チャーリー・シーンのHIV感染告白で、日本の女性タレントMが戦々恐々!?「過去に関係が……」

ハリウッド俳優のチャーリー・シーンがHIV感染を告白したことで、日本のマスコミがひそかに注目しているのが、女性タレントMだ。過去、チャーリーと交際関係にあったと報じられたことがあったからだ。

チャーリーは11月17日、アメリカのテレビ番組でHIV感染を公表。感染が判明したのは約4年前だったとのことで、医師からその事実を告げられたと話した。

過去にインタビューで「5,000人の女性と関係を持ってきた」と明かしたことがあるだけに、今回の告白には当の関係女性たちが大騒ぎ。チャーリーは「コンドームを使用せずセックスしたのは2人だけで、共に感染を知っていた」としたが、ショックを受けた女性たちが続々と訴訟の準備に入っていることが伝えられている。3度の結婚歴があるチャーリーだが、この件で一部の女性から「マスコミにバラす」と恐喝され、1,000万ドル(約12億円)以上を支払ってきたことも打ち明けている。

アイドル歌手として活躍し、バラエティ番組などでも人気となったMは、1994年に日本のテレビ特番でチャーリーと共演した際に「ファンだ」と名乗りを上げたところ、キスをされて感激した様子が放送された。これがよほどうれしかったのか、実話誌などで「収録後はカレの宿泊先に出向き、その後もアメリカまで追いかけていった」という話が伝えられた。

当時のチャーリーは大ヒット映画『メジャーリーグ』の続編に出演するなど絶頂期にあり、未婚とあって、数々の有名女優とも浮名を流していた。長年ハリウッド俳優を取材してきた映画ライターによると「チャーリーは、当時人気だったロックバンド『ポイズン』のイケメンシンガーで女遊びが派手だったブレット・マイケルズと豪遊し、一緒に十数名の全裸美女をクルーズ船に乗せたりしていた」というから、不特定多数の女性と関係するのは最近に始まったことではなさそうだ。

Mがどこまでチャーリーとの仲を深めていたかはわかっていないが、仮に肉体関係があれば、今回の告白に穏やかではないはずだ。チャーリーの感染判明が4年前であれば、90年代にMが関係を持ったとしても感染している可能性は極めて低いが、チャーリーの告白そのものに信ぴょう性を疑う声も少なくない。過去に逮捕歴多数で素行不良が有名だったチャーリーだけに、「訴訟を見越してウソが混じっている」という声が多数飛んでいるのだ。

Mはウワサに上って以降、「チャーリー・シーン」の名前を出すことを極力避けてきたといわれ、3年前のバラエティ番組出演では収録中「そのウワサは事実ですか?」と聞かれたが、オンエアではカットしてもらったという。チャーリーのHIV感染に気が気でないのは、関係者より当のM本人かもしれない。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151120/Cyzo_201511_hivm.html


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ