ベッキーと若林が熱愛!結婚か?なぜ芸人ばかりモテるのか検証

スクリーンショット 2014-10-12 14.41.07

 

芸人さんと綺麗な女優さんの熱愛報道って

相変わらずよくある事ですよね。

 

最近では、ベッキーさんがオードリの若林さんとの熱愛報道で

話題になっていました。

 

その真相はこちら。

 

【以下引用】
9日に発売された「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が、

「芸能界を揺るがす大物カップルの存在」として人気タレント同士の熱愛説を報じている。
名前が伝えられたのは、オードリーの若林正恭(36)と好感度タレントとして知られるベッキー(30)。
バラエティ番組プロデューサーの証言を元にした記事によると、
彼らの熱愛は、「結婚を前提」にしたもので、「テレビ界では知る人ぞ知る有名な話」だという。
「2008年に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の中で、
ベッキーははっきりと若林のことをタイプだと明言しています。
若手芸人を紹介するコーナーだったので、笑いのセンスが好みだっただけとの見方もありますが、
それをきっかけに親しくなったのは間違いないようです。
今回の記事では、今年3月に放送された、『日曜×芸人』(テレビ朝日系)での共演を機に、
2人の関係が急展開したとありましたが、プライベートで仲の良い2人が、
ふとした瞬間に恋に落ちることは一般の社会でもよくあることですよね」(業界関係者)
売れない若手芸人だったころから若林を知っていたベッキーとすれば、
キー局のバラエティでメインを張っている姿に、感慨もひとしおだったのだろう。
同誌が報じる2人の”急展開”には、そんなベッキーのファン心理が作用していたのかもしれない。
しかし、ベッキーといえば、2009年に都内のスポーツジムで長身の色黒イケメンと親密そうにしているところをスクープされている。
2013年には、その男性はEXILEのMAKIDAI(38)だったのではという報道があり、
数々のデートの目撃談などから、すでに結婚秒読みかとの憶測が流れた。
その後、双方の事務所が2人の交際を否定するコメントを出しているが、
一部では現在でも交際が続いているのではと見られており、今回の若林との熱愛説には否定的な意見も根強い。

【引用元メンズサイゾー】

 


 

この手の話題が聞こえてくる度に、

「なぜ芸人ばかりモテるんだ」と

多くの人が疑問に思ってると思います。

 

たいしてルックスがいい訳ではない。

スタイルがいい訳でもない。

育ちがいい訳でもない。

しかし、それでもモテる。

本当に不思議ですよね。

 

なぜ、お笑い芸人がモテるのか、その要素を検証してみました。

 

モテる理由その①ナチュラルなギャップ

 

テレビや舞台におけるお笑い芸人の特徴は、

  • 明るい
  • お調子者
  • 陽気

といった類だと思います。

 

無茶なフリに対して

「ちょっと待ってくださいよ~っ!」と

前面に飛び出してくる様を見ると確かに頷けます。

 

しかし一方で、多くの場合「素」の芸人さんは

引きこもり的な要素を存分に持っていたりします。

 

プライベートでは意外と無口で、

特にボケてきたりしません。

 

例えば、ナインティナインの岡村隆史さんも

私生活では友達が少ないことで有名ですよね。

 

芸人さんでも、かつて休日に16時間かけて

プラモデルを作り続けた人がいるそうです。

 

ちなみにガンダムが8体完成したそうですが、

翌日には、テレビや舞台でご陽気な姿で笑いを振りまきます。

 

要するに、テレビで観る姿と

普段の生活に大きなギャップがあります。

 

大衆用の顔と個人用の顔のギャップ。

これが異性を惹きつける大きなポイントです。

 

つまり、知り合ったばかりで

「素」の意外な一面を垣間見た女性にとっては、

「本当の彼をもっと知りたい」という気持ちになります。

 

そして付き合いが長くなった女性は

「本当の彼は私しか知らない」と秘匿性を感じて、

気づいた頃には、

「はっ!何かしら?この気持ち」となるわけです。

 

このようにギャップと秘匿性の共有という

恋愛の2大原則を意識する事なく自然に行えるのが芸人なのです。

 


 

モテる理由その②空気を読み女子の心を操る

 

続いての要素は空気を読むことです。

これは芸人にとってのライフワークです。

 

トーク番組やお笑いライブの企画モノなどでも、

前へ出るバランスと後ろへ引くバランスは日々培われていきます。

 

そんな職業なので、複数の人が集まる中でも

自分のテンションを上手い具合にチューニングします。

 

例えば合コンの場面。

初対面の女の子でも

キャラクター的にイジってもよさそうな子を発見したら

金脈のごとくイジリ対して笑いを掘り起こし周囲を楽しませます。

 

それでいて、その子自体は決して傷つけません。

これによりイジられている女の子が感じる気持ちは

「なんだかよく分からないけど、この人といたら私、光ってるカモ」となり、

自分を光らせてくれる芸人に対して、

「なんて素敵な人なの」となります。

常に光っていたい、という女心を捉えて離さないのが芸人です。

 

一方で「芸能人だからって簡単にはなびかないわ」

と思っている手強そうな女性には、

褒めたり、聞き役に徹したりすることで相手に主導権を与えます。

 

と言いつつも、相手に主導権を与えることで、

逆に主導権を握っているのです。

 

サッカーで言う所の

「相手にボールをキープさせてカウンターで仕留める」

という戦術に似ていますね。

 

この戦術に迫ってこられた女性は、

「ただのお調子者かと思ったら分かってるじゃない」と受け入れて、

気がつけば、

「私、こういうの嫌いじゃないわ」と心を開いて、

気がついた時には、

「この人って素敵ね」と落ちていきます。

 

そして売れっ子芸人達をさらに魅力的にしているのは、

女性に困っていない、という環境です。

 

呼べばいつでも来てくれる女性を複数人抱えている人も多いでしょう。

そんな人がコンパに行っても無理する必要がありません。

 

この女性なんか違うな?と思えば、

相手にせず自らが一歩引きます。

 

いつも押せ押せで迫ってこられていた女性が、

グイグイと迫ってこずに引かれたら、

その男性の事が、とても気になると思います。

 

この展開にハマってしまうと芸人の勝利です。

このような感じで会話のプロという職業を地でいく芸人は、

相手の気持ちをコントロールする事に長けています。

 

モテる理由その③お笑い芸人だから

 

当たり前でしょ。と思うかもしれませんが、

これが、なかなか大きな要素なんです。

 

日本のお笑いレベルは、おそらく世界一です。

なぜなら、日本より文化が成熟している国はありません。

 

アニメや漫画など、クールジャパンと呼ばれるソフトが、

世界中でブームを巻き起こしている事と同じです。

 

ただお笑いは瞬間による刹那的な表現のため、

海外に販売する事ができないだけで、

日本が英語圏なら世界的スターがたくさん輩出されていたと思います。

 

話がそれてしまいました。

元に戻しましょう。

 

世界的に見ても素晴らしいクリエイターである日本の芸人ですが、

なぜか、日本国内では何かと低い地位に見られがちです。

 

厳格なお父様方にとっては

娘を嫁に出したくないとも思えますよね。

 

しかしそんなお笑い芸人だからこそ、

他の特技を併せ持っていると急激にカッコよく見えたりします。

 

例えば、

 

  • くりぃむしちゅーの上田晋也さん「お笑い芸人なのに、やたらと知識が豊富」
  • ペナルティのワッキーさん「お笑い芸人なのに、運動神経が良い」
  • パックンマックンのパックン「お笑い芸人なのに、英語がペラペラ」
  • ロンドンブーツの田村淳さん「お笑い芸人なのに、お城に詳しい」

 

このように「お笑い芸人」という職業のイメージと

本人の特技に大きな幅がある時、

周囲から、特に女性からの注目度も高く、強力な武器となります。

 

劇場版の『ドラえもん』を観て「ジャイアンなのに優しい」という意外性に恋心を抱いた女性も少なくないと思います。

それと同じパターンです。

 

以上のことから

お笑い芸人が、なぜモテるのかという事が

よく分かったのではないでしょうか。

 

全く同じことをするのは無理でも

モテる為にマネできるエッセンスはあります。

 

これからお笑い番組を見る時なんかは

なんでこの芸人はモテるんだろう

という視点で見てみると

お笑い芸人ってやっぱスゴイわ!

と尊敬の目で見るようになるかもしれませんね。

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ