左利きが天才と呼ばれる理由について色々と検証をしてみた 

obama

出典:http://goo.gl/ykvcfH

 
「左利きは天才」
なんて言われたりしていますが
実際のところどうなのでしょうか

 


 

 

世の中は右利きの世界でできているから

生物学的な根拠を
求めるのは難しいかもしれませんが、

左利きの人は
後天的に才能を鍛えられる要素がある

世の中にある道具の大半は
右利き向けに作られているので、

左利きだと必然的に
トレーニングの頻度が多くなる
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150122-00040177-r25

そういわれて見ると
駅の改札なんかは
右利き用にできているし

世の中のものは
右利きのものばっかで

左利きにはには
確かに不利な世界ですよね。

 


 

 

脳が関係しているから

そもそも指先というのは、
運動機能の面でも神経学の観点でも、
緻密極まりないものです。

そのため、手を使うという行為自体、
良い意味で脳に大きな負荷を強いています。

たとえば左利きの人が
右利き用の道具を使う際には、

“どう対応すべきか”
という思考や検証が発生します。

つまり、先天的に左利きの人は、
幼い頃から自然に
脳がトレーニングされてきたと考えられるでしょう
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150122-00040177-r25

やはり利き手によって
脳の使われ方が違うのですね

生活の習慣=トレーニング
ということになっているのですね

 

左利きに天才が多い理由は?

左利きに天才が多い
といわれる理由のひとつには

「右利きの人は
言語機能の優位半球が左脳にあり、
左利きの人は右脳にある」
という説が影響したと考えられる。

ただし、近年の研究によると、
左利きであっても、

およそ7割の人の言語機能中枢は
左脳にあることが判明しているそうだ。

そして、残り3割のうち約2割が右半球に、
1割が左右両方に
言語機能の中枢を持っているという。

また、幼少期から鍛錬された脳が、
常人とは違ったポテンシャルを発揮する…
というのはいかにもありそうな話だが、

文字を書いたりボールを投げたり
といった高度な作業を

“非・利き手”で行うことが、
心理的な問題につながりかねない
過度のストレスを
与えてしまう危険も指摘されている。

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150122-00040177-r25

結論としては

このようにまだ科学根拠的に
その謎は解明されないのですね。

まだまだ時間がかかりそうですが
早くその謎を知りたいものです。

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ