【大沢樹生・喜多嶋舞】息子の父親って誰なの?噂のF氏が判明【画像】

大沢樹生さんが実子裁判に勝訴

元光GENJIの俳優・大沢樹生さんが元妻で女優の喜多嶋舞さんとの間にできた子供は、自分の子供ではないとして起こしていた裁判で、裁判所は大沢さんの主張を認めて「長男は大沢さんの実子ではない」との判断を下しました。

大沢

大沢さんと喜多嶋さんは96年に結婚し97年1月に長男を出産していましたが、性格の不一致を理由に2015年に離婚していました。その後、長男は大沢さんが引き取りシングルマザーとして育てていましたが、以前に喜多嶋さんが酔っぱらって「長男の父親は別の男性だ」と話していたことからDNA鑑定を実施。その結果、大沢さんと長男は本当の親子である可能生は0%との鑑定結果が出ていました。

喜多嶋

裁判のポイントとなった200日ルールとは?

今回の裁判では、そのDNA鑑定の結果よりもゆわゆる「200日ルール」が重視されたと言われています。200日ルールとは、民法の規定で「婚姻後200日を経過した後に生まれた子供は婚姻中にできた子供とみなす」というもので、大沢さんと喜多嶋さんの長男は結婚後ちょうど200日目に生まれていました。これが、201日目に生まれていれば、いくらDNA鑑定の結果があろうとも裁判では大沢さんの子供と認定された可能生もあったのです。

この法律自体は、明治時代に制定されたもので、当時はDNA鑑定などありませんでした。より現代にマッチした形で法律を見直すべきかもしれません。

大沢樹生・喜多嶋舞の息子の本当の父親とは?

これで正式に大沢さんと喜多嶋さんの息子は、大沢さんの実の子ではないと認められたわけですが、では本当の父親とはいったい誰なんでしょうか?ネット上や女性週刊誌などでは、かねてより元俳優のF氏の名前があがっていました。

伏石泰宏氏の顔写真

そのF氏とは、元俳優の「伏石泰宏」さんではないかと言われています。ジュノンボーイに選出された後、俳優としてデビューしましたが、俳優としては芽が出ずに芸能界を引退していた人物です。

伏石

喜多嶋舞さんが大沢さんと交際を始める少し前に、喜多嶋さんと伏石さんが交際しており、時期的に見ても本当の父親なのではないかと言われています。

伏石泰宏は逮捕されていた!

俳優を引退した後、伏石泰宏さんは東京都内でクラブを経営していました。
その店で彼はお客さんと店の従業員の女性たちとで乱交パーティーを開催していたのです。しかし、パーティーとは名ばかりでお客さんからは2万円〜3万円を徴収し売春を行う「売春あっせん」であったとして伏石さんと従業員など5名が逮捕されています。

喜多嶋舞さんは釈明責任をはたすべき

今回の結果を受けて喜多嶋さんはどう思っているのでしょうか?彼女は以前、女性誌の取材で「息子は100%大沢さんの子」と言っていました。でも、女性であれば妊娠したタイミングや経緯で実の父親が誰なのかは分かっていたのではないかとの疑いが残ります。

長男の人生にも大きく関わることですから、喜多嶋さんにはきちんとしたコメントを出して欲しいと思います。

出典http://wakategeinin.com/post-3671-3671


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ