インフルエンザの検査を受ける時期はいつからがベストなのか?

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

 

寒くなってくると

インフルエンザが流行してきますよね。

 

インフルエンザは手洗いやうがいで

予防をしていても感染力が非常に強いため、

身のまわりで流行しはじめると、

防ぐことはなかなか難しいものです。

 


 

 

今回は誰しもかかる恐れのある

インフルエンザに関しての特徴や

検査のタイミングについて

まとめてみました。

 

インフルエンザと風邪の違いは?

 

いまいち、インフルエンザと

風邪の違いがわからない

という方も中にはいらっしゃると思います。

 

インフルエンザは、

風邪よりも注意が必要です。

 

なぜなら、インフルエンザの場合、

一般の風邪と比べて症状が重いだけではなく、

重い合併症を引き起こす可能性も

高くなるからです。

 

・発熱

風邪の場合:それほど高くないことが多く

熱が出ない場合もあります。

 

インフルエンザ:急に38℃~40℃の高熱が出るのが特徴です。

 

・症状

風邪の場合:主にみられる症状はのどの痛み鼻水など

インフルエンザ:筋肉痛や関節痛など全身の倦怠感や痛みが現れ、

悪寒が強いのもインフルエンザの特徴

 

・合併症

風邪の場合:肺炎や副鼻腔炎などの合併症を引き起こす場合もありますが、

頻度はそれほど高くありません。

 

インフルエンザ:乳幼児では肺炎やインフルエンザによる

入院のリスクが高くなる傾向があり、

脳症などの合併症につながる場合もあります。

高齢者がインフルエンザにかかった場合、

肺炎などの合併症を起こしやすくもなります。

 

このように具体的な症状の基準がわかると

インフルエンザに注意しなくてはいけないのが

よくわかりますね。

 

疑われる場合は病院で検査を受ける

 

インフルエンザが疑われる場合は、

病院へ行きましょう

 

インフルエンザに罹っているとわかった場合は、

抗インフルエンザ薬を服用することで、

インフルエンザウイルスの

増殖を抑えることができ、

辛い症状を早く緩和できるからです。

 

また、会社や学校などを

休むといった措置を取ることで、

周囲への2次感染を防ぐことも可能となります。

 

病院に行けば簡単な検査で、

インフルエンザであるかどうか、

 

またインフルエンザである場合、

A型かB型か、といったことがわかります。

 

周囲への2次感染のことも考えると

やはり早々に病院へ行った方がいいなと

改めて思いますよね。

 


 

 

検査のタイミングは?

 

インフルエンザの検査は

受けるタイミングがポイントとなります。

 

検査を受けるタイミングが早すぎると、

本来はインフルエンザに罹っていても

検査では陽性反応が出ない場合もあるからです。

 

インフルエンザの検査は

発症後12時間以上経ってから

受けるのが良いと言われています。

 

インフルエンザが疑われる症状が

発症してすぐに検査を行った場合、

インフルエンザウイルスの数が少ないため

検査キットでは判定できない場合がありますが、

12時間以上たっていれば

インフルエンザウイルスは

増殖して数が増えているため、

判定できるようになるのです。

 

1つのウイルスが

8時間後には100個、

16時間後に1万個、

24時間後には100万個

と言われています。

 

また、抗インフルエンザ薬は

体内でインフルエンザウイルスが

爆発的に増殖する前に飲んだ方が

効果が高いと言われていますので、

 

インフルエンザの検査を受けるのは、

遅すぎてもよくありません。

 

抗インフルエンザ薬が有効となるのは、

発症してから48時間以内に服用した場合です。

 

遅すぎはよくありませんが

身体が辛いと思った時には

ウイルスがまさに増えている時なので

一番いいタイミングともいえそうですね。

 

ストレスが多い人はインフルエンザにかかりやすい

 

インフルエンザウィルスが流行しても、

100人が100人、かかるわけではありません。

また、発症しても症状の重い軽いに違いが出ます。

 

これにはいろいろな要因が考えられますが、

その1つに「免疫力」が挙げられます。

 

インフルエンザの天敵は

ストレスや肉体疲労による

「免疫力の低下」です!

 

ストレスは免疫力を低下させてしまいます。

ストレスは自律神経を弱め、

免疫力、抵抗力を低下させます。

 

ストレスを受け続けると、

免疫力が弱くなり、

病気にかかり易い体質になってしまいます。

 

ストレスは誰でも好まないものですが

インフルエンザの対策の為にも

尚更ストレスをためない方法と

ストレス解消方法をしっかり

身につけておきたいですね。

 

まとめ

 

インフルエンザは自分だけでなく、

2次感染で職場や学校、家族といった

周囲の人で迷惑をかけることにもなります。

 

インフルエンザが疑われる症状が現れた場合は、

適切な時期にインフルエンザの検査を

受けるようにして下さいね。

 

また普段からストレス解消する方法や

できるだけたまらない環境を見つけて

インフルエンザになりにくい身体を目指しましょう。

 

インフルエンザについて知りたい方は、

以下の記事もオススメ致します。

風邪とインフルエンザの見分けは簡単?これらの症状の違いとは

 

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ