初のナ・リーグへ!イチローのFA移籍先はマーリンズに決定!

イチロー②

出典:http://goo.gl/qx3jsS

 

ヤンキースから

フリーエージェントとなっていた

イチロー選手

 

その移籍先が

注目されていましたが

マーリンズに決まったようです。

 

年俸は2億3500万円で合意になる模様

ヤンキースから

フリーエージェント(FA)となっていた

イチロー外野手が、

 

マーリンズと契約合意に

達したと米複数メディアが報じた。

 

米テレビ局「CBSスポーツ」電子版が

「マーリンズが外野手の

イチロー・スズキと契約合意した」と伝えている。

地元メディアはマーリンズ側が

イチローに2年契約を提示する

と報じていたが、

 

最終的には1年契約で

年俸約200万ドル(約2億3500万円)

 

という条件になる見込みだと、

米テレビ局「FOXスポーツ」

のケン・ローゼンタール記者は

自身のツイッターでレポート。

 

契約延長のオプションなどが

含まれている可能性も低いとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00010000-fullcount-base

40代にしてメジャーリーグで

いまだに活躍しているだけでもすごいのに

 

その上2億円以上もの

年俸をもらっているなんて

イチローはやっぱ超人だな

と感じてしまうものですよね。

 

プレーオフ進出のためにイチローを獲得

今季プレーオフ進出を

目指すマーリンズは

 

着々と補強を進め、

第4の外野手の獲得にも注力。

 

代打で堅実なバッティングを

見せることができ、

 

外野の全てのポジションをこなせる

人材を探しており、

日本の誇る安打製造機に

白羽の矢を立てた。
今オフ、北米プロスポーツ史上

最高額契約となったスラッガー、

 

ジャンカルロ・スタントンが

中心の平均年齢24歳の外野トリオは

メジャー最強と評価されている。

 

有望な若手が多いマーリンズで、

フロントは百戦錬磨の

イチローの実力のみならず、

 

経験値、クラブハウスでの存在感

なども高く評価した模様だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00010000-fullcount-base

やはりイチローは

打ってよし

守ってよしなので

ベテランとして

代打・守備固め、

時には代走も

幅広い場面での活躍が期待できそうですね。

 

 

メジャー通算3000本安打まで残り156本

今年メジャー15年目

となるイチローは、

 

メジャー通算

3000本安打の金字塔まで

残り156本と迫っている。

 

マリナーズ、ヤンキースと

これまでア・リーグで活躍してきたが、

 

今回は初のナ・リーグ

への移籍となる。

 

指名打者がないため、

打席数が限定されるリスクもある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00010000-fullcount-base

確かに今までに比べると

試合出場には

不利な条件ではありますが

 

そこはイチローなら

ひとつでも多くのチャンスを

ものにできるのではないのでしょうか!

 

もしかしたら

活躍によっては

弟4の外野手ではなく

 

しっかりレギュラーに定着して

バンバンヒットを量産して

 

もしかしたら1年で

メジャー3000本安打に

到達してしまうかもしれないですね

 

イチロー選手なら

それをやってしまうかもしれません

 

これからも

イチロー選手の益々の活躍に

期待をしたいです!

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ