お正月におせち料理を食べる由来とその意味を知っておきたいよね

b708699536a2f60a17a6f11d615a576c_s

 

 

お正月の定番のおせち料理は

新年を象徴する日本ならではの

伝統的な食べ物ですよね。

 

そんな、おせち料理、

なんとなくは知っているものの

おせちの意味を深くは考えたことが

ある方はなかなかいないと思います。

 

今回はそんなおせち料理の意味や

おせちに関する色々な情報をまとめてみました。

 


 

 

おせち料理の由来

 

おせちとは正月に食べるお祝いの料理です。

漢字では「御節料理」と書きます。

 

単に「おせち」ともいい

「おせち」とは本来、

暦上の節句(節供)のことを指します。

 

その節句に作られる料理を

おせち料理と呼んだのですが、

現在では節句の一番目にあたる

正月の料理を表す言葉として使われています。

 

漢字で書くとなんだか雰囲気が違って

別の料理にも感じますね。

 

それぞれのおせち料理の意味

 

なんとなく知っている方もいると思いますが

おせち料理の意味をご紹介します。

 

・海老→長寿

・鯛→メデタイ

・昆布→よろこぶ

・紅白かまぼこ→新しい門出。紅は魔除け、白は清浄

・伊達巻き→学問の成就

・栗きんとん→豊かな年になるように。富を得る縁起物

・里芋→子宝

・なます→平和と平安を願う

 

意味を改めて知ると

自分の得たいものばっか

食べてしまいそうですね。

 

こうやってみると受験生は

伊達巻きを多めに食べた方がよさそうですね。

 

おせち料理は元々大晦日に食べるものだった?

 

世間一般的に

「おせち料理は正月三が日に食べるもの」

というものですが本来おせち料理は

大晦日の夜に「年迎え料理」

として食べていたものだったのです。

 

元々おせち料理は

大晦日の夜から元旦にかけて食べる料理で

立春の前日である節分の日の

豆や恵方巻きを食べるのと

考え方は同じだったのです。

 

それから時代は移り変わって、

おせち料理は重箱に詰められ、

お正月に来客をもてなす料理となりました。

 

その為大晦日は年越しそばを食べるのが

主流になったようです。

 

当時の人たちがタイムスリップして

現代の正月三が日に食べている光景を見たら

いいリアクションをしてくれそうですね。

 

今でも大晦日におせちを食べる地域がある!

 

上記で元々おせち料理は

大晦日の夜から元旦にかけて食べる料理

の話をしましたが

現在でも一部の地域では

「年取り料理」として、

大晦日からおせちを食べる地域があります。

 

大晦日におせちを食べる地域として

知られているのが北海道や東北地方の地域です。

 

長野、新潟の一部地域でも

大晦日からおせちを食べ始めるようです。

 

おせち料理が正月料理と

言われるようになったのは、

江戸時代になってからとのことみたいです。

 


 

 

北海道、東北で大晦日におせちを食べる訳

 

北海道におせち料理が伝わったのは、

江戸後期から明治時代に行なわれた

北海道開拓の歴史と大きく関係します。

 

おせち料理が東北地方へと伝わった後、

北海道開拓の際に携わっていたのが

松前藩や仙台藩、斗南藩などの

東北地方の藩が多かったので

大晦日におせち料理を食べる風習が

そのまま北海道にも伝わりました。

 

江戸(東京)ではいつの間にか

年迎えの料理が

おせち料理から年越しそばへ

と取って替わりましたが

つまり東北地方や北海道では

江戸時代の風習が

今もなお根付いているということなんです。

 

東北地方や北海道地方の人の中には

このようなことから

東京など都会に上京した際に

大晦日におせち料理を食べないことに

ギャップを感じる方も多いようです。

 

名脇役カマボコ作りには国家資格が必要

 

おせちでカマボコといえば

目立たない名脇役という感じですよね。

 

そんな、かまぼこなど

水産練り製品の製造するには

「水産練り製品製造技能士」

という資格が必要なんですが

「水産練り製品製造技能士」は、

かまぼこなど水産練り製品の製造に関して

知識と技術を持っていることを証明する

国家資格なのです。

 

学科試験では板付きかまぼこが

製造されている地域を尋ねる問題や、

漁獲した後、どのタイミングで

魚を凍結するのがよいのかを

問うものなど幅広く出題されるようです。

 

蒲鉾作りの第一級技能士は

国家資格で取得するには

何十年もの熟練した技が必要なんです。

 

職業能力開発促進法により、

資格を有していない人が

製造技能士として

職務することは禁じられています。

 

かまぼこって、

ここまでスゴイ人が作っているのですね

おせちでは脇役のくせになんだかスゴイですね。

 

おせちの定番、黒豆はむくみ、冷え性、便秘解消にも効果的

 

おせち料理に欠かせない黒豆。

黒豆に含まれる、カリウムは

過剰なナトリウムを排出して、

むくみを解消する働きがあります。

 

他にも

・耳鳴り改善効果

・不眠改善効果

・便秘予防効果

・冷え症予防効果

・夜間頻尿改善

・関節痛予防効果

などがあることで知られています。

 

また黒豆の食物繊維は

胃に長く留まるため、

満腹感を持続させ、食欲を抑制してくれます。

同時に、便秘解消やデトックス効果もあります。

 

黒目にここまでの効果があるって

ちょっと意外じゃないですか

まさにお年玉のような効果ですね。

 

まとめ

 

お正月に何気なく食べているおせち料理にも

このように色々な秘密が隠されていたのですね。

 

思わず話したくなってしまった人も

いるのではないでしょうか。

 

年末年始の時期はおせち料理の話題も

日常で出てくると思うので

おせちに詳しいと

あなたのまわりの人たちから

もしかしたら知的に見えるかもしれませんね。

 

【以下の記事もオススメです】

2015年のお年玉の相場って幾らなの?気になる金額を大調査

コレは面白い!世界の変わったお正月【おすすめ海外旅行編】

恋愛運アップする東京の神社はココ!おすすめパワースポット7選

 

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ