【顔写真あり】長島久実子が栃木県佐野市立山形小学校の犯人? 母親で中学教師がママ友を?教育委が敵だった! 

<長島久実子が栃木県佐野市立山小学校の犯人?母親で中学教師がママ友を?
味方である教育委がグルで敵だった!>

栃木県の佐野市立山小学校で、ママ友二人をい○めた犯人の主犯格が、
中学教師で生徒の母親でもある長島久実子教諭であると判明したようです。

長島久実子教諭は栃木県佐野市北中学校で、
担当教科は美術だそうです。

長島久実子教諭の旦那さんも同じく教育者とのこと。

佐野市内の別の小学校の教師だそうです。

小学五年生と中学二年生の子供さんがいるようです。

長島久実子教諭のFacebookがあったようで、
今は削除されて見ることができませんが、

鼻毛が出ていたということで
鼻毛というアダ名がネット上で
噂されたようです。ヤフーの検索項目でも
「長島久実子 鼻毛」と候補にあります。

 

被害者であるママ友二人は、
当時LINE上で悪口をかかれるなどの嫌がらせを
長島久実子教諭らから受けていて悩んでいたことを周囲に打ち明けていたそうです。

なおこのママ友二人は仲がよかったそうです。

佐野市教育委は、ママ友同士の間でい○めがあったかどうか、
調査に踏み切りましたが、

なんと信じられないことに
い○めの事実はないという結論を下しました。

また地方の新聞ではほとんど取り上げられることがなく、
逆に全国紙で取り上げられ、テレビでも全国放送されたことで世間の注目が集まりました。

これには佐野市教育委事実を隠蔽しようとしているのではないか、
ママ友をい○めた加害者の中に関係者がいるのではないか、と囁かれてた所に

長島久実子教諭が、ママ友の主犯格と
判明したんですね。

 

こちらが長島久実子教諭

スクリーンショット 2015-09-27 10.57.54
スクリーンショット 2015-09-27 10.58.06

教育委としては、教師である長島久実子教諭が
ママ友い○めに関わっていたことが

まずいのでしょう。何としてでも明るみに
出してはならないと隠蔽に走ったわけですが、

全国放送されたことで返って、注目され
世間から叩かれる結果となりました。

栃木県佐野市立立山小学校は
児童数が74人と、一学年
が10人前後しかいない小規模の
学校です。

 

当然、子供の親同士もごく限られた狭い人間関係
であったと想像できます。

普通であれば、子供がい○めのあったら担任や校長、
更に教育委に話を持ちかけて解決してもらうのですが、

い○めをしていた子供の母親が中学の教師
長島久実子教諭であったために、

本来味方になってくれるであろう、教師が敵だったわけです。

教育委も隠蔽することにやっきになりグルとなっていました。

誰も味方になってくれない。あてに出来ない。
ママ友二人は本当に辛かったであろうとことを思うと不憫で仕方ありません。

教育者の子供のい○めからはじまり
その教育者がい○めをしていた。

長島久実子教諭らは
本当にどうしようもないと思います。

い○めを解決する役割を持っている教師が
い○めをするとは・・。

子供に教育をする資格がないです。
今すぐ教師をやめるべきですね。

子供は親のやっていることをよく見ているものです。そして親の真似をします。

こんな親だから、子供の同じことをしたのではないでしょうか。
こんな親の元で育ってある意味子供も被害者と言えるかもしれません。

大人の、しかも教育者がこんなことをしているようでは子供のい○めが
(完全になくなることはないでしょうが)減らないはずです。

 

ママ友のい○めが原因で、子供同士でもい○めが起こるというケースが多いんですが。

この件では、子供のい○めからママ友同士のい○めが始まるという逆のケースでした。

世間ではママ友のボス的存在は、
プライドが非常に高く、仕切りたがりで
社交的な人間が多いそうです。

ママ友ボスは少しでも自分の立場を脅かすような異分子とみなしたママを、
あらゆる手段を用いて

貶めようとするそうです。
このようなママ友ボスに対しては

でしゃばり過ぎて目立つことはしない、
誰かの悪口を言わないなど

世の中のママさん達は苦労して対策をたて
目をつけられないようにしているそうです。

また、万一目をつけられターゲットにされてしまった場合は、

ママ友ボスらのグループと距離を置き
違うグループを探して属することがいいみたいなんですが、

佐野市立立山小学校の場合は、ごく閉じられた狭い
人間関係しかなかったと思うので、そうすることが難しかったのではないでしょうか。

ではママ友二人はどうすればよかったんでしょうか。
味方である教師や教育委が敵である状態。

別の記事でも書きましたが、
各自治体に存在する「い○め相談窓口」
に相談したり、警察に通報するしかなかったのではないかと思います。

 

警察は子供のい○めが暴行レベルでない場合は難しいかもしません・・。

LINEの悪口について、弁護士をつけて
民事訴訟で訴えるという方法もあったのではないでしょうか。お金もかかるし、

相手に、ママ友について悪口を書いたわけではない、
違う人物だと逃げられる可能性もありますが・・。

難しいですね。

被害者側からの解決策も大事ですが、
何よりもまず教育委、学校の隠蔽体質をまず

どうにかすることが先決だと思いますね。

http://akinoyuuki.blog.so-net.ne.jp/2015-07-15


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ