2番目に好きな人の告白で付き合う?付き合わない?【男性心理】

image

出典:http://goo.gl/2Lsx8v

 

みなさんは2番目にいいなと思っていた方から、

告白をされた経験や他に好きな人がいる

と聞いていながらも想いを伝えたことはありますでしょうか。

 

2番目に好きな人に

告白された人の心理というものは

どのような状態になるか気になりますよね。

 

今回は男性が2番目に好きな人に告白された時に

付き合うかどうかというデータをご紹介します。

 

 


 

 

2番目に好きな人に告白されたら付き合う?

Q.2番目に「この子、いいな」

と思っていた女子に告白されたら付き合いますか?

「付き合う」……39.6%

「付き合わない」……60.4%

 

『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。

有効回答数101件(22歳~39歳の社会人男性)。

 

付き合わないという男性のほうが多いようですが、

付き合うと答えた男性も4割近くいるようです。

 

http://woman.mynavi.jp/article/150311-14/

 

 


 

 

2番目でも付き合う人の意見

■付き合い始めてから1番になるかもしれないから

 

・「とりあえず付き合ってみたら、

すごく惚れることもあるかもしれないから。

付き合わなきゃ相手のことをよく知れないから」

(32歳/ソフトウェア/技術職)

 

・「それも運命かもしれないし、

一番好きになるかもしれないから」

(32歳/学校・教育関連/専門職)

 

もともと嫌いな相手ではなく

「いいな」と思っていたのは確かなので、

とりあえず付き合ってみるという男性もいるようです。

 

実際に付き合ってみたら、

その人のいいところがわかってきて

いつの間にか1番になっている

ということもあり得そうですもんね。

 

 

■1番がダメなら2番目はあり

 

・「1番目が手の届かない存在なら、

2番目にいいと思ってた子でも十分うれしいから」

(30歳/情報・IT/技術職)

 

・「1番目の子にアタックしていなかったら、

OKしちゃうと思う。好印象どうしなんだから」

(27歳/自動車関連/技術職)

 

ちょっと後ろ向きな理由のような気もしますが、

1番目に好きな人が手の届かない存在なら

2番目でもOKという男性も。

 

1番でも2番でも好きな人には変わりないので、

それもありでしょうか。

 

http://woman.mynavi.jp/article/150311-14/

 

 

 

 

付き合うなら1番好きな人がいい

・「自分に素直でいたい。やはり1番目に好きな人と付き合う」

(32歳/機械・精密機器/技術職)

 

・「一番好きな人がいるなら付き合わない」

(29歳/食品・飲料/営業職)

 

・「妥協をしたくないから」

(28歳/建設・土木/事務系専門職)

 

いくら2番目に好きな人とはいえ、

もっと好きな人がいるなら

そちらと付き合いたいので告白されても断るようです。

 

自分の気持ちに正直でいたいという考え方は潔いですよね。

 

 

■相手に失礼だから

 

・「好きな人がいたら、

結局その人のことばかり考えてしまうから」

(32歳/小売店/事務系専門職)

 

・「相手に失礼だから」

(29歳/医療・福祉/専門職)

 

1番好きな人がいる状態でOKしてしまうのは、

相手に対して失礼

だと思うので付き合わない男性もいるようです。

 

付き合い始めてからも忘れられない人がいる

というのは確かに相手に対して失礼かもしれません。

 

好きな人が何人かいても、

やっぱり1番好きな人というのは忘れられないようですね。

 

付き合ってみて初めてわかる良さもあるので、

とりあえず付き合うという考え方もありますが

 

いつまでも1番の人を

引きずったまま付き合っているというのは、

お互いに辛くなりそうです。

 

http://woman.mynavi.jp/article/150311-14/

 

 

このように2番目に好きな人だと

付き合わない人というの方が多少多い傾向にあります。

 

ただし、付き合ってから気持ちが変わることも十分にあるので、

気持ちを伝えてみないとわからないのではないものでしょうか。

 

今気になる人との見込みが厳しい方もこの内容を知って、

もう少し頑張ってみようかなと思えた人も

少し増えてきたのではないのでしょうか。

 

 


 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ