企業の決算はなぜ3月が多いの?その理由には色々とあった!

95b28c450e5c1d4185f7e10ee6a7df26_s

企業にもよりますが

よく3月は

「決算月」

といわれることが多いですよね。

 

普通に働いていると

あくまでも会社のルールに沿っての

決算日なので

 

その時期に関しては

あまり関心がない人も

いるかもしれませんが

 

経営視点でみると

とても意味があることだったのです。

 

今回は企業の決算は

なぜ3月が多い理由をまとめてみました。

 

会計作業の煩雑さを軽減するため

 

一般的な税法の改正の適用は、

4月1日~とされるものが多いです。

 

8%の消費税増税も

そうでしたよね。

 

会計年度途中で

経理処理を変えるとなると、

とても大変な作業になります。

 

そこで、多くの企業が

税法の適用時期と

会計期間を合わせているのです。

 

 

総会屋対策

 

最近ではめったに話題になりませんが、

株主権の乱用により

 

会社に不当な金額を要求する

いわゆる「総会屋」

といった人々の対策の為、

 

大企業は株主総会を

6月末の特定日に

集中させた経緯があります。

 

ただ、今は一般株主を

出席しやすくするために、

 

現在では

決算月を分散させる傾向にあります。

 

 

教育機関の年度区切りが3月であるから

 

新入社員は

4月の入社がほとんどです。

 

年度の区切りによって営業成績など

人事評価等を行っている会社も多く、

 

区切りがいいことも

3月決算が多い一つの理由でしょう。

 

 

海外では12月決算の会社が多く、連結決算がスムーズになる

 

アメリカや中国、ヨーロッパにおいては、

12月決算の会社が圧倒的に多いため、

 

海外に親会社を持つ外資系企業や、

世界に子会社を持つような

輸出メーカーは

 

自社の決算日を

12月31日にしておくことによって、

連結決算をスムーズに行えます。

 

連結決算では、原則として、

親子会社の決算日を

統一する必要があります。

 

それなので外資系企業は

3月決済でない場合も

結構あるようです。

 

大手ビール会社は12月決算

 

サッポロ・アサヒ、サントリー、キリンといった、

大手ビール会社は、

揃って12月決算です。

 

ビールが

たくさん売れる時期は、

 

歓送迎会の多い3~4月、

夏の暑い時期である7~8月や

忘年会のシーズンである12月

であるかと思いますが、

 

申告時期の2月は

寒さまっただ中で

消費が落ち込む時期でもあります。

 

それなので

3月ではなく12月決済なのです。

 

消費者側としてビールを飲んでいる方は

あまり意識をしていませんが

 

世の中の仕掛ける側の人たちは

色々と考えているのですね。

 

 

12月31日の次に多いのは2月末決算

 

2月末決算は、

小売業界に多いといわれています。

 

小売業界は1月と7月が

バーゲンセールのために

最も忙しい時期となります。

 

その繁忙期を避ける意味で、

2月を決算日としているのです。

 

それもあって

小売関係のバイトなんかは

 

2、8月はバイトのシフトが

削られることも多いようですよ。

 

 

ユニクロはなぜ8月決算?

 

実際、上記の小売業で例をあげると、

 

ユニクロを経営してい

るファーストリテイリング社は

決算を8月に設定しています。

 

これは、夏のバーゲンが7月頃から行われ、

8月末には在庫が

少なっている時期と考えると、

 

実地棚卸を考慮した

非常にスマートな

決算月の設定といえるでしょう。

 

なんだけユニクロの場合は

他の企業で

8月決算があったとしても

 

普段から他の企業とは

いい意味で変わっているので

 

8月決算というだけで

なんだかスゴイな

と思ってしまうものですよね。

 

 

社長の誕生日が決算日のところも

 

いつを決算日にするかというのは、

自由に決められます。

 

3月というのは、

役所の年度に追従しているだけです。

 

それなので

小規模の株式会社では

社長の誕生日が決算日だったりします。

 

その方が会計事務所が

仕事が集中しなくて

分散できるというところから

 

3月決算を避ける

アドバイスをすることがあります。

 

確かに必ずしも3月に

しなくてはいけない

という決まりではないことをと考えると

 

分散させた方が

いいものでもありますよね。

 

【以下の記事もオススメです】

ふなっしーのグッズが通販でバカ売れ!経済効果は8000億円

普段お金を出している物の原価って幾らなの?【外食編】

【マネースクープ】ハロウィンが及ぼす経済効果は1000億円!

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ