告白は定番の言葉でOK!成功の確率をあげる大事なポイントは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:http://goo.gl/pdjDdY

 

あなたは自分から告白をしたことがありますか?

 

年齢=恋人がいない

って人も隠しているだけで

実際には少なくはないものですので

 

告白ってどうしたらいいの?

といい歳の大人がわからないことがあるのが現状です。

 

実は告白の言葉は定番の言葉で十分で

今回はそのポイントを紹介します。

 

 


 

 

告白の言葉は定番のもので良い

そもそも告白の仕方として、

言葉の内容はあまり重要ではありません。

 

注意点があるとすれば、

あまり長々しく話さないようにということだけです。

 

ストレートで単刀直入に、

わかりやすい方が良いでしょう。

 

「ずっと前から好きでした」

「一目見たときから好きでした」

「好きです、付き合ってください」

など単純明快で簡単な言葉で大丈夫です。

 

とにかく一番大事なのは

しっかり相手の目を見つめて真剣な気持ちを伝えること。

 

肝心なのは好意を表明することで、

手段はそこまで気にしなくても大丈夫なのです。

 

http://howcollect.jp/article/10882

 

 


 

 

あえて考える時間を与える恋愛テクニック

人は自分が選択したことは

将来プラスに働くだろうと考える、

潜在的ポジティブ思考を備えています。

 

告白したときはあいまいな返事をしていた相手も、

時間の経過によって

プラスの感情が盛り上がって

 

結果的に付き合いをスタートさせよう

という決意に繋がるという訳です。

 

このテクニックは反射的に答えを求めるのではなく、

時間をかけて考えさせることに意味があります。

 

そのため、LINEや手紙などで

告白するというのはけっこう理にかなった手段と言えます。

 

http://howcollect.jp/article/10882

 

 

このように告白というのはシンプルにやった方が

成功する可能性が高いのですね。

 

普段から告白する勇気がない人にとっては

ハードルが低くなったのではないのでしょうか

 

 


 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ