風邪を予防するためにマスクで対策できてるの?その効果を検証

dd87af0644d5d2c6ae755a71c81ad0cd_s

 

寒くなってくると

風邪はどんどんと流行だしますよね。

 

かといって風邪はできればひきたくないもの。

 

そのためには

マスクを上手に使うことがとても効果的です。

 

予防としてマスクをつけている方は

多いとは思いますが

どうしてマスクをすることが予防につながるのか

ちゃんと理解はできていますか?

 


 

 

今回はそんな

冬場に風邪が多くなる理由と

その対策としてのマスクの使い方について

まとめてみました。

 

ウイルスは乾燥が大好き

 

風邪のウイルスは

200種類以上あるといわれますが、

ウイルスは乾燥が大好きなので

多くは冬場の低温乾燥の環境で

空気中の飛散量が増加します。

 

ウイルスやバクテリアは、

体に侵入しても健康なときは、

ウイルスやバクテリアを

簡単におさえつけることができます。

 

しかし、栄養状態が悪かったり

過労や睡眠不足、ストレスなどで

抵抗力が落ちていると

ウイルスに感染しやすくなるなります。

 

マスクを通して吸った空気は違う

 

マスクによる「風邪を予防する効果」は

つけていない時との具体的な違いとして

マスクを通して吸った空気は、

そうでない空気と比べて、

暖かく、湿っているいることです。

 

これはウイルスが付着した手で

口や鼻を触る機会を減らしたり、

吸った息に湿気を与え、

温度を上昇させる効果などもあります。

 

ウイルスは気温が高く、湿度が高い環境では

繁殖できないのでマスクは効果的なのです。

 

寝ているときは要注意

 

空気が乾燥すると

喉の粘膜が炎症を起こしやすくなり

ウイルスを防御する力が衰えます。

 

逆に風邪のウイルスは

乾燥すると活発に働きだします

 

人は眠っているとき、

モノを飲み込む動きをしないので、

喉が乾燥しやすくなる

という状態になっています。

そこでかぜの予防は睡眠中に行うのが効果的なのです。

 

乾燥せずに粘膜が潤っていると、

ウイルスは体内に付着できずに流されます。

 

粘膜の乾燥を防ぐだけで

免疫力は三倍になるという説もあります。

 

そんな寝ている時にも役にたつ

「濡れマスク」を紹介します!

 

乾燥から守る「濡れマスク」

 

「濡れマスク」は

市販の「濡れマスク」もありますが

普通のガーゼマスクでも

簡単に作ることができます。

 

マスクを水かお湯で濡らし、軽く絞る。

そして、マスクの上側を3分の1程度、

外側に折り返して完成です。

 

「ぬれマスク」の狙いは、

ノドや鼻の粘膜の乾燥を防ぐことです。

 

花粉や外気から喉を守りたい時や、

航空機、自動車の中やホテルなど

乾燥が気になる場所などで使うと

さらに効果的です。

 

薬は熱や咳などの風邪の症状を

一時的に楽にさせる為のものであって、

風邪の根本的治療にはなりません。

 

濡れマスクは人間が本来持っている免疫力を、

最大限に役立たせてくれる役割があります。

 

まさに乾燥を避けるのに

とてもいいアイテムですね!

 


 

 

寝ている時は効果絶大

 

「濡れマスク」は

就寝中の喉の乾燥を防ぎ、

免疫力の低下を防ぐので、

 

風邪の予防や初期の風邪が

酷くならないように抑える効果があります。

 

就寝中に喉を潤す効果は、

加湿器よりも濡れマスクの方が高いのです。

 

濡れマスクが効くのは、

鼻から湿った空気を吸入できるのと

口呼吸を防いでくれることです。

 

またマスクを折り返すことで、

寝ている時でも鼻を塞がないので

息苦しくありません。

 

風邪を悪化させない、感染させないために

 

風邪の時にマスクをしないのは、

マナー違反という声もあります。

 

マスクをすることで、

外に病原体が出にくくなるので

周囲への感染拡大を防ぐ事が出来ます。

 

風邪気味だからといって

仕事は休めないものですよね

 

かといってまわりにうつすのもよくないので

風邪っぽいと感じたら

しっかりとマスクをしましょう!

 

マスクを付けた後の捨て方は?

 

マスクに触れないように、

そのまま両耳のゴムひもを持ちます。

 

外出時に使用したマスクには、

ウイルスが付着している恐れもありますので、

 

家の中に入る前に

ビニール袋などに入れて密閉し、

捨ててください。

 

せっかく予防しても

意外と捨てる際が原因で

風邪になるなんてこともあります。

捨て方もしっかりと覚えておくと

役に立つでしょう。

 

まとめ

 

乾燥する冬場

できるなら誰しも風邪は引きたくないものです。

 

しかし気候をコントロールことはできません。

 

それなのでできることは

ちゃんと自分で対策をするということです。

 

冬場はクリスマスに年末年始、

バレンタインと何かとイベント満載で

楽しいことが多いですよね

 

そのために上記のマスクを使った方法で

しっかりと風邪を予防しましょう。

 

風邪やインフルエンザの対策には、

普段の食べ物からも対策できます。

それらをまとめた記事があるので、

そちらも是非ご覧になって下さい。

インフルエンザを予防してくれる食べ物を摂取してしっかり予防!

インフルエンザの検査を受ける時期はいつからがベストなのか?

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ