北海道の教育委員会がノーゲームデーを設定!しかし批判の声も

北

出典:http://goo.gl/BjBTe4

 

 

昔と違って

現代の子供たちは

ゲームをすることが

当たり前になりつつあるこの頃ですよね。

 

そんな中

北海道では

教育委員会が

「ノーゲームデー」というものを設定するらしいのです。

 


 
 

毎月第1・第3日曜は「ノーゲームデー」

北海道教育委員会が、

毎月第1・第3日曜を

「ノーゲームデー」とするよう呼びかけ、

話題になっています。

 

子どもたちに

「ネット利用も含めた望ましい生活習慣」

を定着させる

「どさんこアウトメディアプロジェクト」の一環。

 

この日は

大人も子どももゲームをしないで、

 

家族の団らんや体験活動、

読書活動になどを楽しみましょう、

という試みです。

 

昨年12月のシンポジウムで提案され、

来る2月1日には

キックオフイベントを

道内の青少年体験活動支援施設で開催する予定。

 

当日はスノーラフティングや

釣り体験などのアウトドアイベントも併催されます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000067-it_nlab-life

確かに

ゲームが何かと問題視される中では

いい試みだとは思いますが

 

日曜日は

ちょっとハードルが高い気もします。

 

子供だって

休日はのんびりしたいものではないのでしょうか。

 

個人的には

もしやるなら

はじめは平日に実施した方が

いいと思いました。

 


 

 

Twitterなどでは「余計なお世話」との声も

全国調査によると、

北海道の子どもの学力は全国平均を下回っており、

 

ゲームやネットの使い方を

見直すことでこれを改善するのが狙い。

 

ただ、Twitterなどでは

「余計なお世話じゃない?」

「『ゲーム禁止→学力向上」

って本当に思ってるのかな?」など

今のところ否定的な意見も多いようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000067-it_nlab-life

確かにしちゃいけない

と言われると

余計にやりたくなるものですよね。

 

果たしてこの文化は

しっかりと定着するのでしょうか

 

今後の動向に注目ですね。

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ