スタンプは使わない?LINEでの3つの恋愛テクニック・男性編

imagesjijijiji

出典:http://goo.gl/S383bj

 

今や若者にとって

連絡をとるツールとして

 

LINEは

かかせないものになりましたよね

 

そんなLINEで

女性とやりとりする際に

 

モテる男性は

どんなテクニックを使っているか

気になるものでもありますよね

 

今回は

モテる男性の

LINEでの3つの恋愛テクニックを

紹介致します。

 


 
 

1.あえて、すぐに返信をしない

一見すると「え?」と思われたかもしれません。

 

よくある例として

「本当に好きであればすぐに返信する」と聞きます。
しかし、最近の草食男子は、

面倒な相手ほど適当な返信をすぐにするという傾向も。

 

相手を傷つけず、

でも最低限関わりたくないという

気持ちの時の返信はもはや「やっつけ仕事」。

 

本当に話が楽しければ

少し遅れても内容のある返信がきます。

 

いつも即レスの場合は、

内容を見た方がいいですね。

 

http://magazine.campus-web.jp/archives/86833

 

ラインだとメールの時よりも

返すスピードが

確かに早くなってるものですもんね

 


 
 

2.スタンプよりも顔文字を多用する

LINEの楽しみの一つに、

多種多様な可愛いスタンプがあります。

 

サイトを見れば

「モテるLINEのスタンプ」のような内容もよくあります。

 

しかし、男性は

スタンプはあえて避けたほうが無難。

 

スタンプの多用は

「これ他の女性にも?」な疑いをかけられたり

 

相手に合わせて

可愛いものを選んだつもりが

「なんか女々しくて気持ち悪い」と逆効果になったり。

 

むしろ、何気ない言葉の後ろに、

よく見かける笑顔の顔文字などのほうが

好感をもたれやすくなります。

 

「うれしい」と変換したら(*^。^*)、のように、

顔文字が気持ちの変換にもなっているからです。

 

http://magazine.campus-web.jp/archives/86833

 

いわれてみれば

確かにスタンプは

使いまくりだったりしますよね。

 

気をつけるようにしましょう!

 

 

3.長い文章や連投は避ける

好きだからこそ話をしたい、聞いてもらいたい。

これは女性だけでなく、男性でも同じです。

 

そんなときにやりがちなのが、

長い文章や過度の連投。

 

忙しい、疲れてるときなどにこれは重く感じます。

 

「ちょっとイヤなことがあったよ・・・」

のように短く送って

 

「どうしたの?」と返ってきたら

「上司に怒られてさぁ」など

 

短文で回数を重ねる方が気重にならずにすみます。

 

http://magazine.campus-web.jp/archives/86833

 

長文を送った方は

スッキリするかもしれませんが

 

送られて来た方は

結構ビックリしてしまうものですよね…

 

是非上記の方法を参考に

お目当ての女性との

LINEのやりとりをバッチリして

ゲットしちゃってくださいね

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ