イスラム国ヨルダン人質パイロット父日本にキレる【名前・画像】

222222

出典:http://goo.gl/9DWiaI

 

 

イスラム国事件で

日本の報道では

日本人の人質の後藤健二さんのことが

報道の中心となっているが

 

あまり報道をされていない

ヨルダンのパイロットのことについて

色々と調べてみた

 


 
 

どのようにして拘束された?名前は?

イラクとシリアの一部を支配する

過激派「イスラム国」は24日、

 

シリア北部の

ラッカ付近に墜落した

ヨルダンの戦闘機のパイロットを拘束した。

 

ヨルダン軍が同日、

パイロット拘束の事実を認めた。

 

軍は墜落の原因に言及していないが、

「イスラム国」は撃墜したとしている。

ヨルダンは
米国主導の有志連合の一員として
「イスラム国」空爆に参加している。
空爆作戦中の
有志連合の兵士の拘束は初めて。
作戦機の撃墜も事実なら初めてで、
過激派の撃退を目指す
有志連合にとって打撃となる。

 

ヨルダン軍は

ラッカ上空で24日朝、

空軍機1機が墜落し、

 

パイロットが人質に取られたと

国営通信に明らかにした。

 

過激派の拠点を標的とした

作戦中だったという。

 

一方、「イスラム国」系のウェブサイトでは、

パイロットを拘束している様子や

身分証の写真が公開された。

 

撃墜したのは

F16戦闘機だとしている。

 

シリア人権監視団(英国)は

「イスラム国」が対空ミサイルを使い

撃墜したとみている。

 

過激派が人質を取引材料に、

有志連合に空爆をやめるよう

脅迫するのは必至だ。

 

これまでに

拘束したシリア兵多数を処刑したほか、

 

米国人、英国人の人質の首を切断して

殺害する映像を公開している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H8O_U4A221C1FF2000/

 

イスラム過激派組織

「イスラム国」とみられるグループによる

日本人人質事件に関連し、

 

ヨルダン国営テレビは

日本時間28日夜(現地時間28日昼)、

 

ヨルダン政府はイスラム国が拘束している

ヨルダン軍パイロットの

ムアズ・カサースベ氏(26)の解放と引き換えに、

 

サジダ・リシャウィ死刑囚を釈放する

用意があるとする

同国情報相の発言を速報で伝えた。

 

http://www.yomiuri.co.jp/world/20150129-OYT1T50002.html

 

拘束された時のムアズ・カサースベ氏の画像

kousoku

http://goo.gl/hEpveK

 

 

このように

イスラム国は

脅迫できるものがあれば

 

それを使って

脅しにかかるのが鉄則

といえるのです。

 


 
 

ムアズ・カサースベ氏の父キレる

父

出典:http://goo.gl/9dAlK1

【アンマン=石崎伸生、園田将嗣】

 

新たな映像の公開を受け、

ヨルダンの首都アンマンで

27日夜~28日未明に行われたデモでは、

 

参加者がイスラム過激派組織

「イスラム国」に拘束されている

ヨルダン軍のパイロット、

ムアズ・カサースベ氏(26)の顔写真を掲げて、

 

「我々はムアズを取り戻す」

と気勢を上げた。

 

デモでは

カサースベ氏の解放を求める両親や支援者ら

200人以上が首相府前に集まった。

 

多くはカサースベ氏を

救出できずにいる政府への批判を口にし、

 

父親のサフィさん(68)も

読売新聞の取材に、

 

「息子の解放に向けた政府の交渉は遅く、

情報も明らかにされない。

ムアズを戦場に送った政府には取り戻す責任がある」

と怒りをにじませた。

 

警察は首相府前に

数十人の警官を配備して

周辺道路を封鎖し、

参加者の暴徒化を警戒した。

 

http://www.yomiuri.co.jp/world/20150128-OYT1T50098.html

いまだに

ムアズ・カサースベ氏、後藤健二さん

の両者ともに解放の報道は入ってこない

 

どのタイミングで

日本とヨルダン政府が

大きく動き出すのか注目がかかっている

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ