デートのシーン別で使い分けたい服の色が与える心理効果

da45cd77b112c5ec77ed8e8f69446d6e_s

 

みなさんは普段、

服の色にこだわっている方ですか?

 

実は色は私たちが思っている以上に

人の心の働きに影響を与えています。

 

それぞれの色の働きが

どのように人に影響するのかを知っていると

 

好きな人や彼氏を

目的の方向へ誘導することも可能なんです!

 

今回はデートのシーン別で使い分けたい

服の色が与える心理効果についてまとめてみました。

 


 

 

強くアピールしたいときは「白」

 

白色はウエディングドレスの色や

生まれた時に着る初着の色で

着る人の未来に光をあてる意味を持ちます。

 

男性が、女性が白い服を着るのが好きなのは

「純粋さ」と「成熟さ」の

両方を持っているからともいわれています。

 

清楚でクリーンな印象が強い白ですが

実は進出色とも言われ

「強さをもった色」とも言えます。

 

普段から好意を抱いているけど

どちらかというと友達と見られている。

 

そんな人とのデートの時には

白を身につけることで

強さがしっかりと伝わって、

いつもと違うギャップで

とても好印象かもしれません。

 

彼に優しくしたいときは「ピンク」

 

ピンク色は内面のかわいらしさを

引き立てられる色です。

 

女性的で、幸せや愛情を象徴する色でもあるので

「恋=ピンク」というイメージもありますよね。

 

ピンク色の服を着ると

自分にも彼にも優しくなれて

愛情表現も素直に出来る心的効果があるようです。

 

いつも彼に優しい言葉を

恥ずかしくてなかなかかけれていない人は

デートの時には積極的にピンクを身に着けて

彼に優しい気持ちを

与えてあげてはいかがでしょうか。

 

彼を癒してあげたいときは「緑」

 

緑色は誠実さと思いやりの気持ちが現れる色です。

自然の緑がマイナスイオンを発するように、

緑色には心理的に癒しの効果を秘めているようです。

 

ボランティア団体などのチームカラーに緑が多いのは、

周囲から「信頼」や「安心」を得る効果がある

というイメージがあるからなんだそうです。

 

彼が仕事や家族のことなんかで

イライラが気になる時には

緑色の服を着て会うと色の効果で

彼のストレスも軽減されるかもしれませんね。

 

真面目な印象を伝えたいときは「黒」

 

黒色はキリッとしたメンタルを引き立てる色です。

心を強く見せたい時に着ると

効果のある色と言えるでしょう。

 

黒色の服は外見をスマートに見せる効果があるのと、

内面的にもしっかりとした

芯のある意志を強調するので、

彼と真面目に話し合いたいときには

黒い色の服を着るといいです。

 

彼氏も冗談を言って

話をそらすこともきっとできないでしょう。

 

また、いつも妹扱いしてくる片想いの先輩に

真剣さをアピールするのにも

効果がある色ともいえるでしょう。

 


 

 

彼の家族と会うときは「ベージュ」

 

ベージュは相手に自然で、安心出来る印象を

与えられると言われています。

 

他の色との相性がいいことから

周囲からも優しく受け止めてもらえやすい色と言えます。

 

そのため彼氏の家族に会うときに

着ていく服の色としてはオススメです。

 

やはり彼の家族には

いい印象を与えておきたいものですもんね。

 

彼と自然に接したいときには「黄色」

 

黄色はありのままの自分を出しやすい色です。

太陽やヒマワリ、レモンなどを連想させ、

自然の恵みや希望の光を象徴し

暖かな元気をくれるイメージがあります。

 

黄色を着ることによって

ナチュラルで自然体のあなたの魅力を

充分に発揮できるはずです。

 

黄色い服を着たデートは、

ほのぼのとした雰囲気が

自然に彼に伝えることができ、

彼ものどかな気分になってくれるかもしれません

 

付き合って数ヶ月経つけど

なかなか彼氏の前で素の自分を出せない時にも

黄色を着ることによって、お互いにいい意味で

緊張感がなくなるかもしれませんね。

 

彼とのケンカの仲直りには「青」

 

青色は平和や信頼を象徴する色です。

海の色、空の色、地球の色でもあるので、

広大なイメージもあります。

 

心を沈め冷静になれる色ともされているので、

彼氏とケンカして仲直りしたい時に着ると

穏やかに話すことができます。

 

口では謝っていても

なかなか伝わらない時ってありますよね

 

そのアピール材料として

青色を使ってみてはいかがでしょうか

 

アピールしたい時には「赤」

 

赤色は前向きになれるエネルギッシュな色です。

そんな情熱的なイメージの強い赤ですが、

実際にアドレナリンの分泌が盛んになるとされ、

頑張るパワーを高めてくれるようです、

 

疲れている時なども赤系の服を着ると

彼は元気になれるかも知れませんね。

 

また合コンの時には「赤」で引き寄せておいて

初デートの時には「白」

というギャップ作戦も結構オススメです。

 

彼を誘惑したいときは「紫」

 

紫は高貴な色という印象ですが、

一方支配的な色であるとも言われています。

 

エキセントリックな魔性の魅力を発し、

彼氏の心を惑わせる効果があります。

 

普段はふんわりとした

優しいイメージの色を好む女性が、

たまにパープル系の服を着ると

彼氏はギャップの魅力に

取りつかれるかもしれませんね。

 

マンネリ解消にもいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

このように色が与える影響は意外と大きいです。

言葉では相手に中々伝わらないことがあっても

相手の心理状態に合った

服の色を選ぶことによって

彼氏の気分を変えることもできます。

 

是非この色のテクニックをうまく使って

素敵な恋愛をしてくださいね。

 

【以下の記事もオススメです】

恋愛で役に立つ心理効果に基づいた4つのメールテクニック

カラーセラピストが教える部屋の模様替えで運気アップする配色!

カラーセラピーで分かるあなたの健康状態【悪所発見ver】

 

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ