モラハラってどういう意味?カップルの恋愛で起こる特徴は? 

もらはら2出典:http://goo.gl/zDtkGx

 

ここ最近

「モラハラ」

という言葉を

 

誰でも一度は

聞いたことがあるのではないのでしょうか

 

ただ実際には

その意味を理解していなかったり

 

どういうシーンが

それに当たるか

ということがピンと来ない方も

いるのではないのでしょうか

 


 
 

モラル・ハラスメントって?

モラハラとは

モラル・ハラスメントの略で、

 

フランスの精神科医

マリー=フランス イルゴイエンヌによって、

よく知られるようになりました。

 

一般的には、

その言葉の通り精神的な暴力を意味しています。

 

外傷をともなう

肉体的な暴力とは違って、

 

言葉や態度によって

危害が加えられるため、

 

周囲からも、

そして当事者自身からも

 

それが暴力だとは

気づかれないことがあります。

 

モラル・ハラスメントは、

夫婦や恋人だけではなく、

 

学校や職場などの

人間関係でもおこります。

 

仕事のミスやテストの

成績などの結果に対して、

 

「ダメなヤツだ」「のろまだ」

と人格や能力を否定する言葉を投げかけたり、

嫌みを言ったり。

 

本人のコンプレックスや家族に対して非難したり。

 

ですので、

必ずしもモラル・ハラスメントは、

 

夫婦や恋人だけの

問題というわけではありませんが、

 

学校や職場の人間関係が

“他人”ということで抑制がきく反面、

 

夫婦や恋人の場合、

“身内”という意識も相まって、

 

エスカレート

しやすくなるということも考えられます。

http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/02/moral/

恋愛での言葉と思いましたが

色々なシーンで

使われている言葉なんですね

 

確かに

言葉の暴力は

 

身体に直接ダメージを

与えないがゆえに

 

言ってしまってる方は

加害者になっているのが

わかりにくいものですね。

 


 
 

パートナーの場合はどんな感じで起こる?

たとえば、でかける準備に

時間がかかるパートナーに対して

 

「のろまだ。なんで早く準備しないんだ」

という言葉を投げかけても、

 

ありきたりな会話として

とらえられてしまいますよね。

 

ですが、

これだってモラル・ハラスメントなんです。

 

エスカレートしやすくなるといいましたが、

加えていうならば

マインドコントロール

されてしまうのかもしれません。

 

「のろまだ。なんで早く準備しないんだ」

といわれ続けることによって、

 

被害者は

「私が彼に迷惑をかけている」と、

 

被害者なのにもかかわらず、

被害者としての

意識を感じさせないんです。

 

そして、

「彼が厳しいことを言うのは、私のためをおもって」とか、

「そんなダメな私を彼は受け入れてくれている」

などと被害者が感じてしまうことで、

 

モラル・ハラスメントの加害者から

抜け出られなくなるんです。

 

これはいってみれば、

ドメスティック・バイオレンス

と同じ構造なんです。

http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/02/moral/

ドメスティック・バイオレンス

と聞くとなんだか

怖い気がしますが

 

それが言葉だけでも

同じようになってしまうものなんですね

 

恋人に対しても

言葉をひとつひとつ

選んでいかないといけない

世の中になってしまったのですね。

 

自意識過剰な人はキケン!?

では、夫婦や恋人など

愛しているはずのパートナーに対して、

 

どうしてモラル・ハラスメントを

してしまうひとがいるのでしょうか。

 

マリー=フランス・イルゴイエンヌによれば、

“自己愛的な変質者”

にモラル・ハラスメントの傾向があるといいます。

 

つまり、

自分は優れていて

素晴らしく特別で偉大な存在だ

 

と強く思う人に、

その傾向があるというんです。

 

つまり、自分が絶対的に正しい

という意識が、

 

パートナーの行動の

ささいな失敗を許せず、

 

批判や非難に

つながり相手を傷つけるんです。

 

当然、自分に相手を

傷つけている意識がないため

罪悪感はありません。

 

むしろ、パートナーに

迷惑をかけられている

という被害者意識があるんです。

 

この被害者意識は、

非常に大きな問題です。

 

というのもモラル・ハラスメントの加害者に

加害者としての意識がないため、

改善ができないからなんです。

 

自分がモラル・ハラスメントの

加害者もしくは被害者としての意識があれば、

その関係から抜け出すことは可能でしょう。

 

ですが、一般的にいえば、

加害者にも被害者にもその意識がありません。

 

周囲の友人や家族が

変だなとおもって気づいてあげたり、

 

その関係から抜け出すよう

支援してあげるということが必要になってきます。

http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/02/moral/

このように

モラハラは簡単に

治すことができないものなんですね

 

このことから

周囲の友人や家族が

変だなと思ったら

 

ちゃんと今の状況を

聞いてあげることは

とても大切なこととなりそうですね。

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ