今すぐお金持ちになりたい人必見の方則【アンカリング効果】

財布

 

他人からは理解されない、自分だけのこだわり。

それをここでは「マイルール」と呼ぶことにしますが、

みなさんにはどんなマイルールがあるでしょうか。

 

・車が通っていなくても、信号は絶対に守る

・靴下は、右足から履く

・履歴書は、手書きと決めている

 

などなど。

 

 

人にはそれぞれ自分で決めた法則がありますが、

お金持ちが実践しているマイルールを真似すれば、

自分もお金持ちになれそうな気がしませんか?

 

「人の振り見て我が振り直せ」

ということわざがありますが、

あの言葉には「人の悪いところを見て、自分も改める」という意味だけでなく、

「人の良いところを見て、それを真似する」

という意味もあるのです。

 

つまり憧れている人の習慣を真似すれば、

自分もその人と同じようになれるという意味にも解釈できます。

 

そこで今回は、キャバ嬢に取材した情報をもとに、

【お金持ちの人たちが実践していたマイルール】

をいくつかまとめてご紹介します。

 

■お財布は絶対に革製の長財布

 

「お金持ちのお客さんが、

二つ折りの財布を使っているのを見たことがない」(20代女性/現役キャバ嬢)

 

というように、

お金持ちはお金の扱い方が丁寧というのはリアルな情報のようですね。

今は芸能界を引退された某大物司会者も、

「お札の向きはそろえて入れる」

という発言をしていたようです。

 

長財布を持つと、別で小銭入れも持たないといけないので面倒ですが、

お札と小銭をきちんと分けて管理することで、

お金への意識が高まるというのが大切なポイントなのだとか。

 

■「人には縁がある」と信じている

 

縁

(写真素材引用元:http://www.igosso.net/se.cgi?q=wallet&p=4

 

 

「お金持ちのお客様は、自分で『○日の何時に電話をする』

という指定をしてくることがあります。

 

それは電話だけでなく、同伴や店外デートのお誘い(!)も、

こちらの都合は完全に無視で言ってきます。

 

もし時間が合わなければ、

たった1回で見切られてしまうこともあるので、

「お金持ちの人は縁というものを大切にしているのかなと思いました」(20代女性/元キャバ嬢)というように、

お金持ちは自分の都合をとても大切にするようです。

 

これだけの情報だと、

ものすごくワガママなお客様に見えてしまいますが、

彼らが与えてくるハードルを数回クリアできれば、

その後は遅刻をしようが同伴をキャンセルしようが、

何も言わなくなるそうです。

ちょっと不思議なマイルールですね。

 

 

■昔の成功体験にこだわる

 

「入店早々、ある男性から指名を頂きました。

その男性は羽振りが良く、界隈では名の通っている存在でした。

当時はキャバクラで働き始めたばかりだったので、

特別トークがうまいわけでもないし、

秀でた魅力があったわけではないと思います。

その方に私を選んでくれた理由を尋ねてみると、

『○○(その時の源氏名)という名前の女性と昔付き合ったことがある』というものでした」(30代女性/元キャバ嬢)

 

というように、昔の成功体験にこだわって

付き合う人を選ぶという傾向があるようです。

 

これは、「縁を大切にする」という項目とも繋がるものがありますね。

 

昔付き合った女性の名前と同じだったので、

何かの縁と思い指名をしたのかもしれません。

始まりは適当ともいえますが、

一度関わると決めた人には寛容な部分があるようです。

 

■まとめ

 

なにかの香りを嗅いだ時に、

急に幼かった頃のことを思い出したり、

昔付き合っていた恋人のことを思い出したりすることがありますよね。

 

これを心理学では「アンカリング」や「パブロフの犬」といいますが、

何らかの条件をきっかけにして、

昔の感情や出来事を思い出すというのはよくあることです。

 

例えば、「嬉しい」という気持ちになった時に

いつも同じ香りを嗅いでいると、

その香りを嗅いだだけで気分が高揚するようになるのだとか。

 

つまり成功者たちは、

意識的か無意識的にこの働きを利用して、

高いパフォーマンスを発揮できるように

自分の状態をコントロールしているのかもしれません。

 

簡単に真似できそうな法則ばかりなので、

お金持ちになるために、

「アンカリング」を上手に活用していきましょう!

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ