【マッサン】シャーロット単身生活支えたのは泉ピン子。関係は?

2036444_201404160069696001397639404c

出典:http://goo.gl/yvKGW7

 

ドラマの内容も

終盤に差し掛かり

 

益々盛り上がりを見せている

NHKの朝ドラの「マッサン」で

 

ヒロインのシャーロットさんと

マッサンの母役を泉ピン子さん

との関係が注目されています。

 

 
 

シャーロットの姿にピン子も感心

NHK連続テレビ小説「マッサン」(月~土曜、午前8時)の

最後のスタジオ収録が19日

同大阪放送局で行われ、

 

櫻井賢チーフ・プロデューサーが

初の外国人ヒロインの

シャーロット・ケイト・フォックス(29)と、

日本のベテラン女優泉ピン子(67)の秘話を明かした。

 

シャーロットは母国の米国で

舞台を中心に女優活動をしていたものの

テレビ経験はあまりなかった。

 

ところが昨年3月

日本の代表的ドラマの朝ドラヒロインに決まり、発表された。

 

当初は日本語も話せず、

不安な本音を隠すこともなく

 

セリフ以前に、

日本語の発音を覚えるところから

ヒロインのレッスンは始まった。

 

それでも、昨年5月、収録スタート時には

櫻井氏によると「2週間分のセリフを丸暗記してきた」

 

努力家で、常に

「自分がセリフを覚えていないと、みんなに迷惑をかける」

と、自らを追い込んでいたという。

 

そんなシャーロットに、

共演仲間や仕事関係者に

高いプロ意識を求めるピン子は当初、

 

「声も小さいし、大丈夫?」と、

櫻井氏に不安を投げかけていた。

 

ところが数週間後、

ピン子とシャーロットが現場で一緒になると

 

懸命に日本のドラマになじもうとした

シャーロットの姿にピン子も感心。

 

「シャーロット、すごいじゃない。

1週間で、すごく変わったわよ」

と絶賛したという。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000090-nksports-ent

 

 

 

ピン子はシャーロットにとって「日本の母」

シャーロットは、

家族を母国の米国に残しての単身赴任。

 

ホームシックは

インターネットを通じての家族との会話で

乗り切ったというが、

 

現場では

“日本の母”泉が支えでもあった。

 

櫻井氏は

「もう、途中からシャーロットと、ピン子さんはラブラブで」

と苦笑。

 

というのも、ドラマの中では、

シャーロット演じるヒロインの夫、

マッサン(玉山鉄二)の母を泉が演じ

嫁としゅうとめの間柄。

 

泉は、戦前の日本にあって、

外国人嫁を受け入れられないしゅうとめの設定だった。

 

そんな2人の演技には、

櫻井氏も「途中からは、スタッフも収録を見ながら

(あうんの迫真演技で)泣いていた」と、明かした。

 

異国での

単身生活を乗り切ったヒロインを支えたのは、

母親代わりのピン子との絆だったようだ。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150219-00000090-nksports-ent

 

ドラマの撮影の裏には

こんな話があったのですね。

 

こういうことを知ると

はじめの方から録画をしてある人は

 

ドラマの前半の方を

改めて見てしまう人も

多そうな感じですね。

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ