住みたい街ランキングで池袋が人気急上昇しているその魅力とは?

a0007_001799

みなさん「池袋」と聞くと

どのようなイメージがありますか?

 

「地味」

というイメージを

 

持たれている方も

いるのではないのしょうか

 

実は現在の池袋のは

住みたい街として

 

人気が最近急上昇している

場所のひとつなのです。

 

どういったところから

そういった地味なイメージが

強かった池袋が

 

住みたい街へ

と変わったのでしょうか?

 

今回は池袋が

人気急上昇しているその魅力について

まとめてみました。

 

 
 

文化事業に力を入れはじめたから

 

もともと池袋には

1960年代初めごろまで

 

朝霞の占領軍基地から

米軍の闇物資が運ばれてくる

「闇市」があり、

 

そこからターミナル駅として

発展していった歴史があります。

 

池袋の地味でどこかネガティブなイメージは

「闇市」の影響ともいわれています。

 

さらに、池袋駅周辺には、

中高年男性客の姿が

目立つ低価格な飲み屋街や

風俗店が密集した地区などもあり、

 

池袋は「ダサい」というイメージ

が先行してしまったのです。

 

そこで、行政として

池袋のイメージ向上に乗り出したのが

 

現在の高野之夫・豊島区長

だったといわれいます。

 

池袋の地味なイメージを変えるために

「文化事業」に力を入れ、

 

池袋ジャズフェスティバル、

東京フラフェスタin池袋、

池袋演劇祭などのイベントを

次々に開催していきました」。

 

その結果

だんだんと街の雰囲気が変わり

 

若い女性が集まり、

活気を取り戻していったのです。

 

このようにして

官民一体となって

 

地味で垢抜けない街の改革

に取り組んだ結果が

イメージアップにつながったのです。

 

 
 

若い女性の増加

 

池袋ではここ数年、

 

・ルミネ池袋

・Echika池袋

・Esola池袋

 

といったおしゃれな

商業施設が続々とオープンしていて

 

2014年にもも地上8階建ての

「WACCA」がオープンしました。

 

コスメやファッション、

日本ではまだ知られていない

韓国料理の店や

 

日本初の

純正無添加コラーゲンスープ店

ルームウェア専門店など、

 

いずれの商業施設も

若い女性をターゲットにしているのが特徴で、

 

こうした店が増えたことが

人気上昇の一因ともいわれています。

 

今の時代はどんな場所でも

やはり集客をするなら

 

どんどんと若い女性を

ターゲットにした

お店を出展していくことが

大事なのですね。

 

 

大型店も固まっているから

 

池袋には

西武と東武の2つのデパートがあり、

 

駅周辺には

サンシャイン60をはじめ、

 

パルコや丸井、ビックカメラなどの

大型店舗があります。

 

東武百貨店の

食品売り場の面積は日本一で、

 

アート系蔵書で知られるジュンク堂書店や

リブロ、旭屋書店など、有名書店も多くて

 

色々買い物をしたいと思ったら

基本池袋で

何でも揃うようになっているのも

ポイントが高いといえますね。

 

 

腐女子もターゲット

 

さらに近代のターゲットといえる

ポイントもあって

 

大型商業施設「サンシャイン60」近くの

交差点から

東池袋三丁目の交差点までの一帯は

 

通称「乙女ロード」

と呼ばれていて

 

ここにはアニメグッズ、

コスプレ、同人誌の専門店、

 

イケメン男性が給仕してくれる

執事喫茶などが密集し、

「腐女子の聖地」とも呼ばれています。

 

もちろん、利用者のほとんどが

若い女性たちで。

 

いつのまにか池袋は、

ファッションビルで女子力を高める

おしゃれな女の子で賑わうとともに、

 

「オタク文化の聖地」

と呼ばれる秋葉原にも似た

 

人気を集めつつある

街になっていたのです。

 

今後は外国人も

秋葉原並に

訪れる場所になるかもしれませんね。

 

 

アクセスがかなりいいのも関わらず思ったほど高くない

 

池袋は山手線内でアクセスが良く、

首都圏の中でも

ターミナルとしてトップにあがります。

 

街も整備されて明るく、

環境もととのっているにも関わらず

家賃が安いというメリットもあります。

 

例えば一人暮らしの方だと

間取りはワンルームや1K

に住むことになりますが、

 

渋谷新宿で住もうとすると

軽く10万円超えてしまいます。

 

しかし池袋では

それが8万円代で見つかるのです!

 

池袋は、新宿に次いで

一日の乗降客数が

 

日本第2位を誇るターミナル駅

にもかかわらず、

まだ再開発の途中なので

 

住環境としては

発展途上で整いつつある状態です。

 

まだまだ家賃が安い

今のうちが狙い目なのかもしれませんね。

 

【以下の記事もオススメです】

合コンでおすすめなお店はここだ!東京で人気のお店5選【個室】

バレンタインのデートプランにおすすめスポット5選【東京編】

人気のあるお菓子のお土産10選【東京編】

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ