朝の起きた時に体がだるいと感じる原因と対策方法とは?

497736998_7b692c5a3f_z

毎朝覚めるのが辛かったり

目覚ましをかけても起きれない

という方もいるのではないでしょうか?

 

多くの人が

そうだから諦める人も多いとは思いますが、

 

実はしっかりと対策すれば

朝のだるさや眠さは

解消することができるものなのです。

 

今回は朝の起きた時に

体がだるいと感じる原因と対策方法

についてまとめてみました。

 

原因①:睡眠時間が短かずぎるor長すぎる

 

睡眠時間が少なすぎる

というのは言われなくても

という感じですよね。

 

かといって

逆に睡眠時間が

多すぎるというのも

 

実は科学的にも

脳に悪影響を

与えることが証明されています。

 

睡眠時間が短すぎる人よりも

長すぎる人の方が死亡率が高い

という研究結果もあるようです。

 

体質にもよりますが

睡眠時間は

基本的に6時間が目安として一番良いです。

 

体が疲れきっている時は

長時間寝た方がいいようですが、

 

休日なんかは

ついつい睡眠時間を長くとりがちですが

 

そうでない場合は

気をつけるようにしましょう。

 

 

原因②:ストレス

 

ストレスも

やはり朝がだるいと感じる

原因のひとつです。

 

ただこのストレスに関しては

知っていても

どうすることもできない

という人も多いのが現実です。

 

できる限りの範囲で

ストレスを発散したり

原因を解消したりすることが大事です。

 

 

かとはいっても

睡眠時間やストレスに関しては

環境を変えることができない

 

という状況の方も

いるのではないのでしょうか。

 

下記からは少しでも

朝のだるさを抑える方法を

紹介していきます。

 

対策①:生活リズムを一定にする

 

まずは生活リズム

を一定にすることです。

 

ここでいう生活リズムとは

起床時間と就寝時間のことです。

 

最初はそんなに効果が出てこない

かもしれませんが

 

その生活を続けて

1ヶ月たったころには

だいぶ変わってきます。

 

学生時代の頃なんかは

ちゃんと一定のリズムで

過ごしていたのもあったので

 

そこまで

朝からだるさというものは

なかったともいえます。

 

大切なのは習慣化する

ということなのです。

 

 

対策②:背伸び運動をする

 

ベッドや布団で

目が覚めて一番最初に

背伸びをしましょう!

 

「手と足を誰かが引っぱている」

と想像して

う~んと伸びをしてください。

 

手先、足先は

ピンと伸ばして行ってください。

 

そのあと、手を丸めて、

足の指もつぼめて一旦、縮こまりましょう。

 

5秒ほどしたら、

先程と同じく背伸びをしてください。

 

これをを3セット行うと

体もほぐれて、動きやすくなります。

 

やはり朝から

体がなんだかスッキリした状態は

いいですよね。

 

 

対策③:起きて太陽の光を浴びる

 

昔は一軒家が多く、

「朝起きてカーテンや窓を開ける」

という習慣がありましたが、

 

これがマンションだと

窓を開けないことも

あるかとは思います。

 

しかし、

太陽の光を浴びることで

体のリズムを整えることにもつながります。

 

体内時計を

太陽の光を浴びることで

活動モードに切り替えてくれるのです。

 

 

対策④:コップ一杯の水を飲む

 

水は冷たすぎない

常温の水を飲みましょう。

 

寝ている間に

コップ1杯の汗をかいているといわれます。

 

体から水分が抜けているので

補給しましょう。

 

そのときにゆったりと

心地よくなれる音楽を流すと

気分も体も落ち着かせることができますよ。

 

 

対策⑤:シャワーを浴びる

 

少し熱めの温度でシャワーを

浴びるのも

朝スッキリする効果があります。

 

湯温は

41度くらいが最適を言われています。

 

寝ている間に

汗をかいていると

 

朝一番にその汗を流すと

気持ちが良いですよね。

 

肌の新陳代謝も促し、

さっぱりします。

 

また、少し温度を

上げることで交感神経を働かせます。

 

 

対策⑥:朝に楽しみを1つ作る

 

朝に何か楽しみを習慣づけることで

朝の憂鬱を吹き飛ばすという方法です。

 

「朝起きるのが辛い」

と思っている多くの人は

 

朝目覚めた時に

「会社に行かなくちゃいけない…」

と思い気が滅入るのではないでしょうか

 

ただ子供の頃は

遠足や運動会の日などを思い返すと

 

そこまで朝起きるのが

苦痛ではなかったのではありませんか?

 

むしろワクワクして

早起きしたなんて人も

いたのではないのでしょうか

 

ですので朝に何か楽しみを1つ作り

習慣化させることで

 

朝起きた時に

憂鬱感をなくすことができるのです!

 

例えば

朝から少しいいものを使って

おいしい朝食を食べる

なんていうのも

 

ひとつの

朝の楽しみをつくる方法のひとつです。

 

自分の趣味思考によって

朝から何か楽しみを

つくってみるといいでしょう。

 

【以下の記事もオススメです】

いつも忙しい人必見!短時間睡眠でもぐっすり寝れる方法とは?

睡眠の質を向上させる方法とは?寝る前にやっておきたい8個の事

寝不足は実は太る原因だった!?その理由をまとめてみた

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ