沖縄へ移住生活する際のメリットとデメリットをまとめてみた

48b203384890a443aa8db121124db4f2_s

都会のオフィスで

毎日慌しい日々を過ごしていると

 

沖縄のように

きれいな海に憧れて

穏やかな時間を過ごす

ライフスタイルに

 

沖縄へ旅行をした最中や

すでに行ったことがある方のなかには

 

「いつかは移住したい」

と考えたことがある方も

いるのではないのでしょうか

 

夏場も日によっては

東京よりも涼しい日があったり

 

冬は当然のように

10℃を切る事はないので

 

一年中住んでいても

そこまで困るイメージがあまりない

素敵な場所ですよね。

 

それだけ素晴らしい場所で

ありながらも

 

あまり移住して生活している方を

なかなか聞かないものなのでしょうか。

 

今回は

沖縄へ移住生活する際の

メリットとデメリットをまとめてみました。


メリット1:時間のながれがゆったりしている

 

沖縄へ観光へ行ったことのある方は

イメージがつきやすいと思いますが

 

都会のように

あまり時間に追われるイメージもなく

のんびりと暮らせるのが特徴です。

 

日々締め切りに

追われている生活をしている人からすると

憧れるライフスタイルですよね。

 

 

メリット2:冬でも暖かい

 

沖縄の冬は

寒くないという言い方は

できないかもしれないですが

まず10℃を切ることは少ないです。

 

特に寒いのが嫌いな人は

沖縄での生活に憧れるものですよね。

 

しかも沖縄では

冬に桜が見れることもできて

 

本島よりも先に

春を感じられるというのも

メリットのひとつなんです。

 

 

メリット3:花粉症がない

 

花粉症の問題は

日本では年々悪化する一方ですよね。

 

花粉症の方は

花粉症がない沖縄に憧れたことも

あると思います。

 

永住とまでは行きませんが

春の時期だけ沖縄へ逃亡している

なんて方もたまに聞きますよね。

 

筆者の父も

「お金さえあれば

花粉症の時期だけ沖縄へ逃亡したい」

と毎年のように言っています。笑


メリット4:美人が多いイメージ

沖縄と聞くと

男性は「沖縄って美人多くていいな」とか、

 

女性からも

「沖縄の女の人の顔に憧れる」

なんて意見もありますよね。

 

さらに、芸能界でも多くの

沖縄出身の美女が活躍していて

 

美女とお付き合いや結婚できる

なんてイメージを膨らませてしまう

男性も多いかもしれないですね。笑

 

 

下記からは

デメリットを見ていきましょう

 

 

デメリット1:仕事が無い

 

沖縄は日本でもっとも失業率の高い県です。

失業率は常に全国平均の2倍です。

 

県内に仕事が無いので、

季節労働とか出稼ぎに出る人は多数います。

 

行政側も、企業を誘致したり、

ハローワークの機能強化などの

努力をおこなっていますが

追いつかないのが現状なのです。

 

 

デメリット2:給料が少ない

 

仕事が見つかっても、

もらえる給料はかなり少ないです。

 

沖縄では年収400万あれば、

良いほうなんていわれています。

 

以前の同じ職業についているのに、

給料は都会の1/3以下

なんてところもあるらしいです。

 

 

デメリット3:物価がそこまで安いわけではない

地方であることや

先程の給料が安いことから

物価が安そうなイメージがありますが

 

沖縄の物価は

決して安くないのです。

 

地価に関しては、

九州では福岡の次に高いそうです。

 

それに伴い、家賃も高いところは高いです。

水道光熱費も別に全然安くなく

 

どちらかと言うと

年々上昇傾向にあるらしいです。

 

またはコンビニやスーパーなどで買うものは

日本中同じですので、

当然安いはずはありません。

 

ただ、物価指数とかを見ると、

東京や大阪はいつも当然のように高い順位なのに対して、

沖縄はいつも下にあります。

 

なので安いと思われがちなのですが、

家電製品などは競争が低いのあって、

安くありません。

 

本土からの移住者のうち、

9割以上は

「思っていたより物価は安くなかった」

と思ったようです。

 

これから移住を考えている方は

是非この点は賃金が安いのもあるので

真剣に考えた方がいいでしょう。

 

【以下の記事もオススメです】

冬場の旅行は安い沖縄で決定!おすすめの時期とスポットは?

今年の夏は国内で決まり!カップルで行く旅行にオススメの場所

引越しの挨拶に送るギフトの相場はどれぐらいが適切なの?


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ