということは同じであり、

 

子どもが好きであれば、

どちらを選んだとしても、

毎日がとても充実する仕事になりそうですね。

 

 

幼稚園の給与

 

幼稚園は

公立か私立かによってずいぶん違いますが、

 

地域差や年齢によっても

かなり違うと言われています。

 

幼稚園教諭の初任給は

13万~15万が

一般的と言われていて

 

中には10万に届かず

手当てを入れて

やっと10万を越えた

なんてケースもあるようです。

 

公立は

教職員の給与体系で

手当ても色々とつく傾向にあります。

 

しかしながら

自治体によって給与は

差がかなりあると言われています。

 

園児が多いマンモス園は

給与が高い傾向があります。

 

年金は、厚生年金ではなく

私立学校共済組合に属します。

 

掛け金は高いですが、

内容が充実していて

 

25年以上勤務すると

年金の面ではかなりの優遇になりそうです。

 

 

保育士の給与

 

保育士も

公立と私立の差があるとは思いますが、

 

幼稚園より

高いのではないかと思います。

 

しかしながら

園児を預かる時間が長い分

体力的にはきついような気がします。

 

休みもローテーションを組むので

好きな日を

選べないところもあるようです。

 

また、公立にしても、

福祉関係ですと給与形態が低いようです。

 

町によっては園長でも

役場での階級は

 

課長補佐の待遇くらい

なんてケースもあるようです。

 

また、保育所は

私立より公立が多く見受けられますが、

 

正規の保育士が少なく

嘱託の職員が

大半を占めているところもあります。

 

一般企業でも

正社員が少なくなり

 

派遣社員が多くなるのと

傾向と同様に

 

保育園も

同じようになってきています。

 

 

まとめ

 

現在は

幼稚園と保育園の様子は、

より近づいてきています。

 

保育園に

高い教育内容を求める保護者もいます。

 

幼稚園の先生と保育士は

どちらが大変かといわれると、

 

どちらにも

それぞれの大変さがあると思います。

 

共働き夫婦が

増加しつつある日本では

 

両者とも

益々必要とされる仕事であることは

間違いないでしょう。

 

【以下の記事もオススメです】

2014!ハロウィンで子供に着せたい人気の衣装【定番編】

休日に子供と一緒に過ごしたい東京のお出かけスポット5選

谷原章介の新たな芸能界でのポジションはビッグダディキャラ!?

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ