北斗晶、乳がんはリンパ転移&ステージ2以上で余命・生存率がやばい…旦那・佐々木健介との子供は息子2人【画像あり】2ch「病気は怖いな」「抗ガン剤治療やるのか」

スクリーンショット 2015-09-25 17.19.26

元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が23日、自身のブログで乳がんにより右乳房の全摘出手術を受けることを告白した。さらに、がんが胸だけでなく脇のリンパに転移していることも明かしている。

元気な笑顔がトレードマークだった北斗は、毎年秋にマンモグラフィーやエコー検査を受け、ブログ読者にも「検査に行ってみて下さいね!」と呼びかけていた。

しかし、「私の右胸の乳癌は、分かった時には既に約直径2cm大の大きな腫瘍になっていました。残念ながら、進行が異常に早く1年間でここまで大きくなってしまった」と打ち明けた。

最初に違和感を覚えたのは、今年の頭で「右胸にチクッとする痛みを感じました」。しかし、身内に乳がんの人がおらず、結婚20周年のお祝いや次男の小学校卒業を記念した旅行の準備で忙しかったため、検査には行かなかった。次に不安を感じたのは、春にその旅行で訪れたサイパンで、着替える際に自身の裸を鏡で見ると、「乳頭がセンターにない様に見え、引きつってる様な感じ」を受けた。

兆候はあったが、「その場で直視して触ってもシコリらしき感触はなく、年齢によるたるみなんだろうな~! そうとしか思いませんでした」という。

夏になり、「右胸にチリチリする痛みを感じる気がして」知り合いの医師に診断してもらったところ、7月7日にがんの陽性反応が出たことが告げられた。北斗はこの時の心境を「自分の体に何が起こっているのか? 言葉だけでは理解し難く、告知された瞬間は 他人事のような感覚だった気がします」と振り返っている。セカンドオピニオンで再検査したが結果は変わらなかった。

北斗は「元気な埼玉のおばちゃん北斗晶のイメージを守る」ために、夏休みに休暇を取り、公表せずに手術をしようと考えたが、がんは北斗の想像以上に進行していた。

乳房を取り除くことに不安を感じ、受け入れられないでいたが「胸の事よりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう」と告げられ、「こう言われた時に初めて、今の自分は命さえも危険な状態なんだと分かりました。そういう病気なんだと。それが癌なんだと…」と、改めて重大さに気づいた心境を回想した。

がんはリンパにも転移しており、「これから長い闘病生活が始まります。術後ほどなく抗がん剤治療が始まり。1ヶ月後くらいには髪も抜け始め最終的には全部なくなるでしょう」と告白。不安を感じながらも「北斗晶 5年先、10年先を生きる為に長い闘いに入ります!」と力強く宣言した。

 

そして、「女性の皆さん、若かろうが年を取っていようが乳癌検診に行ってください!」「自分の体の小さな異変を見逃さないで。体は正直です!」と、ブログを読む女性に向かって、検査の大切さを呼びかけた。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150923-00000309-orica

 

スクリーンショット 2015-09-25 17.19.26

世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。
乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。生涯で乳癌に罹患する確率は、日本人女性では16人に1人、欧米では8~10人に1人である。極めて稀に男性も乳癌に罹患することがある。
30歳代から高齢の女性ほど罹患率が高い為、今日では多くの国で検診を受けることが推奨されている。
乳癌の病期(ステージ)は腫瘍の乳房内での広がり、リンパ節への転移の有無、癌細胞の遠隔転移で決まってくる。腫瘍の乳房内での広がりには、腫瘍のサイズ、皮膚や胸壁への浸潤の有無、炎症性乳癌という病態かどうかが含まれる。
乳癌の治療は原則的には外科的切除であり、抗がん剤や抗エストロゲン剤など化学療法と放射線療法が併用される。

LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ