【衝撃!!】今明かされる!ジブリの名作『耳をすませば』のその後のストーリー!!

■ポイントは「猫の恩返し」

2002年に公開された「猫の恩返し」は、

「耳をすませば」のスピンオフ作品です。

原作も「耳をすませば」の作者である

柊あおいさんが書かれています。

これはたまたまではなく、実は宮崎駿監督に

頼まれて「耳をすませば」のスピンオフ作品として

「バロン 猫の男爵」が執筆され、

映画化されたのが「猫の恩返し」になるのです。

そのため、「耳をすませば」では月島雫の

想像の中でしか動いていなかったバロンは

「猫の恩返し」では実際に動き出し、作中で大活躍します。

■「猫の恩返し」は劇中劇

「猫の恩返し」をご覧になられた方は、

「あれ?このシーン、耳をすませばで見た!」

と感じられたのではないでしょうか。

バロンと一緒に少女が空を飛ぶシーンは、

「耳をすませば」に登場しています。

バロンが戦うシーンも「耳をすませば」

に出てきているような気がします。

印象的なシーンだから使いまわしたのではなく、

実は「猫の恩返し」は、「耳をすませば」の

月島雫が作家になり書いた作品だという

裏設定があるからなのです。

そのため、「耳をすませば」よりも

ファンタジー要素が多く、絵本や小説を

読まされているような感覚になられた方も

多いかもしれません。

これは「猫の恩返し」がスピンオフ作品と

いうだけでなく、劇中劇であるからなのかもしれません。

■おわりに

中学生の頃は荒削りだった作品を作家になった

雫が磨き上げ完成させた作品。

そんな裏設定を意識して「猫の恩返し」を

もう一度見直してみてはいかがでしょうか?


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ