『Nのために』榮倉奈々の演技が上手な秘訣は私生活にあった!

スクリーンショット 2014-11-01 18.52.40

 

2014年秋のクールの

TBS系列の金曜10時のドラマの

『Nのために 』は

人気作家、湊かなえさんの小説を

初実写化させたことで

話題を呼んでいる作品ですよね。

 

この作品の主演を務めるのは

榮倉奈々さんです。

 

 

 

榮倉さんは元々モデル出身から

今では女優としても

大活躍するようになりましたよね。

 

また榮倉さんは

普段からとても健康的なイメージが強い

女優さんでもありますよね。

 

そんな榮倉さんの健康の秘訣は

しっかりと睡眠をとることを

大事にしているそうです。

 

実は睡眠はただ単に

寝る時間が長ければいいものではなく

効率的な睡眠のコツというものがあるのです。

 

当たり前の事を当たり前にできる人

というのは、成功者に共通している事ですね。

 

という事で、夜はしっかりと熟睡ができて

朝はスッキリと起きれるという

快適睡眠のコツについてまとめてみました。

 

就寝4時間は食べ物を口にしない

 

夜の11時にベッドに入る人なら

夕食は7時までにすませ、

それ以後は

食べ物を口にしないといいでしょう。

 

胃袋に食べ物が入れば

体の機能は

消化活動にまわってしまうため、

熟睡できず

疲れをとることはできません。

 

夕食後はカフェインを控える

 

コーヒーや紅茶、緑茶など、

カフェインを含む食事を避けましょう。

 

ココアや栄養ドリンク、

チョコレートなどにも

カフェインが含まれていますので注意です。

 

夜に飲むなら、快眠に効果がある

ハーブティや牛乳がオススメです。

 

コーヒーはイメージがつきますが

ココアやチョコレート

も睡眠を妨げになるとはちょっと意外です。

 

夜遅くなってからコンビニやドラッグストア等へ行かない

 

店内の照明は強い光が体内時計が狂わせて、

睡眠に悪影響を与えてしまいます。

 

コンビニは便利とはいえ

このように照明だけでも

体には影響があるんですね。

 

就寝前に38~40度のお湯にゆっくり浸かる

 

活動時の体温が下がり始めることで

眠りにつきやすくなります。

 

入浴で体温を上げてあげ、

20~30分後に

体温が下がり始めたタイミングで

布団に入ることで熟睡きます。

お風呂の温度は38~40度くらい。

 

ゆっくりと浸かることで

体温を上げると同時に、

リラックス効果で

副交感神経の切り替えもスムーズに行われます。

 

 

 

入眠儀式の習慣化

 

眠りにつくための入眠儀式を習慣化させましょう。

・寝る30分前に瞑想をする

・癒しの音楽を流す

・部屋の電気を暗くする

など

 

毎日寝る前にこれらを行うことで、

睡眠スイッチが切り替わり

自然と眠たくなってきます。

 

寝るのにも運動と同じで

準備体操をしておくと

より深く寝れるのですね。

 

固めのふとんで眠る

 

ふわふわの布団は

気持ちがいいのですが、

体が沈み込んでしまうため、

 

それを支えようと

筋肉が緊張してしまい

安眠の妨げとなるばかりか、

不自然な体制は健康にも影響。

 

固めの布団にすることで熟睡でき、

短時間睡眠でも疲れがとれます。

また自分に合った枕を使いましょう。

 

自分に合った枕選びの基準は

自分の好みの硬さやにおいで高さが合っているか。

寝返りをうったり横向きに寝ても苦しくないかです。

 

ふとんは寝るための大事な道具ともいえます

しっかり確認をしたいものです。

 

毎日同じ時間に起きる

 

前の日に寝るのが遅くなっても、

毎日決まった時間に起きることで

体内のリズムが整ってきます。

 

逆に睡眠時間が同じでも

起きる時間がバラバラだと

体内リズムは整わないのです。

 

前の日に寝るのが遅くなって

昼間眠くなってしまうようなら、

昼間に5分か10分ほどの

仮眠をとるようにしましょう。

 

そうすれば調整ができます。

 

平日と休日で

起きる時間が違うことで

リズムも崩れてしまいますので

休日でも同じ時間に起きるとよいでしょう。

 

起きたらすぐに朝日を浴びて背伸びと深呼吸をする

 

毎朝、起きたらすぐに

朝日を浴び

思い切り背伸びと深呼吸をしましょう。

 

毎日1時間のズレが生じる体内時計が、

太陽の光によってリセットされ

体を目覚めさせてくれます。

 

伸びをすることで

交感神経が刺激され、

深呼吸により全身に酸素を運ぶことができます。

 

実は睡眠サイクルをリセットすることができる

 

不規則な生活で

睡眠サイクルが乱れた時は、

 

12~16時間は何も食べないようにすれば、

体内時計がリセットされて

新しい睡眠サイクルにスムーズに入れます。

 

生活時間を正して

きちんと眠るために使えるコツです。

 

ゲームでいうリセットのようなものですね。

不規則な生活が続いている時には

体内リセットをした方が

正解ですよね。

 

【関連記事はこちら】

『Nのために』榮倉奈々は長時間睡眠!睡眠の質による性格と傾向

 

まとめ

 

このように

睡眠に対する知識を得ることで

ライフスタイルは大きく変わります。

 

生きていく上で

欠かすことのできない睡眠を

より質の高いものにして

楽しい毎日を過ごしてみませんか。

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ