永井大 大物俳優のドケチぶり暴露 食事して請求された金額は…

俳優の永井大(37)が23日、カンテレのバラエティー番組「快傑 えみちゃんねる」(金曜、後7時~)に出演し、とある「大物俳優のドケチぶり」を告白した。聞いていたMCの上沼恵美子はピンときたようで名前を漏らしたが、放送では伏せられた。

永井は数年前のこととして、「ドラマの撮影を京都でしていたんです」と話し始めた。その時、「ある大先輩の役者」が、「みんなでご飯食べに行こうか」と声を掛け、永井と共演女優と“大先輩”と3人で出かけたという。

店では“大先輩”は「好きなものを食べなさい」と大物らしくすすめたという。永井が「オススメがあればお任せします」と遠慮すると、小鉢料理が2つ出てきた。永井は“大先輩”から「いい焼酎があるんだよ」とすすめられて2杯飲んだ。女優はウーロン茶を1杯飲み、マネジャーとして付いていた母親もウーロン茶を1杯飲んだという。

約30分後、帰る段になって“大先輩”が「お会計を」と店員に声をかけた。永井は「おごってもらうというのは当たり前じゃないですけど、すごく大先輩だったので、心の中では『すみません!ごちそうさまです』とお礼を言う準備をしていた」と振り返った。

するとその大先輩は「えーっと、1人、5000円もらっていいかな」と請求してきたという。ここでほかの共演者が「ええっ!小鉢2つと焼酎2杯で」と驚きの声が上がった。女優の母親は「現場から直接来たのでいま手持ちがないんです」と言うと「いいよ、貸しておいてあげる」と、おごろうとはしなかった。

共演者から「だれそれ?」と声が上がり、永井は「すごい有名な方です」と述べた。結局、女優のぶんも永井が払ったという。ここで上沼が名前を言ったが放送では伏せられた。驚く周囲に上沼は「いいのよ、あたしが言ったんだから」とベテランらしく強気に述べた。続けて上沼は「やっぱり気性やと思います。太っ腹じゃないんです」と、その俳優を評し、「ちょっとパッとせえへんやんか。役者として」とも語った。

引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000084-dal-ent


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ