入居者3人の老人を転落させ殺害した元職員を逮捕!顔と名前が判明【画像あり】

川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で2014年11~12月、入所者の男女3人(80~90歳代)が相次いで転落死した問題で、神奈川県警は15日深夜、同施設の元職員今井隼人容疑者(23)(横浜市神奈川区立町)を、3人のうち1人に対する殺人容疑で逮捕した。

スクリーンショット 2016-02-16 8.31.16

スクリーンショット 2016-02-16 8.31.32

捜査関係者によると、今井容疑者は14年11月3日深夜から4日未明の間に、同施設に入所していた丑沢(うしざわ)民雄さん(当時87歳)を同施設4階のベランダから投げ落とし、殺害した疑い。丑沢さんは胸部打撲による内臓破裂で死亡した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。

同施設では、丑沢さんに続き、14年12月9日未明に当時86歳の女性が4階から、同31日の未明にも当時96歳の女性が6階から転落死しているのが見つかった。今井容疑者はいずれの日にも夜勤当直に入っており、県警から任意で事情を聞かれていた。


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ