【画像あり】超速報!和歌山発砲事件 溝畑泰秀容疑者発見されるも発砲しながら逃走中!

超速報!和歌山発砲事件 溝畑泰秀容疑者発見されるも発砲しながら逃走中!

溝畑泰秀容疑者発見!拘束かは不明

29日に和歌山県和歌山市にある建設会社「「和大(わだい)興業」で起きた拳銃発砲事件で、現場から逃亡し指名手配されていた溝畑泰秀容疑者(45)が和歌山市内で発見されたとの情報が入ってきました!しかし確保はできておらず、拳銃を発砲しながら現在も逃走を続けているそうです!

指名手配犯 溝畑泰秀容疑者 画像

1

関連記事;和歌山発砲事件

溝畑泰秀容疑者の情報

溝畑容疑者は、覚せい剤取締法(使用)の容疑で逮捕・起訴されており、事件当時は仮釈放中の身でした。事件当日の29日に収監される予定となっていたそうです。溝畑容疑者は同会社の代表取締役の次男で、実質的な経営者の立場だった。

事件の経緯

実質的な経営者の溝畑容疑者が収監されることで、29日の午前9時前に同会社で今後の経営などについて話し合いが行われていたそうですが、突如溝畑容疑者が立ち上がり、カバンから拳銃を取り出し従業員4人に向かって次々と発砲し出しました。この発砲により、石山純副さん(45)が死亡し、他1名が意識不明の重体、残り2人も大けがを負っています。

溝畑容疑者は、拳銃を持ったまま社有車で逃走していたと見られており、その後の捜査で社用車は現場から約3キロ離れたJR和歌山駅東口付近の店舗駐車場で見つかっていました。

30日の午前中にJR和歌山駅近くのビジネスホテルから「不審な男が宿泊している」と通報があり、防犯カメラの映像を解析した結果、溝畑容疑者に似た男が映っていたため、警察や特殊部隊でホテルの捜査が行われましたが、溝畑容疑者を発見・確保することはできずにいました。溝畑容疑者と思われる男は容疑者とは別の名前でチェックインして料金を前払いしており、チェックアウトの手続きが行われていなかったため、いつ部屋を出たかわからないということです。

拳銃に銃弾が残っている以上、自殺か逮捕かという結末が待っています。

・和歌山県内の空き家へ立てこもり

30日の午後22時頃、警察官が溝畑容疑者らしき人物を発見し職務質問しようとすると

溝畑容疑者は逃亡し、パトカーへと4発銃弾を発射し逃亡しました。

その後、23時に和歌山県庁から3キロ離れた住宅街まで追い詰めた。

空き家へ立てこもった容疑者を説得しているが拳銃を持った犯人に緊迫状態は続きそうです。

現在も溝畑容疑者は拳銃を所持・発砲しながら逃走しているそうです!

和歌山市周辺に住む方は十分に注意してください!!


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ