街の古本屋はなぜ潰れない?そのビジネスシステムの秘密とは?

1ee63265b2ae923885bbb412ccdb1cc9_s

みなさんは普段

古本屋を利用することはありますか?

 

大型チェーンの古本屋が目立つ今、

個人商店の古本屋は

 

なかなか入る機会のない方

も多いのではないでしょうか

 

そんな「町の古本屋さん」は

どうやって経営しているのか

 

気になったことがある方も

いるのではないのでしょうか

 

今回は

街の古本屋のビジネスシステム

についてまとめてみました。





単価が高いから

 

古本の中には、

とても貴重なものがあります。

 

特に古書は貴重で、

専門書などになると

数万円になるものもあります。

 

古本屋さんの中には、

その店ならではのテーマ(専門)が

あるお店が多いです。

 

ですので

「この店でなければ買えない」

といった古本が

高く売れることも多いのです。

 

また本は腐らないので、

一度仕入れておけば

 

長期間に亘って

売りに出すことが可能です。

 

維持費もそこまでかからないので、

大量に在庫を持つことも可能なのです。

 

まさに保存が利くものを

うまく長期に渡って

運用しているのですね!

 

 

立地条件に工夫あり

 

古本を売りに来る人は、

住宅街から重い本を

運ぶことになりますよね。

 

そうすると、古本屋は

繁華街のど真ん中にあるよりも、

 

住宅街の真ん中にある方が

便利なことも多いのです。

 

また繁華街よりも住宅地の方が

店舗の物件にかかる費用は

抑えることができますよね。

 

さらには

店主の自宅から近い場所に店舗を構える

(もしくは自宅兼店舗)

 

ということも可能なので、

通勤にかかる費用や

従業員を雇う費用を抑えられるのです。





販売経路が多様

 

実は、古本を売るには

店舗やインターネット以外の方法が

たくさんあります。

 

例えば目録による

通信販売というものがあります。

 

各店舗が、常連客に

在庫の目録を年に何度か送付し、

 

常連客はその中から

欲しいものを

注文することができるのです。

 

専門性のある古本屋さんなら、

よりこの目録による通販の売上は向上します。

 

自社サイトから

ヤフーコークションのような

素人の人と交ざってやるものまで、

 

いろいろな種類があるだけではなく、

売り上げ規模も

どんどん大きくなっているのです。

 

いまでは、ネットを考えずに

営業できる古本屋の方が

少なくなってきています。

 

 

古本市

 

古本の販売方法で

古本市というものがあります。

 

これはイベントやデパートで

開かれることが多いです。

 

何軒かの古本屋さんが集まって

即売会を行います。

 

即売会では、

様々なお客さんが来ます。

 

同業者から、

古本屋に足を踏み入れたことのない人までいます。

 

自分の店ならば、

とても出会えそうにないお客さんも多いので、

 

店頭に置いても

売れそうにない本を持ち寄ることが多いのです。

 

それなので雑多な本が並び。

しかも、値付けする本屋はいろいろあるので

価格体系もまちまちなのです。

 

 

実は利益率も高い

 

今はインターネットや電子書籍などが普及し、

活字離れが

進んでいるように思いますが、

 

お客様の層には

古本屋の古書が好きな層が

確実に存在しています。

 

仕入値が安く販売価格を高く設定できるので

利益率が高いそうです。

 

またインターネットを使い

通販の形で古書が好きな方に販売をされたり、

 

古本屋限定で

古書の売買をして利益を出し、

 

またそこで新規の顧客を

開拓したりしているそうです。

 

古書はニッチなマーケットと思いますが、

古書が好きな方は

確実に存在しているので

 

いかにその層の方に

自分の商品を知って頂くことが

大事なのです。

 

 

まとめ

 

学生さんの中には

古本屋さんに助けられることも多い

という方もいるのではないのでしょうか

 

このように古本屋は

少し特徴的な

ビジネスモデルとなっていたのです。

 

インターネットや電子書籍が

普及しているからこそ

 

少し手に入りにくい

書籍を扱っている古本屋さんの価値は

 

これからも

益々価値があがっていきそうですね。

 

【以下の記事もオススメです】

意外な事実!実は読書はストレス解消に良い!その効果とは?

年末年始の時間がある時は読書をしよう!おすすめの本8選

貴重な休日を有意義に!社会人の充実した休日を過ごす方法6選






LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ